Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432
(税込)
ポイント : 4pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[鈴木央]の七つの大罪(25) (週刊少年マガジンコミックス)
Kindle App Ad

七つの大罪(25) (週刊少年マガジンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.2 12件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 七つの大罪(週刊少年マガジンコミックス)の25の第25巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463 ¥ 111

紙の本の長さ: 192ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

キング&ディアンヌ、時空を超えて! リオネス防衛。メリオダスたちがその苦き勝利を噛みしめていた頃、妖精王の森に漂った尋常ならぬ気配……。直後、微睡み堕ちたキングとディアンヌ。それは〈十戒〉と成り果てた彼らの始祖たちによる太古の悪夢への招待だった!! そこで若き妖精王と巨人の乙女が目にするのは、伝説の聖戦。そして、遙かなる過去の“真実”──!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 49551 KB
  • 紙の本の長さ: 195 ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/3/17)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06Y1LYBX5
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
過去編が予想よりも長く、戦いも派手で面白い。何より戦闘中で巻をまたぐのは珍しいと思う。これでいつもの、前巻を見直さないと話の筋が追えなくなる不安定感は払拭できそう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
央さんは、ライジングインパクトからファンで1巻から楽しく読んでましたがここ最近の巻は強さの大安売り状態。
売れちゃってる漫画の宿命みたいなものなんだろうけど。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
今回はキングとディアンヌが過去編に飛んで更に修行を積みます。

その展開何回やるんですか?キングの過去は既に何回かやっているはずなのにまたするのでしょうか。
キャラを掘り下げることは大切ですが今、バトルをしている緊迫した場面で何回も過去に戻ったり修行されたりすると冗長になりあぁ・・・この後〇〇な展開が来るんだろうなと読めてしまいます。

女神族という新たな種族の出現によりインフレしているのでキャラの強さを調整し直すという繰り返しすぎて不自然な展開が起こっています。

この漫画は爽快さがあって楽しかったのですが流石に最近はだれています。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
メリオダスの復活を知らないキングとディアンヌの前に、突如現れた<十戒>のメンバー、初代妖精王のグロキシニアと巨人族の伝統舞踊の開祖のドロール。いきなりピンチの二人に対し、グロキシニア達は、「試練を乗り越え自分達を超えてもらう」と言う。
 あまりに予想外の言葉に戸惑うも、試練を受けることを決めたキングとディアンヌ。

そんな二人に与えられた「試練」の舞台となったのは、何と三千年前のブリタニア!!?
それだけでも驚きなのに、もっと吃驚なのは、何故かグロキシニアとドロールになった二人の前に現れた、エリザベス!!?本作において、ここが自分にとっての混乱の極みだった。エリザベスが生まれた(?)のは、三千年後で、メリオダスとも恋仲寸前の状態のはず。なのに、ここにいる彼女は、片目が髪に隠れておらず両目があらわになっており、メリオダスとの関係も深そうで、しかも女神族なのだ!!三千年後のエリザベスは「ドルイド」の家系ということだったが、本家のドルイドであるジェンナとザネリの事例があるように、女神族とドルイドには、凄く密接な関係がありそうだ…。

 予期せぬ出会いに悩みながらも、メリオダス(空を飛べている)とエリザベスについていくキング(グロキシニア)とディアンヌ(ドロール)。着いた先の人間の集落では、かつて単体でも破壊と殺戮の限りを尽く
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
キングとディアンヌが試練に挑戦してます。過去に何が起きたのかが分かり、ドキドキの展開です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みちん 投稿日 2017/4/18
形式: コミック
過去編へ。
強さのインフレがすごいな。
この作者がこんなに人気漫画を発信するとは思わなかった。いえ、この作者好きなんだけど。よかったね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover