通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
一億総貧困時代 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★★☆カバー縁小ヨレ小破れ跡(補修済み)・薄小シミ、ページ側面に薄小汚れ等の多少の使用感はございますが、その他は概ねきれいな状態です。◆アルコール除菌クリーニング済!記載のない場合には、基本的に帯・ハガキ・チラシ等につきましては付属していないとお考え下さい。(当店では帯・ハガキ・チラシ等については広告と判断しておりますので、商品の一部とは認識をしておりません。帯の有無や使用感などにつきましてもご了承下さい。※帯をお求めの方は必ずお問い合わせ頂くと共に併せて当店ヘルプページもご参照ください。)◆通常24時間以内に配送業者(日本郵便)に出荷致しまして、配送となります。迅速丁寧な対応を心掛けております。※ご注文の際は再度、住所(マンション・アパート名・部屋番号等)氏名(配達可能なお名前でお願い致します)のご確認をお願い致します。◆当店より出荷後、あて先不明・不備・相違・保管期間経過等の理由により、商品が返戻された場合は、キャンセル処理の手続きを行わせていただき、全額より送料と手数料を差し引いた金額のご返金となりますのでご了承下さい。(お客様のご都合による返品も同様の返金処理をさせて頂きます)◆あくまでも、中古品という事をご理解の上ご購入下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

一億総貧困時代 単行本(ソフトカバー) – 2017/1/26

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 662

AmazonStudent
【学生限定】Prime Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元。6か月無料体験登録をして、お得に本を買おう。(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 一億総貧困時代
  • +
  • 貧困クライシス 国民総「最底辺」社会
  • +
  • 続・下流老人 一億総疲弊社会の到来 (朝日新書)
総額: ¥3,305
ポイントの合計: 85pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞
2017年にAmazonで最も売れた本をご紹介 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

「え、まさか、今のニッポンでこんなことが……と思ってるあなた。
これはあなたの明日かもしれない。
雨宮さんだからこそ聞き出せた、現代ニッポンの“棄民"レポート」-----上野千鶴子氏

ごく一部の富裕層を除き、多くの人々にとってすでに他人事ではない「貧困/自己責任大国」日本の現実とその構造を、さまざまな「当事者」たちへの取材を通して、平易な言葉であぶり出す。疲弊する個人と社会に、今、どんな処方箋がありうるのか。<貧困問題>を10年以上にわたりさまざまな角度から追ってきた著者による、いままさに、切実な1冊。超格差・超高齢化社会の中で、今後、必然的に<弱者>となる多くの私たちは、どう生き抜くことができるのか?

(「もくじ」より抜粋)
(1)「お父さんの子どもを産みました」──虐待の末、路上に辿り着いた女性/ (2)子どもの虐待と<貧困>──見えない孤立と声なきSOS、その傍らで/(3)介護離職から路上へ、そして路上から支援者へ──親の介護から人生が一変して/(4)「生き残ったのが、父じゃなくて私で良かった」──<利根川一家心中事件>裁判傍聴で明らかになったこと/(5)スーパーグローバルな「おせっかいおばちゃん」──この国で生きる外国人を支える人々/(6)原発避難者の今──「原発はもう安全」というストーリーが生み出す<貧困>/(7)学生が1600万円以上の借金を背負うシステム──奨学金破産1万人・日本の特殊な現状/(8)<アリさんマークの引越社>、その「アリ地獄」的実態──剥き出しの悪意と人権侵害の企業で闘う/(9)性産業はセーフティネットたり得るか──「風俗」と「福祉」を繋ぐ<風テラス>の試み/(10)人の命を財源で語るな──<生存権裁判>が問いかけるもの/(11)<相模原障害者施設殺傷事件>を受けて──<スーパー猛毒ちんどん>と、ALS患者たちの生きる実践/(12)<座談会>それでも私たちは生きていく──30代男女に聞く「非正規労働者」の現在・過去・未来

著者略歴
●雨宮処凛(あまみや・かりん)1975年、北海道生まれ。2000年、自伝的エッセイ『生き地獄天国』(太田出版)を出版し、デビュー。以来、若者の「生きづらさ」についての著作を発表する一方、イラクや北朝鮮への渡航を重ねる。 06年からは新自由主義のもと、不安定さを強いられる人々「プレカリアート」問題や貧困問題に積極的に取り組む。反貧困ネットワーク世話人、09年~11年、厚生労働省ナショナルミニマム研究会委員。著作に、JCJ賞(日本ジャーナリスト会議賞)を受賞した『生きさせろ! 難民化する若者たち』(ちくま文庫)、『ロスジェネはこう生きてきた』(平凡社)、『14歳からわかる生活保護』(河出書房新社)他。共著に『「生きづらさ」について 貧困、アイデンティティ、ナショナリズム』(萱野稔人/光文社新書)他。

内容(「BOOK」データベースより)

性的虐待の果て、父親の子どもを産んだ女性。長年の介護生活の果て、両親とともに死のうと川に車で突っ込み、娘だけが生き残った「利根川一家心中事件」。介護離職から路上へ、そして支援者となった男性―。奨学金、ブラック企業、性産業、そして原発事故や外国人労働者問題など、現代のこの国に潜む、あらゆる「貧困」に斬り込んだ渾身の一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 集英社インターナショナル (2017/1/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797673389
  • ISBN-13: 978-4797673388
  • 発売日: 2017/1/26
  • 梱包サイズ: 18.9 x 13.2 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 194,584位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2017年4月21日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年2月20日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年4月5日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告