通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
一流役員が実践している仕事の哲学 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■万が一コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包をして、迅速に発送いたします。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

一流役員が実践している仕事の哲学 単行本(ソフトカバー) – 2013/1/17

5つ星のうち 3.3 38件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,058
¥ 379 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 一流役員が実践している仕事の哲学
  • +
  • 一流役員が実践している仕事の流儀
  • +
  • 超一流の雑談力
総額: ¥3,822
ポイントの合計: 116pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

一般社員55万人、役職者1000人に聞いた「事実」です

今、会社のトップにいるような人たちは、どんな哲学を持ち、どんな仕事をしているのでしょうか?
本書では、大手から中小企業まで一般社員5万人(会社全体では55 万人)、
1000 人の部長以上の役職者(専務、常務、社長など)を相手にビジネスを行ってきたコンサルタントが、
実際の研修やアンケートを通して発見した「平社員で終わってしまう人」「部長止まりの人」「役員まで行ける人」の習慣
そして彼らの持っている哲学について述べていきます。

たとえば、
ごちそうをしてもらった翌日、平社員は90%がお礼メールをしない。
部長でも、80%がメールをしない。
しかし、役員クラスでは100%朝7 時にメールが来る


このように、役員以上なら誰もがやっていることがあります。
その事実と理由を、全36 項目、余すことなく盛り込みました。
知識や教養としても、ノウハウとしても、自己啓発としても発見のある秀作です。

[目次]

第1章 平社員と部長と役員の違い
01 メールの返信
平社員は、5分考えた挙句、あと回しにする
部長は、空いた時間にまとめて返す
役員は、3分以内に返信する
02 出社時間
平社員は、始業5分前
部長は、15分前
役員は、遅くとも1時間前には来ている
03 会食
平社員は、20時スタートが標準
部長は、早めに切り上げて19時から
役員は、きっかり18時から
04 お礼
平社員では、90%がメールすらしない
部長でも、80%の人がお礼を言わない
役員は、100%朝7時にお礼メールが来る
05 お店
平社員は、食べログで話題のお店
部長は、ミシュラン掲載のお店
役員は、「行きつけ」の5軒から選ぶ
06 お酒
平社員は、好きなものを飲む
部長は、ワインのうんちくを語る
役員は、最終的に焼酎に行きつく
07 気配り
平社員は、コップが空になってから注ぐ
部長は、半分くらいになったら注ぐ
役員は、相手に合わせた完璧なタイミングで注ぐ
08 宴会芸
平社員は、自分の好きな歌を歌う
部長は、自分の得意な歌を歌う
役員は、皆が歌える歌を歌う
09 首元
平社員は、安物やファッション性の高いもの
部長は、奥さんに選んでもらっている
役員は、たいてい長いネクタイをしている
10 足元
平社員は、カカトを潰しても気にしない
部長は、靴ベラを使ってサッと履く
役員は、必ずひもを結び直して履く
11 手元
平社員は、オシャレを重視する
部長は、値段やブランドで選ぶ
役員は、王道を好む
12 おみやげ
平社員は、道すがら買う
部長は、有名ブランドの銘菓
役員は、包装紙で決める
13 休日
平社員は、憂鬱度MAXで過ごす
部長は、憂鬱にはもう慣れた
役員は、「◯曜日」という概念がない

第2章 三流の仕事 二流の仕事 一流の仕毎
14 仕事とプライベート
三流は、仕事にプライベートを持ち込む
二流は、仕事とプライベートを明確に分ける
一流は、いつでも仕事の顔をしている
15 体調管理
三流は、体調不良で休む
二流は、体調不良でも休まない
一流は、健康オタクである
16 疲労回復
三流は、シャワーを浴びるだけ
二流は、しっかりと湯船につかる
一流は、朝風呂を浴びる
17 学問 三流は、「体育が得意でした」と言う
二流は、「数学が得意でした」と言う
一流は、「国語が得意でした」と言う
18 運動
三流は、3日で挫折する
二流は、数年で飽きる
一流は、数十年やり続けている
19 活力 三流は、偏食家である
二流は、美食家である
一流は、何でもスマートに平らげる
20 所作
三流は、テーブルマナーを知らない
二流は、一応の知識を持っている
一流は、自然に完璧な振る舞いができる
21 学習
三流は、TOEIC700点を目指す
二流は、ビジネス英会話に通う
一流は、あえて勉強しない
22 意識と無意識
三流は、思いつきで終わる
二流は、無難なことしか考えられない
一流は、革新的で、実現可能なアイディアをひらめくことができる
23 仮説力
三流は、仮説を立てない
二流は、仮説を立てて満足する
一流は、一瞬で「当たる」仮説を立てる
24 自意識
三流は、卑屈である
二流は、自分の力を過信する
一流は、運を味方につける
25 憧れ
三流は、誰の教えも請わない
二流は、優秀な人に憧れる
一流は、師を仰ぎ、師を越えようとする
26 オーラ
三流は、オーラの意味がわからない
二流は、オーラを出そうと必死になる
一流は、一流のオーラを感じ取ることができ、自らも、自然とオーラを発している
27 執着
三流は、欲しいものを見つけられない
二流は、欲しいものをあきらめる
一流は、手に入れるまで絶対にあきらめない
28 家庭
三流は、尻に敷かれまくっている
二流は、亭主関白
一流は、あえて尻に敷かれている

第3章平社員で 終わる人 部長止まりの人 役員まで行く人
29 机
出世できない人の机は、雑然としていて汚い
出世している人の机は、新品のように美しい
30 劣等感
平社員で終わる人は、コンプレックスに潰される
部長止まりの人は、コンプレックスを抑制する
役員まで行く人は、コンプレックスをバネにする
31 趣味
平社員で終わる人には、趣味がない
部長止まりの人は、趣味を遊びだと捉えている
役員まで行く人は、仕事と同じくらい趣味を極めようとする
32 モテる秘訣
平社員で終わる人は、部下からも異性からもモテない
部長止まりの人は、ちょっとモテて満足してしまう
役員まで行く人は、自分を磨き続けている
33 集中力
平社員で終わる人には、緊張感がない
部長止まりの人には、隙がある
役員まで行く人は、一時も自分に甘えない
34 世界標準
仕事ができるのに出世できない人は、歯が汚い
どんな場所でも活躍できるビジネスパーソンは、歯が美しい
35 伝説
伸びない人間は、過去の栄光にしがみつく
伸び続ける人間は、伝説を更新し続ける
36 仕事と人生
「家」が好きな人は、よくて部長止まりである
役員になる人は、電子レンジの使い方も知らないほど「仕事」を愛している

内容(「BOOK」データベースより)

本当は、誰でもできること。でも、誰もやっていないこと。本物と偽物を分ける差は、紙一重です。55万人の一般社員、10000人の役職者と接してきたコンサルタントが教える「上にいく理由」と「事実」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 177ページ
  • 出版社: クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2013/1/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844373056
  • ISBN-13: 978-4844373056
  • 発売日: 2013/1/17
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 11.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,738位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ゆう VINE メンバー 投稿日 2014/6/23
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
似た内容の本は、数多くある。目新しい事は少ない。
一部のページで紹介されているお店には行ってみたい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
確かに一流ほど世界共通で歯並びが良いし
本物の一流の会社は世界にバンバン出て行っている為
見た目重視も頷けます。
高級ホテルほどジムが併設しており、みなさん運動をしており太っていません。
中身なんて大嘘です。
本当に一流の方は絶対言いません。
ただ・・・。
英語の所はそう思いません。
一流になる頭の良い方は自分の言葉で伝える重要性を知っており
また元から頭がいいので少し勉強すれば英語はできます。
少し矛盾していますね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
装丁がいい。一流役員好みの重厚な感じで。
内容は哲学というより、著者の付き合いのある企業役員の嗜好や習慣を
五月雨式に記したもの。
エッセイとしては面白いし、ためになる部分もあり、2時間程度で読めるので
出張時などの車内で読むのにちょうどいい。

ただ「平社員は○○、部長は○○、役員は○○」といった具合に書いてあるんだが
お礼メールの件のように「平は90%、部長は80%、役員は0%!」みたいな
極端な飛躍が多く、平社員、部長の部分は完全な前フリ扱いで雑な感がした。
それより例えば部長止まりの人と役員になる人の「小さいけど大きい」絶妙な差を
もっと上手に表現した方が読む方の実感が湧くと思う。
その辺は同じようなスタイルで書かれた「仕事のアマ 仕事のプロ」の方が
上手いように感じる。

あと、筆者略歴に自分の学歴は書かずに「東京大学、早稲田大学、京都大学、一橋大学
などでも教授経験を持つ。」と書いてる(おそらく「教授」は肩書でなく動詞)のは
著者もかなり「包装紙」にこだわっているのだろう。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
その通りという事が書いてある。
たぶん現代人には響かないのかもしれない。
御礼を言うことができない人、上司を立てることができない人が多くなっている日本
こんなことは昔の人は当たり前にやってきたはず。だから経済が急成長をした。
人として、社会人として当たり前のこと。これをやるべきだと思う
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
読み物としてはおもしろかったです。
中には参考にできそうな内容もありました。
今から働く世代にはちょっと古臭い点もあるように思いました。
本の内容全てを実践しているお父さんは、熟年離婚されそうなイメージです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 自己啓発書を読み慣れている人にとっては、1時間もあれば斜め読みできる、読みやすい本です。役員、部長、平社員の三段階でビジネスにおける心構え、習慣が書かれています。読後に思ったのが、一流と呼ばれる人はこの本は読まないだろうし、彼が主催している自己啓発セミナーには参加しないだろうなと感じました。著者はもともと、研修を売る営業であり、学生、新入社員、係長、課長を顧客のターゲット(著作で実績・知名度を上げ研修に誘導)にしています。 正直、著者の他の本やセミナーには参加していませんがこの本の知識・経験のレベル程度で一流の役員とツーカーになれるものなのだろうかと疑心暗鬼になりました。著者の経営する研修会社のサイトとブログを拝見しましたが、三流から二流にはなれるかもしれませんが、一流にはなれるとは思えませんでした。自分の求めているイメージの一流とは合わなかったです。研修・自己啓発が趣味の人にはいいかもしれません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
多くの一流役員と仕事上のつきあいがあるという著者による、役員の習慣36項目。
タイトルは「仕事の哲学」だが、どちらかというと習慣か発想、くらいが妥当な内容だろう。

中にはおっ、それいいねというものも無くはないが、多くは「人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ 」式、つまり常識を・コツコツと・あきらめず・丁寧に・人に優しく・自分に厳しく・身なりは綺麗に・遊ぶ時には必死で遊べ的項目であったり、平社員はxx,部長はyy,役員はzzという著者のまとめ方がコジツケと紋切りに過ぎたりして、これは!と思える項目は多くない。
役員は朝風呂が好きという項目があったが、これなぞ、日本では年間1万2千人の人が朝風呂タイムで亡くなっているという、朝風呂の危険性(朝は脱水状態気味で血液ドロドロ傾向であることから脳梗塞や心筋梗塞の可能性がよる風呂より大きい)を無視しており、うっかりさんがそのまま真に受け実行すると危険な項目もあった。

記述の多くは、万人が読んでまあそうだよねという内容ではあるし、私が見聞した役員の言動とも部分的に重なるところから、役員の習慣という切り口で極端におかしなものでもないとも思う。
しかし、現在役員でない人間がこれをそのまま実行して役員になるぞ式のことを期待して買うと外すだろう(つまり、この本のタイトル自体
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー