通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため... がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 BUY王
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品ですが非常に良いコンディションです。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス) 単行本 – 2011/9/9

5つ星のうち 4.1 259件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,390

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)
  • +
  • DUO 3.0
  • +
  • DUO 3.0 / CD復習用
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 137pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

すべての日本人が「話せる英語」を「最速」で達成するための英文法大全。英語のシステムやネイティブスピーカーの意識が,豊富なイラストとコラムで最もカンタン且つ詳細に解説されています。受験や資格のためだけではなく,本当に日本人が英語を話す(動かす)ことができるようになるための「エンジン」を搭載。従来の文法教育の「失敗」を払拭し,日本の英語教育を変える,全く新しい英文法書がついに誕生しました。

著者からのコメント

著者の大西泰斗です。本書は「英語を話す」ための文法書です。従来の学校文法では---多くの方がすでに気がついておられるように---英語を「自由に話せる」ところまで理解することはできません。「to不定詞の名詞的用法」や「動名詞」など、細かな文法規則を暗記しても、英語というシステム全体をつかむことはできないからです。
本書の最大の特色は、ネイティブの感覚の詳細な解説を通じて、英語を貫くシンプルなシステムをつかんでいただくことにあります。もちろん意味のない文法用語に苦しめられることもありません。
英語をつかまえる---それだけで今までみなさんを苦しめてきた難解な文法事項も、簡単に・感覚的に当たり前の現象として理解することができます。英語力は時間をかけずとも飛躍的に上がるのです。
豊富なイラストや、誰もが悩む基本語彙のイメージ解説(基本動詞・前置・助動詞など、大量に行いました)をお楽しみいただくうちに、英語を口にするための十分な準備ができるはずです。もちろんリスニング・読解能力も伸びるはず。話すことと比べれば、それらは遙かに楽な作業だからです。また、本書は大学受験で必須となる文法項目ももれなく網羅してあります。「いつもの学校文法」で英語が頭打ちだった受験生のみなさん、大学生のみなさん、TOEICの準備しているみなさん、本書でぜひ英語の本当の姿をご確認ください。「あとは単語力を鍛えるだけだな」と思っていただけるはずです。
本書を手にとってくださったすべてのみなさんが、英語に対する誤解をとき、苦手意識をなくし、楽しみながら実力をつけていただけるよう切に願っています。英語はね、シンプルでリーズナブルな愛すべき言語なのですよ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 682ページ
  • 出版社: ナガセ (2011/9/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4890855270
  • ISBN-13: 978-4890855278
  • 発売日: 2011/9/9
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 259件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 98位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
これまでの大西先生の本はほとんど扱っていない文法事項もありましたが、この本はかなり網羅性が高くて便利です。他の文法書にはまず書かれていない英語の「なぜ」にしっかりと答えるところが大西先生らしく、英語を勉強する人にはどんどん薦めたい本だと思います。ただ、この本が解説している、修飾の原則「前から限定」については納得できない点もあります。たとえば関係詞の制限用法(先行詞がどんなものかを、その「後ろ」の関係詞節が限定する)はこの原則が当てはまっていないような印象を受けますし、『現代英文法講義』(p. 474)には、前に置かれた修飾語が後ろの語の内容を限定していない例も紹介されていますので(Come and meet my beautiful wife.のような例。「美しい妻」以外に「美しくない妻」がいるわけではない)、どのように理解したらいいのか悩んでしまいます。単に私が誤読しているだけかもしれませんが、このあたりのことを納得しやすくしていただけるともっと良かったと思います。

◇◆◇補足:このレビューに対して、後日、大西先生のブログよりコメントをいただきましたので、ご紹介しておきます。(大西先生、ご回答ありがとうございます。やっぱり先生はすごいと改めて実感させられました)

[短い答え]
 こうした疑問は学校文法の不用意な説明に起因してい
...続きを読む ›
8 コメント 726人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
オフの日を一日潰してしっかり全部読みました。

イメージとしては「forest」のような文法参考書です。
文法事項が体系的にまとまっており、付録に「不規則変化表」や「数の表現」「文内で用いられる記号(,や:など)」の解説まで付いています。

しかし、それらの本と異なる点は、
文法事項をネイティブスピーカーの視点でとらえ解説していることにあります。
今まで大西先生が出された本(ネイティブスピーカーシリーズやハートで感じるシリーズ、イメージ英文法シリーズなど)で一貫として行ってきたことです。

既存の文法参考書は、学習者がぶち当たる「何でそうなる?」に答えていないことが多く、この本は「なぜそうなるのか」ということを中心に書かれているので納得しながら先に行けると思います。ネイティブスピーカーが英語を話す時のイメージ、感覚を身につけることが出来るので、応用が利きます。

今回の一億人の英文法では話すための文法語法の解説をすべて網羅していることから、
大西先生の本の集大成といった感じです。

文法事項の解説は今までの本の中で一番洗練されていると思います。
ただ、前置詞や副詞(out,off,up,down)などの語彙はネイティブスピーカーシリー
...続きを読む ›
1 コメント 574人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一日で一気に読み終わりました――と書いていらっしゃるリーダーが何人かいらっしゃいますが、ぼくにはとても信じられません。こんなに中身が深い本を一気に読んじゃあだめなんじゃないかなって。早けりゃ頭が良いってことにはならないんじゃないかって。そう思えるんですが。まあ、それはいいとして。

「心が動く」から「この形になっている」。「心が動く」から「このロジックが現れる。」・・・この本では、そういう機序がしつこいほどていねいに説かれています。説明と絵(自作)とが一体となっていて、過去形は<距離感の表現>、現在完了形は<迫ってくる感じ>ということが一発で頭に入ります。それだけじゃない。例文が実に的確なんです。
a) I ate alligator tails.
b) I've eaten alligator tails.
「ワニを食べた」という内容をこうやって感覚の差異に即して表現し分けるんだよと教えてくれるわけですから、イメージのうえでどんぴしゃりと入るわけです。
つまり、説明と絵と例文の三位一体解説です。

ぼくは普段の仕事の合間にこの本を読んでいます。ニューヨークタイムズやジャパンタイムズを読みながらこの本を読んでいます。お蔭で、どんどん基礎力が確実なものとなり、ネイティブの意識を味わいながら英字新聞が読める
...続きを読む ›
コメント 194人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
いい歳をして英語熱に取り憑かれ、一から勉強し直そうと単語とともに文法もやり直し…ということで、本書を購入。

本書は、いわゆる「文法の教科書」ではなく「参考書」と捉えるべきです。
いわゆる「文法の教科書」は、体系的に漏らさず説明しようとするあまり、学術書のようになっているものもありますが、本書はその隙間を埋めるような「参考書」です。ですから、学生が本書だけで英文法を勉強するには心もとないし、危険です。あくまで正確無比な説明がある教科書をベースに、理解を助ける参考書として使われるべきであると思います。

その「参考書」としては、たしかに本書は優秀です。今まで単に「そういうものなのだ」として覚えていた文法のもともとの出自や、日本人には今ひとつイメージのわかない派生語のネイティブ的視点など、目から鱗の解説が非常に新鮮で読み物としても楽しめます。

特に、英語は「言葉の位置によって役割が決まる言語である」という説明は、言われてみれば確かにその通りですが、学校の文法ではそうした説明をしませんから、コロンブスの卵的で蒙を啓かれた気がします。

ただ、本書には索引がなく、この点だけとっても学習に使用するには少々キツイです。一度大学受験等でみっちり「勉強」として文法をやったことがあり、しばらく英語から遠ざかっていた人が知識を整理する、という目的ならば本書は最適で、オススメできます。
1 コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー