この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

一条さゆりの真実―虚実のはざまを生きた女 単行本 – 2001/2

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,159

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

伝説のストリッパーが語ったテープ160本分の人生は、悲しい嘘とトラウマの巨大な迷宮だった。

内容(「MARC」データベースより)

伝説のストリッパー・一条さゆりの語った自分史は、悲しい嘘で固められた「伝説」に過ぎなかった。その最期を看取った著者が、嘘の瓦礫から積み上げた波乱の生涯。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 427ページ
  • 出版社: 新潮社 (2001/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104438014
  • ISBN-13: 978-4104438013
  • 発売日: 2001/02
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 623,863位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
一条さゆりがヌード・ダンサーとして一世を風靡する存在となるのに駒田信二という学者崩れの作家が果たした役割は大きい。しかし、彼も所詮は憎めない浅薄な男であった。陰液が流れ落ちるのに感動し、彼女に入れあげたが、そのトリックや虚飾の人生を見破ることはできなかった。
著者は5年の歳月をかけて晩年の彼女と半同居しながら、綿密な取材をとおして虚実のはざまに迫った。渾身の力作といえよう。もう時代は変わってしまい彼女の存在がクローズアップされることはないだろうが。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 雪輪 投稿日 2015/8/28
形式: 単行本
はじめは軽い撮影依頼だったものが、思いがけず対象の希望に沿って生活に寄り添い、困惑しながらも手助けし最期も看取った著者。
没後取材で解明される一条さゆりのほんとうの人物像を、綿密な調査とたっぷりの原稿量で教えてくれます。
わたしは続けて二回読み直した。医学関係者(脳外科関係、認知症など)や心理学、幼児教育などの従事者にも
読むべき箇所は多い。
いろんな読み方ができると思うけど、これはネグレクトされた子供が
生涯その育てられ方に苦しめられた人生の記録である。おかげで彼女は一人息子を育てられなかったし、男性はおろか女性とも
すべてを晒して長くつきあうことができなかった。どんなに孤独で深く暗い世界だっただろう。
ただ、だからこそ舞台や踊りがあったし、その表現は輝いていたんだと思う。
息子さんへの取材はかなりハードだったようだが、わたしはこの本こそ息子さんへの供花というかお悔やみになったと思う。
過酷な幼少期を経たがお母さんなりに一生懸命生きたし、息子さんのことを生涯忘れなかったのだから。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
一気に読み終えてしまいました。おもしろかったです。ライターさんが女性だったことが、私には抵抗なく読めたと思います。一条さゆりさん今年十七回忌だったんですね・・・このようにしか生きられなかった女性にとても思い入れてしまいます。この作品を読んだ後なかなか頭から離れて行きません。男・酒・お金に翻弄され続け愛を乞い続けた女性。にもかかわらずどうして一人息子さんには愛情を注げなかったのかが私には堪らないです。晩年釜ヶ崎で生きた生活の底なし沼のような孤独の中で、やっと大事にしなければいけなかった人がいたのだと気付いたんだと思います。普通に生きたくても生きれなかったのだと思います。普通に生きることが素晴らしいのだということを知らなかった女性だと思います。この本の入手が今は容易ではないかもしれませんが、ぜひ同じ女性に、いろんな世代の女性に読んでもらいたいです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今までマスコミが伝えてきたであろう彼女の一生を、一瞬で覆すほどの衝撃的な内容に思わず絶句。

分厚い内容には、最後まで読み進むにつれて当初の語られなかった真実が見えてくる。

人の業や性(サガ)の中、波瀾万丈という言葉だけでは語りつくせない人生を送った一条さゆり。

そんな中で、彼女にとって虚実とは、たったひとつの生きるすべだったのかも。。。

心はボロボロでも、人はそう簡単には死ねないと、思い知らされた気がしました。。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
一条さゆりの人生の深さに驚きました。
取材された加藤さんの文章に書き手を超えた何かを感じました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック