通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫) ペーパーバック – 2009/7/18

5つ星のうち 4.5 173件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 537
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
  • +
  • アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
総額: ¥1,728
ポイントの合計: 53pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

ビッグブラザー復活! 二十世紀世界文学至高の傑作が新訳版で登場!

〈ビッグ・ブラザー〉率いる党が支配する全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは真理省記録局に勤務する党員で、歴史の改竄が仕事だった。しかし彼は、以前より完璧な屈従を強いる体制に不満を抱いていた。ある時、奔放な美女ジュリアと出会ったことを契機に、伝説的な裏切り者が組織したと噂される反政府地下活動に惹かれるようになるが……。

解説/トマス・ピンチョン(文庫版のみ)

内容(「BOOK」データベースより)

“ビッグ・ブラザー”率いる党が支配する全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは真理省記録局に勤務する党員で、歴史の改竄が仕事だった。彼は、完璧な屈従を強いる体制に以前より不満を抱いていた。ある時、奔放な美女ジュリアと恋に落ちたことを契機に、彼は伝説的な裏切り者が組織したと噂される反政府地下活動に惹かれるようになるが…。二十世紀世界文学の最高傑作が新訳版で登場。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 512ページ
  • 出版社: 早川書房; 新訳版 (2009/7/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4151200533
  • ISBN-13: 978-4151200533
  • 発売日: 2009/7/18
  • 商品パッケージの寸法: 10.7 x 2.3 x 15.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 173件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 607位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
現代人の戦慄の必読書。怖いのだけれど、面白い。一気に読んでしまう。オーウェルの悪夢の世界の緻密さに舌をまく。こんな世界にしては絶対にいけないのに、何て、現代と重なるのだろう・・・。
「正気かどうかは統計上の問題ではない」
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
本書『1984年』(原題 Nineteen Eighty-Four)は、イギリス人作家ジョージ・オーウェル(1903 - 1950)による1949年の作品。

訳者解説によると、本国イギリスでは「読んだふり本」第1位に選ばれたこともあるようで(古典名作を既読したふりをするという見栄のはり方は洋の東西を問わないのだなと笑ってしまいます)、同じく自分もこれまで読んでいないのにあまりに有名なのでなんとなく読んだ気になっていました。
kindleだと手軽に購入できるうえフォントも見やすいので、今回はじめて読んでみました。

作中の世界観やおおまかな話の筋はかなり知られているのでここには記さないけど、現在でも依然として説得力を持ちうる作品なのが驚きでした。
オーウェル自身が生きた時代よりも後の時代を想定して描き、現在ではその年代設定が数十年も越えられてしまったSFにもかかわらず。そして第二次世界大戦の戦禍の記憶がいまだ生々しく残り、“西側諸国” が新たな “敵” として共産主義圏と対峙していた時代を色濃く反映した政治性の強い作品にもかかわらず、です。

もちろん古典文学を読むつねとして、古くささを感じるところがありますし、書かれた時代を斟酌する必要があるところも否定できません。それでも執筆されてから半世紀以上経た
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 na5069wv 投稿日 2015/5/2
形式: ペーパーバック Amazonで購入
20世紀を代表するディストピア小説。読んでその通りだと思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
怖いですね。
本当に怖いです。
血がドバッと飛び散ったり目玉をくりぬいたりする描写が過激なだけの下手なホラーよりずっと怖いです。
描写だけで怖がらせるホラーはふーんといった感じで飛ばし読みしてしまうのですが、これは脳に浸透する怖さ。

一人の人間の考えを変えるためにそこまで大がかりなことやんの?などと野暮なことはいわず最後まで読んでください。
よくラストであなたは騙される的な、やっすいミステリーの宣伝文句があります。そうですね、何度騙されたことか。その宣伝文句に。
この本のラスト一行ほどに驚愕した本は今までにありません。自分の人間の信念とか思想とか信じてきたものって一体なんだったの?と思います。

1984はとっくに過ぎ去ってしまいました。この本がモデルにした国も今は崩壊しました。
でも世界のどこかでこの国で行われていることが行われているはずと読後は疑心暗鬼になってしまいます。
実際にこの国だって震災後いろんなことを隠しまくっているんですから。

この本はイギリス人にとって本当は読んでいないのに他人に読んだことがあるという本、いわゆる「知ったか本」No.1だそうです。国文学科の学生にとっての「源氏本」のようなものですね。或いはロシア文学科の「カラマーゾフ
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
いつか読もうと思いつつ、20年以上が過ぎた。しかし、20年前に読んでも実感がなかったかも知れない。今読んでちょうど良い。今まさに、オーウェルの世界が進行中であることが分かる。
真理省によって改竄されてしまうか、発禁になる前に読むべき一冊。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
人間と権力の本質がよく描かれてるなぁ。
ここまで徹底して考え抜くのはすごいことだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
一章で国家が崩壊したことを暗示させる表現方法が圧巻であった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
 大学生だった1984年に本書を買ったが、読んだかどうかは覚えていない。2011年になって再度なのかもしれないが読んだところだ。感想は二点だ。

 一点目。
 監視社会を描いた映画や小説をいくつか鑑賞したが、そのどれもに本書が圧倒的に影響を与えていることが良く分かった。1947年という段階で、あれだけの未来像を提出されては、どうしょうもないということなのだろうか。逆に言うと、本書を超える「新しさ」を持った「監視社会」を描けていないのも、この60年余の人類の歴史である。オーウェルの天才と一言で言うのは簡単かもしれない。但し、それで片付けるべきではない気もする。それほど、今なお、本書は新鮮で、活き活きしているということだ。

 
 二点目。
 1947年当時の人と2011年の僕らが居る。本書を読んで、より切実に感じる人はどちらなのかという問いを考えてみる。自分が後者であるからという「ひいき目」もあろうが、今の僕らの方が本書を読んでいて、より恐怖心を感じるような気がしてならない。

 例えば、本書で描かれる「テレスクリーン」とは、簡単な例で言うと、監視カメラという形で僕らの身の周りにある。セコムのような監視システムは、「組織が個人を見張る」という以上に「個人として組織に見張って貰う」という趣旨だと理
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー