通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
一日江戸人 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 基本的にキレイな物を出品しております。中古品の為、多少の使用感のある物もございます。在庫が無い場合や、不備がございましたら返金にて対応させて頂きます。ご注文確認後、迅速に配送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

一日江戸人 (新潮文庫) 文庫 – 2005/3/27

5つ星のうち 4.5 70件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 529
¥ 490 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 一日江戸人 (新潮文庫)
  • +
  • お江戸でござる (新潮文庫)
  • +
  • 江戸アルキ帖 (新潮文庫)
総額: ¥1,998
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



雑誌100円OFFキャンペーン
期間限定でファッション誌など対象の雑誌が100円OFF!9/30(金)23:59まで 対象一覧 へ

商品の説明

内容紹介

現代の江戸人・杉浦日向子による、実用的かつ、まことに奥の深い江戸案内書。江戸美人の基準、三大モテ男の職業、衣食住など、江戸の人々の暮らしや趣味趣向がこれ一冊でわかる。さらには「殿さま暮らし」は楽かの考察(「将軍の一日」)、大奥の仕組み(「ザ・大奥」)、春画の味わい方(「春画考」)まで。著者の自筆イラストもふんだんに盛り込まれ、居ながらにして気分はもう江戸人だ。

出版社からのコメント

入門編から上級編まで人生のすべては江戸に凝縮される --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 264ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/3/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101149178
  • ISBN-13: 978-4101149172
  • 発売日: 2005/3/27
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 70件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,476位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
最近の日本はおかしい、昔はこうじゃなかった、などとイヤってほど耳にする今日この頃。それじゃ、昔はどんな時代だったか江戸の衆に聞いてみようってんで読み出したら、これがまた止まらない。フリーターやらカブキモノやら魅力的な江戸の町人がわんさか登場。杉浦日向子の漫画と粋な語り口でぐいぐいと引き込まれる。難病を抱えながらもそれを隠し通し、上品でさわやかな解説を続けた杉浦日向子。惜しんでも惜しみ尽くせない若き死に合掌。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
講釈師は見てきたように、なんとやら、と申します。
まさにこの本の著者、杉浦さんは見てきたように江戸について教えてくれます。
その着眼点が日常的でかつ詳細、ついこの間行って来た、旅行の話を読んでいるようです。

話題も「江戸ではどんな男がカッコイイと言われてるか」とか「どんな賃貸があって、幾らぐらいで生活できそうか」とか「流行の趣味」とかアッチへコッチへ話題が飛びながらもそれがまた面白い。

膨大な量の資料と時代考証の為の勉強をなされているのでしょうが、それがクドクド出てこない事が、むしろ読み物としての完成度を高めていると言えるでしょう。
この方の著書は、そんな引用元など書かなくても非常に高いレベルで信頼の置ける情報だと言われていますから安心して楽しんでください。

読み終わるころには、ちょっと行って見るか、って感じになっています。
どこにって・・ 江戸だよ、江戸!
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
江戸人についての風俗紹介を面白く紹介している一冊です。
イラストも多用されていて、楽しんで読むことが出来ると思います。

江戸っ子の具体的な内容に強く関心が持てる本ですが、
各項目の中で最も興味深い部分は、春画に対しての著者の考えです。

著者は語ります。
図版資料のお粗末さ、
図書館で閲覧できない現状、
研究がすすまない状況。

江戸人に対して、著者がどう敬意を表しているのかを、
この本で確かめることをオススメします。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
おもしろい。シティライフをエンジョイしていた江戸の人々。
決め手は独自の美意識(粋、洒落、気風の良さ)に確固な自信と誇りを持っていること。
江戸の人にとって、武士階級のファッションは野暮の典型。
大奥の絢爛豪華な衣装や武士の格式ばった格好は嘲笑の的だったそうです。
名画「カサブランカ」のあの有名なセリフ場面(君の瞳に・・)のところを杉浦さんは江戸語訳しておられますが、
江戸の人たちが観たら逃げ出すだろうというのは、予想がつきます。
まじないやらファッションのこだわりやら好かれる外来種の動物やら、マンガも入っていてとても楽しい。
庶民パワーが感じられる本です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2006/6/22
形式: 文庫
一体、江戸時代の日本人はどんな生活をしていたんだろう?映画やTVでその生活ぶりを見るけれど、本当にそうなのだろうか?

この本は、そんな疑問をすべて明らかにしてくれました。イラスト付きで書かれたこの本は、実に懇切丁寧な書き方がされています。そして、驚くべきことも沢山ありました。

一番驚いたのは、「江戸人」たちは、夏休みをしっかり取っていたことでした。寝具を質に入れ、その金で7月半ばから8月まで、しっかりと夏休みを取っていました。現代の日本人は、「働き蜂」の如く、短い夏休みもなかなか取れません。もっと、余裕を持った暮らしを現代人もしなければいけないのかも知れませんね。その余裕の無さが、ひょっとすると最近の日本がおかしい原因かも知れません。「宵越しの金は持たない」と言う「江戸人」の心意気の方が、現代の「拝金主義」よりは、勝っているのかも知れません。もう一度、「江戸人」の生き方を考えて見ることも必要かも知れないなと思いました。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書を読み終わると、少なくとも一週間は江戸気分がぬけない。

それほど内容が楽しく、挿絵も可愛らしくユーモアがあり、思わず

ふふっと笑ってしまう。特に時代劇が大好きな人にはたまらない本

でしょう。

個人的に気に入っているのは「江戸の色男」。

第一位は「火消しの頭」。火炎を背に活躍する男はなるほど勇ましい。

第二位は「力士」。気は優しくて力持ちがトレードマークだ。

第三位は「与力」。村上弘明扮する正義感に満ち溢れた江戸八丁堀

のダンナは確かに今の警察よりも頼りになりそうだ。

・・・などと考えながら、すらすらと読めてしまいます。

江戸時代の料理レシピも必見で、練り味噌でいただく「林巻大根」、

酒のおつまみ「うに豆」など、思わずお腹が鳴ってしまいます。

歴史が苦手という方でも、難なく江戸時代にタイムスリップできる

はずです。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック