通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
七つ星の宝石 (ナイトランド叢書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ダストカバーに小さな汚れ/摩耗. ダストカバーに中程度の傷/折り曲げ. ページ部分に中程度の汚れ/摩耗. Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

七つ星の宝石 (ナイトランド叢書) 単行本(ソフトカバー) – 2015/9/24

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2015/9/24
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,699 ¥ 801

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 七つ星の宝石 (ナイトランド叢書)
  • +
  • 失われた者たちの谷〜ハワード怪奇傑作集 (ナイトランド叢書)
  • +
  • 異次元を覗く家 (ナイトランド叢書)
総額: ¥7,560
ポイントの合計: 178pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

海外の怪奇幻想小説から、傑作を選りすぐり、一流の翻訳で、ホラー愛好者に贈るナイトランド叢書。第3回配本は、ブラム・ストーカーの幻の怪奇巨篇!
『吸血鬼ドラキュラ』で知られる、ブラム・ストーカーの幻の怪奇巨篇、ついに邦訳成る!
古代エジプトの女王、復活す?
エジプト学研究者の謎めいた負傷と昏睡。密室から消えた発掘品。奇怪な手記……。星はめぐり、女王復活の時は迫る――

著者について

ブラム・ストーカー Bram Stoker 1847年、アイルランドのダブリンに生まれる。俳優ヘンリー・アーヴィングと親交深く、彼のマネージャーはじめ演劇に従事するかたわら、著述業でも活躍。1897年『吸血鬼ドラキュラ』(東京創元社ほか)を発表、一大ブームを巻き起こした。1912年歿。他の邦訳書に短篇集『ドラキュラの客』(国書刊行会)がある。

森沢 くみ子 (もりさわ くみこ) 英米文学翻訳家。香川県に生まれる。訳書に、スレッサー『最期の言葉』(論創社)、グレイム『エドウィン・ドルードのエピローグ』(原書房)、キング『ロンドン幽霊列車の謎』、キース『ムーンズエンド荘の殺人』(以上、東京創元社)などがある。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 352ページ
  • 出版社: 書苑新社 (2015/9/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883752127
  • ISBN-13: 978-4883752126
  • 発売日: 2015/9/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 521,238位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

導入部はミステリーの様で色々とオカルティックな事柄が出て来るものの、或る程度迄はミステリーかオカルトかの区別がつかず、話が進む内にオカルトの要素が目立って来てオカルトサスペンス小説に成って行く。
本書は作者の死後に短縮版が出ており、通常版と短縮版の二種のラストが有るとの事だが、本当に作者の筆に成るのか疑問視されていると云う短縮版ラストの方が一般ウケはするだろう。理由二つ。1.判り易い。2.ハッピーエンド。
通常版ラストの解釈については、恐らく本職の学者さん達に依る議論や論文が色々出ている事だろう。女王テラの目論見が成功だったのか失敗だったのか、いずれにも解釈可能だが、ストーカー自身は失敗であったと考えていた気がする。いずれにせよ、ロマンスの要素は入れてはあるもののロマンス小説の積りではなく、ポイントはあくまでオカルトの方だったのだろう。
最後に、本作は「ドラキュラ」「白蛆の巣」と共に映画化されているが、演劇経験者だったせいか、ストーカー氏の作品は映像向きの気がする。60代で亡くなってしまったが、ストーカー氏には、もっと長生きして他にも色々と書いて頂きたかった気がする。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
洞窟の女王(ヘンリー・ライダー・ハガード)に似た話であるが、非常に出来が悪い。話がつまらなく引き込まれない由、最後まで読む事が辛い。試みに、購入して読んでください。時間の無駄が実感できます。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告