¥ 929
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫) ペーパーバック – 2009/7/18

5つ星のうち 4.5 169件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 600

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
  • +
  • 動物農場〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)
  • +
  • アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
総額: ¥2,484
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ビッグブラザー復活! 二十世紀世界文学至高の傑作が新訳版で登場!

〈ビッグ・ブラザー〉率いる党が支配する全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは真理省記録局に勤務する党員で、歴史の改竄が仕事だった。しかし彼は、以前より完璧な屈従を強いる体制に不満を抱いていた。ある時、奔放な美女ジュリアと出会ったことを契機に、伝説的な裏切り者が組織したと噂される反政府地下活動に惹かれるようになるが……。

解説/トマス・ピンチョン(文庫版のみ)

内容(「BOOK」データベースより)

“ビッグ・ブラザー”率いる党が支配する全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは真理省記録局に勤務する党員で、歴史の改竄が仕事だった。彼は、完璧な屈従を強いる体制に以前より不満を抱いていた。ある時、奔放な美女ジュリアと恋に落ちたことを契機に、彼は伝説的な裏切り者が組織したと噂される反政府地下活動に惹かれるようになるが…。二十世紀世界文学の最高傑作が新訳版で登場。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 512ページ
  • 出版社: 早川書房; 新訳版 (2009/7/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4151200533
  • ISBN-13: 978-4151200533
  • 発売日: 2009/7/18
  • 商品パッケージの寸法: 10.7 x 2.3 x 15.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 169件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 229位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
現代人の戦慄の必読書。怖いのだけれど、面白い。一気に読んでしまう。オーウェルの悪夢の世界の緻密さに舌をまく。こんな世界にしては絶対にいけないのに、何て、現代と重なるのだろう・・・。
「正気かどうかは統計上の問題ではない」
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
一章で国家が崩壊したことを暗示させる表現方法が圧巻であった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
ファシズム的な雰囲気が今の時代を覆っている昨今。この作品の持つ意味がまさに
光を放っているもの思う。とにかく必読の書!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sennotaba トップ1000レビュアー 投稿日 2015/5/18
形式: Kindle版 Amazonで購入
粗悪品の酒や食べものはイヤな臭いを放ち、すべての物資が乏しいため清潔な生活をおくることもままならない。
ひとびとの顔は感情や思考を悟られぬよう仮面のようにこわばっている。
かつて世界はこんな風ではなかったはずだ・・・
ウィンストン・スミスはぬぐいがたい思いにとらわれ、禁じられた行為のひとつである「日記をつけること」を始める・・・この世界では自由に読むことも書くことも禁じられている。

ディストピア小説として名高い本書は、80年代の冷戦時代の社会情勢を反映しているようだ。
特に全体主義の恐怖を、思考実験ともいえる精密さで掘り下げ、突き詰めていったオーウェルの力量の凄まじさに感服する。(その思想を一目瞭然にあらわす新しい言語まで作ってしまったのだ!)
またそれで恐怖を感じるだけにとどまらず、痛烈なブラックユーモアとしても読むことが可能だと思った。
終盤に出てくる、おぞましい政治のカリカチュアと個人の対峙は、ありえない禅問答を繰り広げていて、いっそ痛快でさえある。

そして更に、非常に面白い小説でもあるのだ!
予備知識ナシで本書を読んだのだが、主人公の五感にシンクロして読んだ。
すべてを取り上げられた人間がひとつずつ大切なものを取り戻してゆく軌跡を読者は追ってゆくことに
...続きを読む ›
2 コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
2013年6月に複数のメディアを通じて、アメリカ国家安全保障局(NSA)による大規模な監視プログラムの存在を暴露したスノーデン氏による内部告発事件は記憶に新しい。その内容はNSAが合衆国内のインターネット・電話回線の大規模な傍受を行っていたというもので、そのためにベライゾン等の大手通信事業者、MicrosoftやGoogle・Skypeといった大手IT業者が協力したということも明らかになっている。さらには合衆国内に留まらず日本を含む38カ国の大使館に対しても盗聴を行っており、国家による大規模監視プログラムの存在が明らかになったとして大騒動になった。

この時に引き合いに出されたのが「一九八四年」である。本書は第二次世界大戦直後の1949年に刊行され、冷戦時代には反共主義者が好んで引用したと言われている。その内容は簡潔にまとめると、次のようになる(オチは伏せる)。

科学技術の発達によって多くの問題が解決され人類が「進歩」を必要としなくなった時代、世界は3つの国に別れ、それぞれを全体主義的な統治機構が支配していた。そこでは隠しマイクやカメラによる徹底的な監視がなされ、統治機構に反抗するような行為・思想は全て弾圧されていた。しかし科学技術は人の思考を直接制御できるまでには発達しておらず、主人公はある時社会のあり方について疑問を覚えるようになり、同
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 na5069wv 投稿日 2015/5/2
形式: ペーパーバック Amazonで購入
20世紀を代表するディストピア小説。読んでその通りだと思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
本書『1984年』(原題 Nineteen Eighty-Four)は、イギリス人作家ジョージ・オーウェル(1903 - 1950)による1949年の作品。

訳者解説によると、本国イギリスでは「読んだふり本」第1位に選ばれたこともあるようで(古典名作を既読したふりをするという見栄のはり方は洋の東西を問わないのだなと笑ってしまいます)、同じく自分もこれまで読んでいないのにあまりに有名なのでなんとなく読んだ気になっていました。
kindleだと手軽に購入できるうえフォントも見やすいので、今回はじめて読んでみました。

作中の世界観やおおまかな話の筋はかなり知られているのでここには記さないけど、現在でも依然として説得力を持ちうる作品なのが驚きでした。
オーウェル自身が生きた時代よりも後の時代を想定して描き、現在ではその年代設定が数十年も越えられてしまったSFにもかかわらず。そして第二次世界大戦の戦禍の記憶がいまだ生々しく残り、“西側諸国” が新たな “敵” として共産主義圏と対峙していた時代を色濃く反映した政治性の強い作品にもかかわらず、です。

もちろん古典文学を読むつねとして、古くささを感じるところがありますし、書かれた時代を斟酌する必要があるところも否定できません。それでも執筆されてから半世紀以上経た
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー