通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
一瞬の風になれ 第三部 -ドン- がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

一瞬の風になれ 第三部 -ドン- 単行本 – 2006/10/25

5つ星のうち 4.6 77件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 一瞬の風になれ 第三部 -ドン-
  • +
  • 一瞬の風になれ 第二部 -ヨウイ-
  • +
  • 一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-
総額: ¥4,644
ポイントの合計: 141pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第28回(2007年) 吉川英治文学新人賞受賞
第4回(2007年) 本屋大賞受賞

商品説明

   高校の最終学年を迎えた新二。入部当時はまったくの素人だったが、今では県有数のベストタイムを持つまでに成長した。才能とセンスに頼り切っていた連も、地道な持久力トレーニングを積むことで、長丁場の大会を闘い抜く体力を手にしている。
   100m県2位の連、4位の新二。そこに有望な新入生が加わり、部の歴史上最高級の4継(400mリレー)チームができあがった。目指すは、南関東大会の先にある、総体。もちろん、立ちふさがるライバルたちも同じく成長している。県の100m王者・仙波、3位の高梨。彼ら2人が所属するライバル校の4継チームは、まさに県下最強だ。
 部内における人間関係のもつれ。大切な家族との、気持ちのすれ違い。そうした数々の困難を乗り越え、助け合い、支え合い、ライバルたちと競い合いながら、新二たちは総体予選を勝ち抜いていく――。

   前2巻の集大成である本書には、大会における競技シーンが多い。そこで読み手の感情を揺り動かすのは、それまでこつこつと積み重ねてきた人物描写だ。1、2巻を読み終える頃、物語の登場人物たちは、もはや他人ではなくなっている。新二の声を枯らした応援につられ、握りこぶしを作って声援を送る読者も多いはずだ。
   その興奮、緊張感は、南関東大会でクライマックスを迎える。若きスプリンターたちが大舞台のスタートラインに立ち、ぞくぞくするようなスピード対決が、いま、スタートする。(小尾慶一)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 402ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/10/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062136813
  • ISBN-13: 978-4062136815
  • 発売日: 2006/10/25
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.4 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 77件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 54,816位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
手元に届いたときは、既刊の2冊より圧倒的に分厚くて「え?」とびっくりしたが、

終わりに近づくと、もっと分厚かったらいいのに、読み終わりたくない!と思うような

最終巻。だけどとまることもできずに一気に駆け抜けるように読んでしまった。

主人公の新二も、親友でライバルの連も大成長を遂げ、タフなアスリートとして

高校の最終学年を迎えた。高校総体を目指して、400メートルリレーに挑む彼ら。

予選からたくさんの強敵たちと走ることになるのだが、その緊迫感のある

試合場面は、読んでいて、ページをめくってるのが自分だということを

忘れるくらい前のめりになって「どうなるの?早く!」と猛スピードで読み続けた。

この物語の魅力は、一人一人のキャラクターがよく描かれているところだと

思うんだけど、この巻ではとくにそれを感じた。顧問の先生や先輩たちが

主人公に何かを教える大人、としてではなく、一人の人間として立っていて

その人がはくせりふだから読者も励まされたりうなずいたりする感じ。

主人公たち以外の陸上部員の健闘も祈らずにいられない総体の予選シーン
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ごめんなさい、こんな素晴らしい小説があるなんて10年間も知りませんでした。夏休みを機会に青春小説を読もうとして探していたら見つけました。

高校の陸上部を舞台に、主人公の新二を中心に仲間たちの成長を描いています。文庫本は3巻に分かれています。それはそのまま高校1年、2年、3年という年月と重なり、なかなか憎い構成です。

陸上部の練習内容や試合風景はぜんぜん知らないのに、とてもリアルな描写だと感じました。学生時代に運動部にいたのですが、もう40年も昔のことなのにそのときの空気感、気持ちが蘇ってくるのです。決して楽しかったわけではなく、むしろ苦しいことばかりだったのに懐かしい。

新二は、サッカー経験はあるけれど陸上は素人です。そんな新二が高校3年間で成長する姿に自分が重なり、とても感情移入してしまいました。初心者が初めて試合に臨んだときの感じがまさにそうです。まだ技術に自信がなくて、体もガチガチで何も技が出せませんでした。1年の地区大会では敗者復活戦でも負けて、県大会には行けませんでした。でも2年になると地区大会で3位、3年では優勝しました。県大会では3位という成績を残しました。高校の3年間、新二のように練習すればたしかに結果はついてきます。そして、この小説を読んでいると、今でも一緒に成長している気持ちになれるんです。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
仲良しの先輩が「すごくいい本だから是非読んで。主人公がこれがまたさわやかな奴なんだよ」
と貸してくださった一冊。

「青春小説」というふれこみを読んで、「ああ、10代の時よく読んだ、青臭い感じの本なのかな。
この歳でそんな若い本読むのもちょっと違うなあ」と思いながらページを開いたんですが…

とんでもない!!予想をはるかに裏切る、とても素晴らしい物語でした。

先輩のおっしゃってた通り、主人公がさわやかなこと…。
青春小説特有の若過ぎる青臭さは一切感じず、むしろあの頃のひたむきでまっすぐで、
掛け値なしに人を大事に思っていた温かな優しさがよみがえりました。

かなり仕事に参っていてダークな時期に読んだのですが、これを読んでいた時期のある朝、
いつもの満員電車でのイライラがなく、むしろ周囲に困っている人はいないかなと見回せるくらい、
自分の気持ちが優しくなっているのに気がつきました。
「あれ、どうして私こんなに優しくなれた?この感じってどこから来た?」と思いをめぐらすと、
「ああ、そういえばこの本で得たあったかさから来たんだ」と理解しました。

変に気取りのないまっすぐで淡々とした語り口の文体が良いのか、<
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書を読んで、縁のない陸上の世界を疑似体験させてもらいました。そして遠くなった高校時代を! そう、これぞ読書の愉しみです。

ブレない、ダレない、読者に媚びない。著者はまったく稀有な作家です。陸上の魅力、高校生たちが陸上にかける日々を、ただただ真っ向勝負で書いています。

安易な説明に流れず、語りと、描写と、身体感覚を通した表現によって、練習も試合も、リレー競技におけるチームづくりも、丹念に丹念に描いていきます。そうやって読者を身体ごと小説世界へさらうのです。だから主人公・新二の成長を、試合の緊迫感を、リレメンの友愛を、喜びや悲しみを、その場に居合わせたかのように味わえる・・・ 

「そこは、言葉のない世界なんだ」と新二が考える場面があります。そのことと、極力説明を排除した本書の手法が重なるように思われます。言葉にならない・できないものを言葉でつむぐ、そういう挑戦をしている小説なのだと感じました。

そしてラスト。正直「あの件は?」「あれは?」という思いもあったけど、新二にとっての特別な日、ただただ身体と光る走路さえあればいい、と感じた日の彼の心に寄りそうことに徹した結果、こういう形になったのだろうと解釈しました。数々のエピソードを収束せず、物語を閉じないで終わらせるのは勇気の要ることでは。ある意味読者
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー