通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
一神教と戦争 (集英社新書) がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】amazonガイドラインに遵守した出品です。ライン引きはございません。中古品でございます為、多少の使用感、帯なし、シミ、キズ、折れ等ある場合がございます。理解ご了承頂いた上ご購入下さい。著者、翻訳者、出版日、訳等によりカバーデザインが異なる場合がございます。タバコ等の匂いが気になる方は必ずお問い合わせ下さい。発送は可能な限り48時間以内に主にゆうメールにて発送致します。宛先変更は発送前のみ対応可能です。発送後のキャンセルはお受けしておりません。(お問い合わせはメールのみにて対応致しております。)*ご氏名は郵便局に届け出ておられるご氏名でご注文下さい(返送されました場合送料を除く書籍代金のみの返金です。)災害時は延着の場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


一神教と戦争 (集英社新書) 新書 – 2018/12/14

5つ星のうち3.4 5個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥946
¥946 ¥232

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 一神教と戦争 (集英社新書)
  • +
  • アメリカ(河出新書)
  • +
  • 4行でわかる世界の文明 (角川新書)
総額: ¥2,904
ポイントの合計: 28pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

「これほど緊張感に満ちた、
火花の出るような対談を読んだのは、
実に久方ぶりの経験であった。
しかも、対談のテーマは〝戦争〟である」
白井聡氏評(政治学者)

◆内容紹介◆
なぜキリスト教徒は戦争に強いのか? なぜキリスト教圏とそこから派生した世俗国家が覇権を制しているのか? そして、西欧とイスラームの衝突の思想的な原因はどこにあるのか?
本書は、この大きな「なぜ?」に答えを提示している。西欧思想に通じた社会学者とイスラーム学者による、互いの立場に妥協せずに展開されるスリリングな対話からは、紛争の時代を見通す智慧が見えてくる。
一神教とその社会、そして戦争の関係を考察する文明論の決定版。

◆目次◆
第1章 戦争観の違い イスラームvsキリスト教
第2章 ナショナリズムと戦争
第3章 キリスト教徒はなぜ戦争がうまいのか
第4章 ヨーロッパのシステムは普遍的なのか
第5章 核の脅威と国際社会
第6章 イスラームは国際社会と、どのように調和するのか
第7章 破滅的な核戦争を防ぐ智慧を持てるか

◆著者略歴◆
橋爪大三郎(はしづめ だいさぶろう)
1948年生。社会学者。東京工業大学名誉教授。著書に『ふしぎなキリスト教』(大澤真幸との共著/講談社現代新書)、『政治の哲学』(ちくま新書)、『戦争の社会学』(光文社新書)等。
中田考(なかた こう)
1960年生。イスラーム学者。同志社大学客員教授。著書に『イスラーム 生と死と聖戦』『イスラーム入門』(集英社新書)、『一神教と国家』(内田樹との共著/集英社新書)、『カリフ制再興』(書肆心水)等。

内容(「BOOK」データベースより)

なぜキリスト教徒は戦争に強いのか?なぜキリスト教圏とそこから派生した世俗国家が覆権を制しているのか?そして、西欧とイスラームの衝突の思想的な原因はどこにあるのか?本書は、この大きな「なぜ?」に答えを提示している。西欧思想に通じた社会学者とイスラーム学者による、互いの立場に妥協せずに展開されるスリリングな対話から、紛争の時代を見通す智慧が見えてくる。一神教とその社会、そして戦争の関係を考察する文明論の決定版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 集英社 (2018/12/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 408721060X
  • ISBN-13: 978-4087210606
  • 発売日: 2018/12/14
  • 商品パッケージの寸法: 10.6 x 1.2 x 17.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 134,262位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.4
評価の数 5

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

5件のカスタマーレビュー

ベスト500レビュアー
2019年1月4日
形式: 新書
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2019年3月16日
形式: 新書
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2018年12月30日
形式: 新書
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年5月27日
形式: 新書
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト50レビュアー
2018年12月24日
形式: 新書
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告