通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
一勝九敗 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

一勝九敗 (新潮文庫) 文庫 – 2006/4/1

5つ星のうち 4.2 146件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,058 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 529
¥ 529 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 一勝九敗 (新潮文庫)
  • +
  • 成功は一日で捨て去れ (新潮文庫)
  • +
  • 経営者になるためのノート ([テキスト])
総額: ¥2,391
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   フリースの爆発的な人気によりその名を全国区に押し上げた「ユニクロ」。このブランドを展開する株式会社ファーストリテイリングの創業者である柳井正が、創業より現在までの歩みをつづった。

   マスコミに持ち上げられたり、ブームが去ったあとには一変して叩かれたりした同社に対し、紆余曲折が激しいイメージを持っている人も多いはずだ。確かに本書を読むと、同社には数々の失敗や停滞期があったことがうかがえる。しかし同社の特徴は、失敗を恐れない姿勢にある。失敗から学習し、すばやく方向転換をしていくその経営姿勢は、失敗をそのまま放置したあげく、倒産にいたる大企業とは根本的に異なっている。

   成功に関する考え方もユニークだ。「成功するということは、保守的になるということだ。商売というのは、現状があまりうまくいかないときに、『だったら、どうやればうまくいくのか』ということを徹底的に考えるということであり、成功したと思った時点でダメになるのだ」という言葉は、現在も海外進出や新規事業に果敢に取り組んでいる同社の本質をうまく言い表している。

   本書には、地方の証券取引所に上場、東証二部上場、そして東証一部上場と会社の状況が変わっていくにつれて、経営の視点を柔軟に変えていった過程も克明に描かれている。会社規模の変化に合わせて社員に求めるスキルや目標が異なっていくのは当然のように思われるが、案外、変化を苦手とする経営者も多いのではないだろうか。机上の経営論ではなく、経営者による生きた事例を参考にしたいビジネスマンや起業家に一読をすすめたい。理路整然とした言い切り型の簡潔な文章であるため、非常に読みやすくまとまっている。(朝倉真弓) --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

メディア掲載レビューほか

一勝九敗
 著者は父から受け継いだ衣料販売店を、海外を含む500店舗以上の「ユニクロ」チェーンに育て上げた人物だ。時代感覚にマッチした商品を手頃な価格で大量販売する一方、テレビコマーシャルなどを巧みに活用し、新たなブランドイメージを定着させた。本書は柳井正氏自らが成長の軌跡を総括するもの。ブームの追い風が強まる陰で、実は10の施策のうち9が失敗であったことを明かす。同時に、起業家とは失敗にひるまない精神力の持ち主でなければならないことを力説する。

 1995年、柳井氏は全国紙の広告で「ユニクロ商品の悪口」を募集した。応募は1万通に及び、ほとんどが品質へのクレームだったと言う。急成長の最中にも自社商品の到達水準を知り、失敗を直視しようとしたのだ。また、スポーツウエアに特化した「スポクロ」の店舗展開を試みたが、本家「ユニクロ」との差別化に窮して撤退した事実などを振り返る。

 商売が軌道に乗ると「作れば売れる」が社内の常識となり、「一種の自動販売機状態」に陥ると言う。「市場に踊らされてはならない」という自戒は、一大ブームを創り上げた本人の弁だけに説得力がある。その他「二十三条の経営理念」、自ら信条とする「起業家十戒」「経営者十戒」を披露する。


(日経ビジネス 2003/12/08 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 274ページ
  • 出版社: 新潮社 (2006/4/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101284512
  • ISBN-13: 978-4101284514
  • 発売日: 2006/4/1
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 146件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,934位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
ユニクロの成功と失敗が惜しみなく書かれています。

フリースの大成功に関する記述も書かれていますが、タイトル通り数多くの失敗をしてきたこと、ロンドンへの海外進出における当時の失敗なども失敗原因を分析しながら紹介されています。

