Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 396
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[出口光]の一霊四魂と和の精神 ~垣根を超えて大きな和の世界を創る古代の叡智

一霊四魂と和の精神 ~垣根を超えて大きな和の世界を創る古代の叡智 Kindle版

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2013/8/8
¥ 396

商品の説明

内容紹介

1300年以上前から伝わる魂の構造「一霊四魂」の歴史と、活用テクノロジー「四魂の窓」を、いま明らかにする!



 目 次



1.はじめに

2.日本建国の精神

3.一霊四魂とは

4.直霊の重要性

   主神の分霊

   曲霊となる直霊

   直霊を育てる文化

   魂の発達段階

5.一霊四魂の起源

6.「一霊四魂」との出会い

   私の生い立ち

   最先端のパーソナリティの5因子論

   五因子論との違い

7.認識論としての一霊四魂

8.心と魂の区別

9.四魂の見分け方

   四魂の窓のテクノロジー

   四魂別の人生の目的

   認識バイアス

10.最後に

   真中に立つ

   肝胆相照らす仲

   八柱を立てる

   氣脈とは何か

   伊勢と出雲の同時遷宮



◆著者プロフィール



出口 光 (でぐち ひかる)



 京都生まれ。

 メキキの会会長、NPO日本ライフキャリア協会理事長。株式会社メキキ代表取締役。

 慶應義塾大学卒業後、米国カンザス大学大学院で応用行動分析学を学び博士号を取得(Ph.D)する。慶応大学。明星大学等で教鞭をとり、その後、上場企業の社長を8年間務める。

 「良い世の中を創る」ための和のテクノロジーの開発と人間関係基盤「気脈」を世界に拡げることをライフワークとする。裏千家淡交会代議員・東京第六西支部副支部長、柔道三段、発明家。

 著書多数。取得特許は50件を超える。



























----------------------------------------------------




登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1660 KB
  • 紙の本の長さ: 42 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 出版社: サムライタイムズ社; 1版 (2013/8/8)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00EAQT3TE
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 39,885位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる



カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(6)

トップカスタマーレビュー

2013年8月8日
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年9月18日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年9月1日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年8月9日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年8月9日
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年7月21日
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク