通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
一日で鑑賞するルーヴル美術館 (とんぼの本) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付】◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

一日で鑑賞するルーヴル美術館 (とんぼの本) 単行本 – 2006/5/24

5つ星のうち 3.0 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 242

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 一日で鑑賞するルーヴル美術館 (とんぼの本)
  • +
  • ルーヴルはやまわり - 2時間で満喫できるルーヴルの名画
  • +
  • オルセーはやまわり - さっと深読み名画40~印象派の起源からポスト印象派まで~
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 127pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

モナ・リザも『ダ・ヴィンチ・コード』も気になるけれど、あの名品を見逃すなんて! 美術史が見える八十八のお宝めぐりに、詳細ルートマップを付けてご案内。

内容(「BOOK」データベースより)

広すぎる、多すぎる、くたびれる―たしかにその通り でもだからといってモナ・リザ見物だけではあまりに悲しい 定番コースとはひと味ちがう、美の迷宮の秘密の急所を教えます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 152ページ
  • 出版社: 新潮社 (2006/5/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106021439
  • ISBN-13: 978-4106021435
  • 発売日: 2006/5/24
  • 商品パッケージの寸法: 21.1 x 15 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 409,940位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
定番の作品の解説だけで終わってしまう本とは違う、味のあるルーヴル美術館の探検本です。

観光客がこぞって見る定番の作品、以外からテーマを持って優れた作品を紹介しつつ、まるで自分がルーヴル美術館を歩いているかのようにイメージを作りながら読み進めていけます。

初めてルーヴル美術館を訪れようという人には、おすすめの一冊ではないでしょうか。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/10/18
形式: 単行本
ルーヴル美術館の魅力のエッセンスを本書で把握して、いつの日にか訪れる際の鑑賞の手引きにしようという思いで手に取りました。代表的な陳列作品を挙げればきりがありません。世界の宝ともいえる作品群ですので、何をどのように鑑賞しても素晴らしいわけです。

本書は、そんな広いルーヴルを訪れる人のために、鑑賞したいテーマにそって効率よく廻るコツとお勧めのルートが紹介されています。

筆者・小池寿子氏は、美学美術史を専攻した国学院大学文学部教授です。そんな専門家の知識と歴史的なエピソードが満載してありますので、作品の鑑賞だけでなく、その背景の歴史事情を読みながら理解できる仕組みになっています。

章だては、ガイド 精選!ルーヴル八十八宝めぐり(古代篇―3時間コース 古代エジプト美術、古代ギリシア美術、古代エトルリア、ローマ美術 彫刻篇―1時間コース 工芸篇―30分コース 絵画篇―3時間半コース 北方絵画、フランス絵画前篇 イタリア、スペイン絵画 フランス絵画後篇) コラム 八十八宝寄り道案内(古代オリエントへのいざない、中庭でフランスの栄華にひたる、タピスリーの魅力、フォンテーヌブロー宮殿に集った画家たち、モナ・リザの部屋 もうひとつの見どころ) グラフ(迷宮への入口、美の大伽藍1,2) ルーヴルものがたり(城砦から宮殿へ、ブルボン朝の栄
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「ルーブルはやまわりー2時間で満喫できるルーブルの名画」と併せて買ったので、実際現地でこちらを開くことはなかったが、こちらの方が図版が多く、解説も詳しいので、作品についてより深く知りたい人や、出掛けないでルーブルに思いを馳せながら読むにはいい本だと思います。
或いは、この本で各作品の解説を予習してから出掛けると、現地でよりじっくり楽しむことができるでしょう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
古代篇、彫刻篇、工芸篇、絵画篇に別れています。

掲載されている作品の解説は、初心者にもわかりやすいのですが…。

いわゆる有名どころの解説は少ないです。
それがこの本の良いところでもありますが、個人的にまずはそこも抑えてほしかった。

モナリザやミロのヴィーナスなんかは、写真紹介はなく、文中もさらっとふれられている程度です。

ついでに言えば、絵画篇の解説を主に期待していたので、そこも少し残念です(もちろんルーヴルは絵画だけではありませんが)。

どちらかというと2冊目のルーヴル的な感じがした。
もう基本はOKという人は是非。

有名どころについて知りたい方は、他をオススメします。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告