経営本として真新しいことは書いていないですが、ユニクロの歴史を知りたい方、柳井氏の考え方・意思決定の方法を知りたい方におすすめです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
偉い人の本を読むシリーズとして、購入。思ったとおりの内容で満足したが、その後ブラック企業の汚名を欲しいままにしている様を見て1勝10敗・・・お後がよろしいようで・・・。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 写楽 投稿日 2014/12/30
形式: 文庫 Amazonで購入
できると思えばできる、できないと思えばできない。 これは、ゆるぎない絶対的な法則である(パブロ・ピカソ)。

著者の様な成功者たちは、一見負け知らずで、事業を拡大させてきたように、思い込んでしまうが、実は、多数の負けを経験している。

要は、そこから何を学び、次にどう活かすかという考え方と、負けない、諦めない気概を持ち続けられるかね。

人生、勝つ時もあれば、負ける時もある(一流と呼ばれる人でも)。 肝心なことは、負けを引き摺らず、再度挑戦できるか、どうか。 結論、凡事徹底するんだ、それしかない。

凡人は、一回躓くと、再挑戦をすることもなく諦めてまうし、偶々、初回で成功すると調子こいて、ドツボへまっしぐら。 失敗の萌芽は、成功体験の中に。

あとがき(229〜260P)は、必読(個人レベルでも、有益な内容)。
人は安定を求めるようになるとそこで成長が止まってしまう。高い目標を掲げて、それにむかって実行努力することこそ重要なのだ。目標は低すぎてはいけない。到底無理だと思われる目標でも、綿密に計画をたて、それを紙に書き、実行の足跡とつねに比較し、修正していく。そうすれば大概なことはうまくいく。大事なのはあきらめないことだ(58P)。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 msy 投稿日 2017/5/10
形式: 文庫
残念なのは成功に向けて淡々と進む様子が本書のメインなのだ。
具体的な当時の実情が見えずらい。
【九敗】の部分にもっとフォーカスしてほしかった。
例えば「スポクロ、ファミクロはユニクロとの違いを明確に打ち出せず失敗してしまった。」と、この程度。
結局どの程度の損失であったか。会社の規模から見てどの程度の痛手なのか。
投入した資金等が乗っていないので【失敗の数字】が全然見えてこないのである。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2011/7/13
形式: 文庫
ユニクロの創業者が書いた本。読む前は、この本のタイトルの意味について少し誤解していたかもしれない。ビジネスの世界で新規に打つ手が成功するといえるのは10回のうち1回くらいということだと思っていた。しかし、単にそれだけの意味ではなかった。10回のうちの9敗から何を学ぶかが重要だということが強調されていた。さらに、立ち直れないほどの深手を負う前に負けを認めて早く撤退することも大切だという。

生い立ちとユニクロを立ち上げた経緯。父親の影響。事業の拡大。企画から生産・品質管理・販売の一貫体制の構築。店舗数の増加。株式上場。原宿店から学んだもの。コマーシャル。実力主義。若い社員たちの活躍。四半期ごとの評価。世界展開。数多くの失敗から学んだこと。自身の経営哲学。

率直な言葉で、自身とビジネスについて語っている。なかなか面白かったし、ビジネスマンならここから学ぶべきことがひとつやふたつは必ず見つかるのではないだろうかと思える内容だった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
昨今の不況で赤字続きな衣料品業界において
唯一黒字体制を維持している企業、ユニクロ。
特にほしい商品がなくてもついつい入ってしまい、
気がつけば買い物袋をぶら下げていることも、なユニクロ。

本書はそのユニクロ創業者柳井正さんの経営哲学や
戦略が惜しみなく綴られた1冊である。
この本の中で特に印象に残った言葉は、題名にもなっている
「ビジネスには失敗がつきもの。十回やって九回は失敗」
というところ。たいていの人は失敗したらそこでくじけるが、
柳井さんをはじめ成功者の多くは失敗からこそ学ぶことがある、
と語っており九回の失敗からの一勝こそが
いまのユニクロを作り上げているのだというのがよくわかる。

文章も細かく区切られている上に、わかりづらい専門用語などは
ほとんど使われていないので経営に興味のない人でも読みやすい。
様々な常識を変えたユニクロの更なる進化や向上と、
毎回素敵な広告展開にこれからも期待したい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー