通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
七つの大罪(1) (講談社コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

七つの大罪(1) (講談社コミックス) コミック – 2013/2/15

5つ星のうち 4.2 67件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 七つの大罪(1) (講談社コミックス)
  • +
  • 七つの大罪(2) (講談社コミックス)
  • +
  • 七つの大罪(3) (講談社コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 88pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

キミも夢中になる!漫画の歴史を塗り替える圧倒的スケールと
多彩なキャラクター群。

かつて王国転覆をはかったとされる伝説の逆賊・〈七つの大罪〉。
今もなお執拗に、そのお尋ね者を追うは、王国の要・一騎当千の聖騎士たち。
しかし、切なる想いを胸に秘め、〈七つの大罪〉を捜す一人の少女が現れた時、
世界の様相を一変させるとびきりの冒険が始まった!
痛快無比のヒロイック・ファンタジー、開幕。

「七つの大罪」の一話目を週刊少年マガジンの公式サイト「マガメガ」で公開中!
スマホやタブレットでも読めます。「七つの大罪 マガジン」で検索。

【著者からのコメント】
「念願の、そして(少年誌では)初のファンタジー作品です!!
とにかく自分でもキャラがどんな行動を取るか予想しきれないので、
毎週ふり回されながらも、めちゃくちゃ楽しく描かさせていただいてます!!
ぜひご一読ください」 鈴木央


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2013/2/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063848027
  • ISBN-13: 978-4063848021
  • 発売日: 2013/2/15
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 67件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
王道ファンタジーと思うが「騎士」や「姫」は登場して「剣と魔法の世界観」というと正にそれか。
かつて王国の転覆を図ったとされる「七つの大罪」と呼ばれる七人の元騎士。
聖騎士によって国王が幽閉され虜囚の身となったことで、姫は国を救うために「七つの大罪」を探す旅に出る。

序盤はスロースタートですが、噂の「七つの大罪」こと七名の救世主も4名まではすぐに集まる。
本格的に面白くなりだすのは5巻以降でバイゼルの武道大会に参加してから。
あまり何回も繰り返して読むようなタイプの作品ではなさそうであるが、平均点はクリアしているはず。
独自性には乏しい印象。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
自分はこの作者の作品は大体読んでますが、総じてストーリーがイマイチなんです。
絵は上手いし、盛り上げ方とかも分かってるんですが話が本当につまらない…

ですが、あまり漫画を読みこまれてない中高生には十分に楽しめる作品になっていると思います。
中身の無いストーリーを別に追わなくても、迫力ある脳筋インフレバトルを読んでるだけでも結構楽しめるからです。
個人的には次回作は優秀な原作者をつけて、名作を生み出してくれる事に期待します。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ライジングインパクトやブリザードアクセルなどでも有名な鈴木央の最新作!
元々読み切りでもこの手のジャンルの作品を書いていたので著者も得意ジャンルなのではないかと思われます。
加えて4大週刊誌で全て連載するなど地力は十分なので、話を相当練りこまないと難しいと言われているファンタジーものもこの著者なら十分書けるのではないかと期待しています。
要素的には、散り散りになった仲間、記憶が無い、腐敗している正義側など王道な要素が満載なので今後伸びしろや話の広がりの可能性を十分に感じさせてくれます。

しいて気になることといえば、主人公が最初からLV80位(鋼の錬金術師の主人公並)な感じなのでパワーバランスとか能力・強さのインフレが起きないかが心配です。あとマガジンっぽくない

ともあれ久しぶりに期待できるファンタジー冒険活劇で鈴木央先生の作品なのでとても期待しています。
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
マガジンで第一話を読んだ時の印象は今でも覚えています。
王道と言えば王道ですが、この作品は上手く描けた王道といった印象のある作品です。

過去に有名な作品を多く描いている鈴木央先生の画と世界観がとてもマッチしており、
基本スポーツ関連の漫画が多い央先生が王道のバトルものを描くのは以外に感じましたが、これはこれで有りです。

聖騎士と聞けば正義の味方的な印象が大きいのですが、それが今作では一転して悪役ポジションであり、
逆に主人公たち罪人が正義的なポジションにいるなど、この逆転の発想はとても興味をそそります。

特に大罪メンバーの手配書の絵には、大きなインパクトがあり、早くこのメンツが出てきてほしいと思わせる流れは良いです。

主人公にも色々なタイプがいますが、メリオダスの場合は強キャラからの開始です。

そしてヒロインのエリザベス含め、後半登場の大罪メンバーの一人であるディアンヌも魅力的かつ可愛いので、
その部分も楽しんで読んで頂けたらと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この作品は話の中のほとんどがどこかで見たようなシーンばっかりで構成されており、例えば誰も抜けない刺さった剣を主人公があっさり抜いたり、○下一武道会みたいなことやったり、大切にしてる物を敵に触られてキレたりと挙げたら限がないほどありました。これらを王道と思うか在り来りな展開だと捉えるかで評価は大きく変わるでしょう。

私は、王道というのは良くある展開をただ詰め込むことではないと思うので当然後者です。

ジャンプ漫画で言うところの友情!努力!勝利!で言うならば、この作品は友情の部分を重要視しているのは伝わってきますが、セリフや展開が不自然すぎます。
 例えば、表紙で主人公が持ってる剣ですがこの作品ではこの剣は主人公にとって非常に大切な物として描かれています。意識を失っていようと石に封印されようとこの剣を他人に触れられると覚醒してしまうほどにです。しかし、道中でこの剣を敵に奪われてしまいます。その際に主人公がヒロインに「お前が無事ならそれで良い」とか言い出します。おそらく自分の重宝してるものを奪われたショックよりも仲間の無事を喜ぶことにより、仲間を大切に思ってる主人公を描いているんだと思います。
 しかし、その後奪還できていないにも関わらず、ヒロインの胸を揉んでヘラヘラしてる主人公が描かれていました。確かに奪われた後ショックを隠
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー