Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432

¥ 31の割引 (7%)

(税込)
ポイント : 44pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[鈴木央]の七つの大罪(18) (週刊少年マガジンコミックス)
Kindle App Ad

七つの大罪(18) (週刊少年マガジンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 七つの大罪(週刊少年マガジンコミックス)の24の第18巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 192 ¥ 1

紙の本の長さ: 192ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

ブリタニア制圧を掲げ進軍する〈十戒〉! 迎え撃つは、凄絶な試練を乗り越えたメリオダスと歴戦の騎士たち。だが、生殺与奪をほしいままにする魔神族に抗うのは彼らだけではなかった……。辺境から来る友軍。その実力は!? 一方、〈大罪〉を抜け旅を続けるバンは、死者復活の手掛かりを求め因縁の地へ!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 46073 KB
  • 出版社: 講談社 (2015/12/17)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B019I6RI0G
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
前巻のラストにおけるメリオダスの「宣戦布告」は爽快であったものの、<十戒>の戦力が減ったわけではない。ただ、奴らも独自の能力である「戒禁」が
リスクになっているようだ。それでも「ブリタニア制圧」を開始する<十戒>!!ただ一人残った、ゼルドリスに「兄者」と呼ばれるエスタロッサは、一見穏やかな姿勢とは裏腹に、一瞬だがおぞましい描写を見せる・・・。

一方こちらはドルイドの聖地、イスタール。メリオダスのあまりにも突飛な行動にジェンナやキングが憤る中、修練窟から続々と出てくる者達。あからさまに容姿の変わったホークも気になるが、グリアモールの「あの姿」は一体どうしたことだろう・・・。また、エリザベスも試練を終えたらしく、戻って来る。服装が変わっているのでさてどのように成長したかと思いきや、彼女の口からは、「ダメでした」の一言・・・。

何故と疑問を挟む余地もなく、イスタールを去っていくメリオダス一行。彼らを見送った後、ジェンナはザネリにあることを追及する。それは、エリザベスが試練に失敗したのは、どうやらザネリの仕業だったということについてだ。エリザベスに対する嫉妬も多分にあるだろうが、それ以上にメリオダスを想う彼女の口から出たのは、衝撃的な事実!!
考えてみれば、3千年もたっているわけだから「そう」であってもおかしくはないだろ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
「イスタール」での修行でそれぞれがパワーアップ・・・とは別に変化のあったホークやグリアモールたち。(本当に何があったのでしょうか…?)
辺境から来る友軍<蒼天の六連星>の実力とは?
そして舞台はバンの故郷 盗賊都市レイブンズへ。そこで明かされるバンの過去。
ゲラードに養分扱いされても「てめえが この俺に何を思おうと何をしようと知ったことじゃねえ だが 次 エレインに手を出しやがったら迷わず殺すぞ…!!」や
父親のように思っていたジバゴに「…あんたは何も間違っちゃいねぇよ 俺を助けてくれたとして本当の息子を見捨てたことがわかったら 俺は あんたを絶対許さなかったろうな」等、いつも自分より周りの者を思いやるバンは本当にいい奴ですね。
そして、メラスキュラの魔力で蘇ったエレイン、ですがそのメラスキュラの魔力のせいで昔とは違う残酷な性格になってしまい、その事で十戒に怒りを燃やすバン。バンの魔力は相手のものを奪うものなので自分より強い者と相性が良いですが、それだけで勝てるほど十戒も甘い相手ではないので次巻の勝負の行方が気になります。
番外編に「遠いあの日」「エレインの憂鬱」を収録。
全体的に心に響く巻でした。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
本題とは違いますが、139話から141話に感動。私はジェリコに一票かな?
他にも色々な人間関係が絡んできて、今後に期待ですね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前巻で、各々思うところはあれど修行をひと段落させたメリオダス一行。
今巻では、ブリタニアを制圧するためにバディで行動を始める十戒たちと、それに乗じて各個撃破をもくろむメリオダスたちと、互いの状況が確認できないまでも、それぞれの思惑を含みつつ事態が徐々に進展していきます。

そんな中、真っ先に魔神とかち合わせたのはメリオダスたちでも、別行動のディアンヌ、バンでもない新たな聖騎士
騎士団・蒼天の六連星に属するデルドレーとアーデン。
いや、確かに王都決戦のいざこざの最期にも、メリオダスの勲章に対して因縁つけて仰々しく出てきてたけどさ。
でもドゲッドさんがメリオダスに瞬殺されてたから、まさかちゃんとした登場の機会があるとは思っていなかった(笑)
オーダンの森だけで出番終了かと思ってたスレイダーもしっかりパーティ入りしてるし、魔神相手に思いもよらぬ善戦を見せる彼らも、今後物語の主力として扱われる可能性も有るかもしれません。

そして一方、未だエレイン蘇生の方法を求めて各地を渡り歩くバン・ジェリココンビ。
彼らが『死者が蘇る街』といううわさを聞いてやってきたのはバンの古巣、盗賊都市レイブンズ。
そこでバンは、自らの生い立ちに深く関わるとある人物との再会を果たすことに。
以前フ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover