最も早いお届け日: 本日
1 時間 27 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り5点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になって... がカートに入りました
+ ¥250 配送料
お届け日 (配送料: ¥250 ): 4月18日 - 20日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◆◆◆おおむね良好な状態です。中古商品のため若干のスレ、日焼け、使用感等ある場合がございますが、品質には十分注意して発送いたします。 【毎日発送】
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた3 ~落第剣士の学院無双~ (ファンタジア文庫) (日本語) 文庫 – 2020/2/20

5つ星のうち4.2 30個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥693
¥693 ¥182

よく一緒に購入されている商品

  • 一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた3 ~落第剣士の学院無双~ (ファンタジア文庫)
  • +
  • 一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた2 ~落第剣士の学院無双~ (ファンタジア文庫)
  • +
  • 一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた4 ~落第剣士の学院無双~ (ファンタジア文庫)
総額: ¥2,123
ポイントの合計: 21pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

夏合宿が終わったのも束の間。リアとの親密な関係が発覚し、彼女の故郷・ヴェステリア王国に呼び出されたアレン。リアの父・国王は、怒りながらアレンに難題を突きつけてきて―「うちの娘が欲しければ、ヴェステリア最強であると示せ!!」並み居る王国の精鋭たちと剣を交えることに!?ヴェステリアの激闘、千刃学院の剣術大会『一年戦争』。剣士として自信を掴んでいくアレンの前に、突如強大な力を誇る黒い集団が現れる。何故か彼らはリアを執拗に狙っていて―「―今、この瞬間だけでいい。力を…寄こせ…!」大切な人を守らんとする時、少年の秘めたる力が覚醒する!!

著者について

●月島 秀一:小説家になろうにて「一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた~落第剣士の学院無双~」を連載中。本作を加筆修正して刊行。

出版社より

登録情報

  • 出版社 : KADOKAWA (2020/2/20)
  • 発売日 : 2020/2/20
  • 言語 : 日本語
  • 文庫 : 328ページ
  • ISBN-10 : 4040735870
  • ISBN-13 : 978-4040735870
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 30個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
30 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年4月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年6月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年4月11日に日本でレビュー済み
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年2月23日に日本でレビュー済み
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年2月20日に日本でレビュー済み