購入オプション

割引: ¥ 176 (20%)
Kindle 価格: ¥726

(税込)

獲得ポイント:
7ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

[小原 克博]の一神教とは何か (平凡社新書865)

一神教とは何か (平凡社新書865) Kindle版

5つ星のうち3.6 12個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥726
新書 ¥902 ¥518
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

寛容か、不寛容なのか。「慈愛」と「平和」を説く三つの宗教がなぜ、「憎しみ」から逃れられず、「戦争」に関わるのか。「異質な他者」と向き合う、文化システムの在り方。信者が世界人口の半数以上を占める大規模な「一神教」の教義と歴史、そして現実の社会に及ぼす多大な影響を事件・出来事に至るまで、一神教の理論と現実、各宗教の共通点と相違点をわかりやすく説き起こす。 --このテキストは、paperback_shinsho版に関連付けられています。

著者について

1965年大阪生まれ。同志社大学大学院神学研究科博士課程修了。現在、同志社大学神学部教授、良心学研究センター長。 著書に『キリスト教と現代』『EU世界を読む』(いずれも共著、世界思想社)、『神のドラマトゥルギー』(教文館)、『よくわかるキリスト教@インターネット』(共著、教文館)、『原理主義から世界の動きが見える』(共著、PHP新書)、『宗教のポリティクス──日本社会と一神教世界の邂逅』(晃洋書房)、『原発とキリスト教』(共著、新教出版社)などがある。 --このテキストは、paperback_shinsho版に関連付けられています。

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B079T1ZP8P
  • 出版社 ‏ : ‎ 平凡社 (2018/2/15)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2018/2/15
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 773 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効にされていません
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • 本の長さ ‏ : ‎ 184ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.6 12個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.6
星5つ中の3.6
12 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト1000レビュアー
2018年5月20日に日本でレビュー済み
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年7月25日に日本でレビュー済み
2021年4月21日に日本でレビュー済み