通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
一勝九敗 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

一勝九敗 単行本 – 2003/11/15

5つ星のうち 4.2 144件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,058
¥ 1,058 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 529 ¥ 6

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 一勝九敗
  • +
  • 成功は一日で捨て去れ
  • +
  • 現実を視よ
総額: ¥4,190
ポイントの合計: 111pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

商品説明

   フリースの爆発的な人気によりその名を全国区に押し上げた「ユニクロ」。このブランドを展開する株式会社ファーストリテイリングの創業者である柳井正が、創業より現在までの歩みをつづった。

   マスコミに持ち上げられたり、ブームが去ったあとには一変して叩かれたりした同社に対し、紆余曲折が激しいイメージを持っている人も多いはずだ。確かに本書を読むと、同社には数々の失敗や停滞期があったことがうかがえる。しかし同社の特徴は、失敗を恐れない姿勢にある。失敗から学習し、すばやく方向転換をしていくその経営姿勢は、失敗をそのまま放置したあげく、倒産にいたる大企業とは根本的に異なっている。

   成功に関する考え方もユニークだ。「成功するということは、保守的になるということだ。商売というのは、現状があまりうまくいかないときに、『だったら、どうやればうまくいくのか』ということを徹底的に考えるということであり、成功したと思った時点でダメになるのだ」という言葉は、現在も海外進出や新規事業に果敢に取り組んでいる同社の本質をうまく言い表している。

   本書には、地方の証券取引所に上場、東証二部上場、そして東証一部上場と会社の状況が変わっていくにつれて、経営の視点を柔軟に変えていった過程も克明に描かれている。会社規模の変化に合わせて社員に求めるスキルや目標が異なっていくのは当然のように思われるが、案外、変化を苦手とする経営者も多いのではないだろうか。机上の経営論ではなく、経営者による生きた事例を参考にしたいビジネスマンや起業家に一読をすすめたい。理路整然とした言い切り型の簡潔な文章であるため、非常に読みやすくまとまっている。(朝倉真弓)

メディア掲載レビューほか

一勝九敗
 著者は父から受け継いだ衣料販売店を、海外を含む500店舗以上の「ユニクロ」チェーンに育て上げた人物だ。時代感覚にマッチした商品を手頃な価格で大量販売する一方、テレビコマーシャルなどを巧みに活用し、新たなブランドイメージを定着させた。本書は柳井正氏自らが成長の軌跡を総括するもの。ブームの追い風が強まる陰で、実は10の施策のうち9が失敗であったことを明かす。同時に、起業家とは失敗にひるまない精神力の持ち主でなければならないことを力説する。

 1995年、柳井氏は全国紙の広告で「ユニクロ商品の悪口」を募集した。応募は1万通に及び、ほとんどが品質へのクレームだったと言う。急成長の最中にも自社商品の到達水準を知り、失敗を直視しようとしたのだ。また、スポーツウエアに特化した「スポクロ」の店舗展開を試みたが、本家「ユニクロ」との差別化に窮して撤退した事実などを振り返る。

 商売が軌道に乗ると「作れば売れる」が社内の常識となり、「一種の自動販売機状態」に陥ると言う。「市場に踊らされてはならない」という自戒は、一大ブームを創り上げた本人の弁だけに説得力がある。その他「二十三条の経営理念」、自ら信条とする「起業家十戒」「経営者十戒」を披露する。


(日経ビジネス 2003/12/08 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 236ページ
  • 出版社: 新潮社 (2003/11/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104642010
  • ISBN-13: 978-4104642014
  • 発売日: 2003/11/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 144件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 182,504位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
ユニクロの成功と失敗が惜しみなく書かれています。

フリースの大成功に関する記述も書かれていますが、タイトル通り数多くの失敗をしてきたこと、ロンドンへの海外進出における当時の失敗なども失敗原因を分析しながら紹介されています。

経営本として真新しいことは書いていないですが、ユニクロの歴史を知りたい方、柳井氏の考え方・意思決定の方法を知りたい方におすすめです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 早稲田卒で会社を10ヶ月で退社(やる気がなくて辞めたらしい)親から紳士服屋を受け継いで、急激に立派にしていってユニクロにしていったという柳井さんの物語だ。
 ちょっとした脱線話では、「ユニクロの綴りに何故「Q」が入っているのか!?」とかがある。
 何故、経営がうまくいったのかという話だけでなく、何故失敗したのかor失敗から何を学んだのかとかが非常に丁寧にわかりやすく書かれていた。人生の勝者のような人は成功の話が大多数だが、「1勝9敗」という題名だけあって、「失敗をどれだけしてきてそこから学んでここまで来たんだ。」というのが出し惜しみなく書かれていて、そんなに書いていいのかと思った。
 とても勝者であるのに、ものすごく謙虚で素直に正直に書かれている柳井さんの人間性が素晴らしいと思いました。
さらに最後に店の規律とその説明みたいなものと読者の方に送られるいくつかの言葉があるが、これが非常にためになる。ここまで全てを見せれる人間性がユニクロをここまで大きくしたのかとためになる。そこらへんの教訓本よりも何倍もためになると思います。立ち読みでもいいから読んでみる事をお勧めします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井さんが現在までの歩み(出版は2003年ですが)を綴った本。今やユニクロといえば、売り上げ高5兆円、世界一の洋服チェーンを目指し破竹の勢いで成長する企業ですが、その裏には沢山の失敗が隠れていた。本のタイトルにもある「一勝九敗」。柳井さんはビジネスでの成功を、10回のうち1回の成功だと言います。ユニクロの成功はある意味で失敗の歴史でもあります。フリースで大ヒットを飛ばし、その後の低迷期、野菜販売を始めた時には(ユニクロ終わったな)と思ったりしましたが、その失敗から学び成長へと繋げた柳井さんの経営哲学。

ユニクロの凄さは失敗の哲学にあるんだと思います。
失敗を負けと捉えず、そこから学べるものを吸収し、次の成長へと昇華させる失敗の哲学。

出版が2003年なので今のユニクロとは少し雰囲気が違いますが、今でも柳井さん含めファーストリテイリングの失敗哲学というのは通用するものだと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ユニクロ創業者柳井正の成功自叙伝というべき作品。
彼は自分の事業を一勝九敗と言っているが世間的には連勝事業を印象付かせる。
内容的には事業の歴史、経過、会社理念、人材育成など幅広く記述されているが成功者としての感動は得られなかった。
一般文学通算1774作品目の感想。2016/12/03 16:40
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/11/26
形式: 単行本
ユニクロを展開するファーストリテイリングの創業者・柳井正氏の創業からの現在までの歩み。初めて勤めたジャスコ(現イオン)をたった10ヶ月で退社したり、「できれば働きたくないな」と思っていた学生時代など、注目企業の経営者とは思えない一面に驚きも。年齢とは別に、松下幸之助らとは違う新しい世代の経営者だなという感じ、といっても出井伸之氏のようなエリート社員・経営者とも違う。普通の人と相通じるような親しみある感性と経営・人生への取り組み姿勢に共感を覚える人も多いのでは-。卑屈でもなく傲慢でもない柳井氏の人間性に魅了されます。後半は企業経営一筋という感じで、流通業に関心の薄い人にはちょっとという感じも。でも、現場第一主義という、流通業では誰もが言うがほとんどの企業で出来ないことに本気で挑み続ける経営姿勢には、転職を考えるくらい感動しました。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
~衰退産業といわれる繊維業界で他を圧倒する強さを見せて快進撃を遂げたファーストリテーリング社、柳井正氏の経営哲学が味わえる本。その昔、繊研新聞に柳井氏のコメントが載っていた。曰く「日本のブランドは虚像である」「日本の消費者はアパレルにだまされている」「服は部品だ」…~~ 閉塞感漂う繊維業界に勤めていた私は、この刺激的な言葉が忘れられなかった。その後、ユニクロの原宿進出、伊勢丹進出、山の手の高級住宅街への進出など既存の安売り店のマーケティング手法では説明できない戦略を打ち続け、ことごとく私の度肝を抜いた柳井社長とはいかなる人物なのか。私の興味は尽きなかった。しかし、この本を読めば、柳井社長とは天才的~~なカリスマ経営者ではなく、着実に自分の信じる道を少しずつ登っていく、むしろ不器用な人間であることがよくわかる。「成功の秘訣は、失敗を重ねることだ」とは、なんとも含蓄のある言葉だ。この本は、彼の不器用なまでの生き様と、大きな夢を追い求める少年のような気持ちのコントラストが非常に愛着感を感じさせる。とくに完全実力主義を標榜する同社の人~~事評価制度は必読だ。すべての方におすすめである。~
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー