デジタル一眼の選び方

レンズ交換ができるデジタル一眼カメラ。好きなレンズを装着して写真を撮るのは本当に楽しい。そのデジタル一眼には様々な種類があるが、ボディはどのようにして選んだらよいのだろうか

「デジタル一眼レフ」をクラス別に選ぶ

エントリーモデル(小型軽量タイプ)

主にカメラ初心者を対象にしたデジタル一眼。サイズは小さくて軽く持ち運びしやすい。機能はシンプルだが、シャッターを押すだけで撮影できる簡単モードを持ち、スマートフォンでは難しい高画質な写真をカメラ任せで撮れる。

~こんな人におすすめ~

毎日の何気ないシーンをカジュアルに写真で残したい人や、子どもとの散歩、家族旅行や記念写真、テーマパークや動物園などでの思い出、楽しいパーティーや食事の様子を撮るのにピッタリ。とにかく簡単で一眼画質が欲しい人はエントリーモデルがおすすめ。

『エントリーモデル』を価格帯で選ぶ

~10,000円      10,000~50,000円      50,000~100,000円      100,000円以上

アドバンストモデル(機能充実タイプ)

写真撮影を趣味とする層を対象にしたデジタル一眼。幅広い被写体に対応できるように、豊富な撮影モードや機能を搭載したものが多い。撮影ポジションにあわせて液晶を動かせるものや、暗い場所でも写せる高感度特性を持つもの、スマートフォンと接続できるWi-Fi機能を持つものもある。

~こんな人におすすめ~

写真を本格的に趣味として楽しむ人や、自分なりに撮影モードを設定をして仕上がりにこだわりたい人はアドバンストモデルを。防塵防滴や高速連写機能など、登山などアウトドアスポーツや、動きの速い鉄道や野鳥撮影などに向いたモデルもある。より多彩な撮影モードを備えるモデルも。人物やスナップ、風景から運動会まで幅広い被写体を撮りたい人に。

『アドバンストモデル』を価格帯で選ぶ

~10,000円      10,000~50,000円      50,000~100,000円      100,000円以上

ハイエンドモデル

報道やスポーツの現場で使用されるようなプロフェッショナルモデル。シャッターチャンスを逃さない高いレスポンス性能、秒10コマを軽く越える連写スピード、様々なアクセサリーを使える拡張性、より高精細な描写の高解像度センサーなど、高い機能を誇るデジタル一眼。

~こんな人におすすめ~

防塵防滴やタフネス性能を備え、連写や連続撮影枚数などを誇るプロ指向のハイエンドモデルは、競技としてのスポーツや、過酷な条件での撮影に向く。より鮮明で美しい描写を求める人には高画素機がおすすめ。仕事として撮影に携わる人や、より高い描写性能や機能が欲しい人に向いている。スポーツや報道、野生動物や風景撮影をワンランク上で楽しみたい人に。

『ハイエンドモデル』を価格帯で選ぶ

50,000~100,000円      100,000円以上

「ミラーレス一眼」をクラス別に選ぶ

スタイリッシュモデル

いつでも持って歩きたくなる素敵なデザインのミラーレス一眼。レトロ調からクールなデザインのモデルなどが存在する。写りも上級機譲りでオールマイティーに使える機種が多い。

~こんな人におすすめ~

常にカメラを携帯して、スマートフォン以上の画質で写真を残したい人に。お花見やパーティー、ショッピングなどのお供にピッタリ。

『スタイリッシュモデル』を価格帯で選ぶ

~10,000円      10,000~50,000円      50,000~100,000円      100,000円以上

ハイクラスモデル

プロが仕事で使えるヘビーデューティーな仕様のミラーレス一眼。センサーサイズも大きく、フルサイズモデルはボケを活かした撮影も可能だ。操作性もよく、とっさのシャッターチャンスでも逃すことはない。

~こんな人におすすめ~

作品作りに没頭したい人、自分の写真を広く見てもらいたい人などは、自分なりの設定で撮影しやすい、ハイエンドミラーレス一眼がおすすめだ。

『ハイクラスモデル』を価格帯で選ぶ

~10,000円      10,000~50,000円      50,000~100,000円      100,000円以上