通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
一生、「薬がいらない体」のつくり方 (知的生きかた... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s6664_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

一生、「薬がいらない体」のつくり方 (知的生きかた文庫) 文庫 – 2010/7/20

5つ星のうち 4.4 28件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 一生、「薬がいらない体」のつくり方 (知的生きかた文庫)
  • +
  • 9割の病気は自分で治せる (中経の文庫)
  • +
  • 9割の病気は自分で治せる2 [病院とのつき合い方編] (中経の文庫 お 7-2)
総額: ¥1,851
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

◎「元気で長生きしたい人」必読の書
――「いつも元気な人」に「薬を飲んでいる人」はいない!

長生きする人は、体が丈夫だから長生きするのではなく、必要最低限しか薬を飲まないから、長生きするのです。反対に、必要のない薬を飲みすぎたために、健康寿命を縮めてしまったと言えるケースも、多々あるのです。薬を飲めば、たしかに、つらい症状はたちどころに消えるでしょう。しかし、薬は目先の症状を消しても、結果的には体の免疫力を下げてしまうのです。だからこそ、「薬がいらない体」、すなわち「免疫力の高い体」をつくることが、「元気で長生き」のために絶対不可欠なのです。
――「はじめに」より

内容(「BOOK」データベースより)

9割の薬は「飲んではいけない」。できる医者ほど「薬を使わない」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 240ページ
  • 出版社: 三笠書房 (2010/7/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4837978800
  • ISBN-13: 978-4837978800
  • 発売日: 2010/7/20
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 21,074位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
クリニックに勤めています。
が、先生は、ほぼ全ての患者さんに複数の薬を出します。
子供でも3〜5種類、大人、特に高齢者に至っては10種類以上。
当クリニックでこれだけ、です。
医者通いが普通だと思っている患者さん達ですから、まず他の病院でも薬を処方されているでしょう。

本書に、「ドクターズルール425」なるものが複数書いてあり、その中に、

「4種類を越える薬を飲んでいる患者は医学を越えた領域にいる」

と書いてあります。
つまり、同時に4種類以上の薬を飲むと、体内でどういうことが起こるのか、誰も分からないし、誰も責任持てない、ということです。
これを、先生は知っているのでしょうか・・。いや、知らないはずはないのです。
「ドクターズルール」は、医学部の学生が必ず教わることだそうです。
これを知らない医者は、聖書を知らないキリスト教徒のようなもの、と岡本先生は仰っています。

岡本先生は、「薬を出すことはギャンブルに等しい」と同書で述べられています。
賭けられているのが、患者の命なのだから、賭博師よりたちが悪い、と述べられているのもうなずけますね。

「処方された薬が5種類以上だったらその医者は
...続きを読む ›
コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
本著のサブタイトルは「9割の薬は『飲んではいけない』」である。
世界の巨大製薬企業(メガファーマ)が聞いたら、お頭の天辺から火を噴きそうな題である(笑)。
筆者の岡本先生はメガファーマの事を「手負いのガリバー」と呼ぶ。何故そうなのかは読んでのお楽しみ。
それにしても著者は「9割の」が大層お好きな先生のようである。
と言うのも、先生の別著には、
・『9割の病気は自分で治せる』
・『9割の病気は自分で治せる2 [病院とのつき合い方編]』
・『9割の医者は、がんを誤解している!』
がある。まるで『9割の』シリーズだからだ(笑)。

薬屋に遠慮なく、世の中の権力(学会、マスコミ、政府、WHOなど)さえ言いにくい処も遠慮なくズケズケ言う。
実に素晴らしい。
薬なんかいらない。それよりも、 食べ方、動き方、寝方、ストレスの除り方。
それをこのご本は丁寧に教授してくれる。
こういう先生は、荒木裕先生や釜池豊秋先生と同様、間違いなく製薬メーカーや医師会からは疎んぜられよう。
でも真実を言わずにはいられない。恐らく先生の誠実なお人柄がそうさせるのであろう。
曰く、
・米国では年間10万人以上が薬の副作用が原因で亡くなっている。
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
三十年ほど前でしょうか、東大医学部で講師をしていた高橋晄正という医師が、製薬業界や医師会を敵に回して「薬害」について啓発されていました。従って高橋医師は東大医学部でも教授になれず講師の地位に甘んじていたと聞いたことがあります。
その頃と全く日本の医学界も製薬業界もそれらの後ろ盾である行政も変わっていないことを痛感します。
私の二人の子供は、上は赤ん坊の頃から風邪をひいたり腹痛を起こすと、すぐ小児科医の門をたたき、医師の処方通りに解熱剤、消炎剤、鎮咳剤、抗生物質等など言われるままに全部服用させました。
そんな時、高橋晄正医師の本を読んで、下の子供からは病院に行って医師の診察を受けても(一応危険な病気か心配なので)、風邪などでは一切薬は飲ませないで、事実上病院から処方される薬は捨てました。
結果、上の子は子供のころから風邪をひきやくす、罹ると病気が長期化し、思春期には大病を患い大変苦しみました。しかしながら、下の子は、風邪などひいても全く元気で、ごく稀に高熱が出ても一日くらいで下がって元気に普段の生活に戻ります。体格もよく健康な成人になりました
薬の怖さを身をもって痛感しました。私も風邪などでは一切薬を飲みません。その方が治りが早く、確実に風邪に罹りにくくなります。
製薬会社、医師会、メディアなどの圧力にも負けず上梓された岡本医師に声援を送ります。
改めて、この本が一人でも多くの人に読まれることを心から願っております。
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書は、「e-クリニック」の医師であり、版を重ね続けている『9割の
病気は自分で治せる』でも有名な著者が、「治療するには薬はつき
もの」といった風潮になっている治療に警鐘を鳴らし、薬がいらない
体づくりの必要性を説いた本である。

まず第1章では、「薬は毒」と言い切り、薬の副作用によって多くの
方が命を落としている現実があること、薬は対症療法でしかなく、根
本治療につなげるための免疫力をかえって落としてしまうものである
こと等を説いている。すなわち、本当に必要な薬は1割で、9割の薬
はなくてもいいものである、と主張を展開している。

このように、体に害をもたらす可能性がある薬を必要としない体にす
るためには、免疫力を高め、体の状態に耳を貸し、未病の段階で防ぐ
ことが重要であるというスタンスに立ち、第2章以降では、腹式呼吸
や爪もみ、温冷浴、ストレッチ、ふくらはぎマッサージ、ツボ押し等、
普段から簡単にできる免疫力を高めるための運動や行動を紹介している。
また、過食の禁止、昼寝をやめて夜に熟睡する生活の重要性も説いて
いる。そして、医療界のバイブルともいえる『ドクターズルール425』
の格言から文言を紹介し
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック