通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■帯無しです。■中身は、書き込みはございませんが、古い商品の場合淡いヤケがある場合がございます。■状態はカバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■丁寧に梱包してから迅速に発送いたします。■原則2営業日以内に発送いたします。■発送は原則ゆうめーるとなりますが、大型商品の場合はレターパック又は宅急便にて発送致します。※商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたら誠意を持って、ご対応致しますのでご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫) ペーパーバック – 2009/7/18

5つ星のうち 4.5 162件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 663

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
  • +
  • 動物農場〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)
  • +
  • すばらしい新世界〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)
総額: ¥2,549
ポイントの合計: 187pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ビッグブラザー復活! 二十世紀世界文学至高の傑作が新訳版で登場!

〈ビッグ・ブラザー〉率いる党が支配する全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは真理省記録局に勤務する党員で、歴史の改竄が仕事だった。しかし彼は、以前より完璧な屈従を強いる体制に不満を抱いていた。ある時、奔放な美女ジュリアと出会ったことを契機に、伝説的な裏切り者が組織したと噂される反政府地下活動に惹かれるようになるが……。

解説/トマス・ピンチョン(文庫版のみ)

内容(「BOOK」データベースより)

“ビッグ・ブラザー”率いる党が支配する全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは真理省記録局に勤務する党員で、歴史の改竄が仕事だった。彼は、完璧な屈従を強いる体制に以前より不満を抱いていた。ある時、奔放な美女ジュリアと恋に落ちたことを契機に、彼は伝説的な裏切り者が組織したと噂される反政府地下活動に惹かれるようになるが…。二十世紀世界文学の最高傑作が新訳版で登場。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 512ページ
  • 出版社: 早川書房; 新訳版 (2009/7/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4151200533
  • ISBN-13: 978-4151200533
  • 発売日: 2009/7/18
  • 商品パッケージの寸法: 10.7 x 2.3 x 15.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 162件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 513位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
だれも気づいていないのでしょうか? 

以前、わたしは原書、新庄哲夫訳、高橋和久訳 の3つを読み比べました。
すると、高橋訳では、ある箇所が訳されていないことに気づきました。
わたしの持っているのは初版、第1刷(2009年、7月発行)だったので、
そんなケアレスミスはきっと誰かがすぐに気づくはずだし、増刷されていくうちに訂正されるだろうと思って、
そのことはほとんど忘れていました。

そして、つい先日、たまたま本屋でこの本が目についたので、そのことを思い出しました。
手に取ってみると、第17刷(2013年、4月15日)でした。
もう第1刷から数年経っているので、さすがに訂正されているだろう・・・・・
と思いきや、なんと、まだ直っていない。

その箇所とは、第一部の8章で、ウィンストン・スミスが古道具屋のチャリントンと会話する場面。
152ページの7行目と8行目の間に、チャリントンが発言している文章がありません。
その抜けている原文はこれです。

'St Martin's-in-the-Fields it used to be called,' supplemented the old man,
'thou
...続きを読む ›
1 コメント 475人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
これだけレビュー数が多くて5.0に近いということからも、いかにこの作品が興味深いか分かります。
SFといっても奇想天外な科学技術はほとんど出てこず、むしろ退廃的で、実際に書かれた1948年(アナグラム)から夢想しても尚、文明進化が見られません。 しかし物語を読み進めるにつれ、その理由が判明する・・・。
個人的にこの物語で最も心を奪われたのは、舞台背景と核心を突く、作中に登場する或る書物の記述。どうしてこういう社会なのか、を論理的に語っています。その設定の見事さと同時に、これは実社会に照らしても真実なのでは・・・という疑念が湧き上がってくるのです。
「権力を持って富裕を得ることが目標ではない、権力そのものが目的である」「無思考こそ階層社会の基盤」といった概念だけでなく、科学的物質論ですら「無いと思えば無い」という一見暴論だが説得力ある解説でぐうの音も出ず、遂には「本当に戦争をしているかどうかは問題ではない」・・・・
実社会に照らして、実はどれもあてはまるのではないか、と思わせる迫力と論理構成。確かに今の日本は民主主義ですが、これだけ政治に無関心無気力な国民が大多数なこと、世界はWebを介して情報がリアルに届くはずなのに物理的距離感は埋まらず、隣国の戦争も実態が分からない、格差社会が広がり本当の富裕層こそが国を動かしているのではないか・・・とさえ
...続きを読む ›
コメント 256人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
前版の新庄訳に長年親しんできたのですが、新訳の出来映えが気になり購入。

感想としては、以前の訳よりかなり柔らかい雰囲気です。
一旦訳文に慣れてしまえば、すらすらと先に読み進められます。
とはいえ、古典の風格もしっかりと失われずに残っており、
全体的には好印象でした。

英語をベースとする新言語ニュースピークの処理ついては
前訳を部分的に引き継ぎながらも、「偉大な兄弟」が
「ビッグ・ブラザー」になっていたりと、現代的に変更されています。
このあたりは当然のアップデートと言えるでしょう。

また、トマス・ピンチョンの解説を読んで、監視社会や全体主義への
警鐘といった政治的な意味合いだけなく、ラブストーリーとしての
骨格がしっかりあるんだなという事に気付きました。さらには、以前は
読み飛ばしていた付録部分をめぐるピンチョンの新解釈も斬新でしたが、
彼に賛同できるかどうかは意見が割れるかもしれません。
私は心情的には、ピンチョンの希望に満ちた解釈に賛成したいです。

この本の「文学的賞味期限」はまだまだ続くはずです。
このような新訳で読めるようになるのは、幸せなことだと思います。
コメント 228人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
1949年に出版された本書は、もはや古典と呼ばれても差し支えないほどの時間の試練を経たと実感しました。
設定されている1984年でさえもう大昔の話のようですもんね。戦後すぐに出版された本書がどのように読まれたのか私は知らないのですが、21世紀になってこの本を手にした感想は、まずSF小説というよりむしろ現代社会では極めて想像しやすく、読みやすい書物になっているということでした。
テレスクリーンによる監視社会という設定は現実味を帯びているように思いますが、私が最も興味(そして恐怖)をもったのは、2050年までという長期間に設定されたオールドスピークからニュースピークへの言語の移行という戦略でした。
オーウェルは長い付録の中で執拗に、ニュースピークの語彙がどのように編纂されているか、を退屈で冗長なほどに書き込みます。例えば、自由という言葉は「その畑は雑草から自由である」という使い方のみが許されて、「政治的に自由な」「知的な自由な」という意味が失われます。

言葉自体が消滅し、その意味が失われると、人々はその言葉がさしていた思考概念そのものを失います。
つまり他の言語と異なり年々語彙が減少する利益とは、語彙の「選択範囲が狭まれば狭まるほど、何かを熟考しようとする誘惑が小さくなる(468頁)」こと。
そしてこれこそがビック
...続きを読む ›
1 コメント 156人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー