この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

一人暮らしで生きていくための任意後見入門 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2017/9/30

5つ星のうち3.1 2個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2017/9/30
¥1,650 ¥1,140
5%還元 キャッシュレス払いなら、お得 詳細

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • キャッシュレス・消費者還元5%の対象商品です。5%の還元が注文確定時に適応されます。 Amazonによる割引。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


Cyber Monday (サイバーマンデー)
今年最後のビッグセール、サイバーマンデー開催中。12月9日(月)まで。
今すぐチェック。

商品の説明

内容紹介

身寄りがいない、頼れる人もいない「おひとり様」でも、ご本人の思いにそった老後の生活・エンディングを実現することができる。家族、頼れる人のいない6人の高齢者のケースから、一人暮らしの高齢者が、施設入所・入院、死後の始末、葬儀・供養を託して、穏やかに、老後と終末期をおくる事例を紹介。とくに、お一人暮らしのがん患者のサポート実例を通して、具体的に、一人暮らしの高齢者にどんなサポートが必要かを解説。社会福祉士・介護福祉士・医療ソーシャルワーカー、地域包括支援センター、市町村の高齢福祉課、医療機関、介護事業所と市民後見人の連携で、「お一人様」をささえる。全頁イラストと図解入りで、どんな人にもやさしく、わかりやすく解説。

出版社からのコメント

『一万人を見送ったおくりびとの覚書」「任意後見信託ノート」の著者でもある大野益通の三冊目。エンディングノートに書くだけでは、おひとり様の老後を実際に守ることはできません。日々の見守り、介護、施設入所、入院、ターミナルケア、そして死後のこと・・・・・・超高齢社会においては、市民後見人と地域包括ケアの連けいで、おひとり様の高齢者を守ることになります。シビアな状況にある高齢者のサポート実例を紹介します。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 208ページ
  • 出版社: 弓立社 (2017/9/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 489667992X
  • ISBN-13: 978-4896679922
  • 発売日: 2017/9/30
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 585,458位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.1
評価の数 2
星5つ
53%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
47%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

2018年6月8日
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年12月5日
Amazonで購入