プリンセスナイトメア がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装またはエアクッション包装でお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,380
+ 関東への配送料無料
発売元: 大和文庫 不二見店 毎日発送
カートに入れる
¥ 3,900
+ ¥ 756 関東への配送料
発売元: Suzu Toys
カートに入れる
¥ 5,600
+ ¥ 340 関東への配送料
発売元: 赤マムシ堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

プリンセスナイトメア

プラットフォーム : PlayStation2
5つ星のうち 3.6 26件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,344
価格: ¥ 4,780 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,564 (35%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、美濃物産~ネットストア~【365日発送対応】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換が利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 3,900より 中古品の出品:22¥ 1より

Amazonランキング 売れ筋ゲーム
Amazon.co.jpの売れ筋ランキングでゲームのベストセラーをチェック。ランキングは1時間ごとに更新されます。 今すぐチェック

キャンペーンおよび追加情報


  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • プリンセスナイトメア
  • +
  • プリンセスナイトメア キャラクターソングコレクションアルバム 悪しき者の晩餐会
総額: ¥8,020
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • ASIN: B00133GICW
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2008/5/22
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 30,261位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

●紅き瞳は慈悲深きマリアか、罪深きイブか・・・
プリンセスナイトメアとは、バンパイアの主人公「リトル・ドラクレア」となって、手下であるウェアウルフやフランケンを従えながら、悪いヘルシング教授と戦う、新感覚の乙女ゲームです。もちろん、手下やヘルシング教授、自分をドラキュラにした本家ドラクレア伯爵との恋愛を楽しむこともできます。

●わがままで欲張りな恋愛と冒険を!
恋の相手はバンパイアをはじめ魔界の血を持つファンタジックなキャラクター。単純なラブコメではなく、波乱万丈の恋と戦い・冒険の末に、幸せを選んだり、果てには悪の女王サマに・・・なんてこともできます。 また悲劇のヒロイン、稀代の悪女など、ゴシックにふさわしい女性が劇中劇の形で多数登場します。ユーザーは、その生き方に触れながらヒロインとともに、自分の道を選びます。

●女性向けゲームの中でも、かつてない個性を持つヒロインが登場
誰もが持っている、わがままや本音、エゴイズムを、嫌味のない程度に表現し、変身願望を叶えつつも、痛快な展開を目指します。憧れの古式ゆかしい洋館の一室に、ビクトリア朝のインテリア、クローゼットなど、女の子なら一度は憧れる、お姫さまのようなステキな暮らしを体験できます。

●新規CG、追加シナリオの大幅増量でPC版では攻略できなかった人気キャラが攻略可能に
さらにPS2版独自の演出「お風呂システム」として、章の最後に好感度の高いキャラクターを思い出す機能を追加。追加スチル40枚以上。人気投票に基づいた追加EDを用意。人気声優による新主題歌や新OPムービーも追加しています。


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

PC版は未プレイです。
キャラ逹が魅力的で世界観も好きです。

しかし、あり得ない矛盾が沢山あります。
犬飼が妖魔だと知ってる筈の真治が、変身した犬飼を見て今まで知らなかった事になってたり、リトルがキスした事あるのにキスは初めてだと言ったり(嘘ついてるのかも?)、パパの奥さんの死因がパパが話したのと過去の回想と全く違っていたり、死んだ人が生きてたり(汗)、互いに好き合ってると知ってる筈の由香がハロウィンイベントで犬飼と手繋いで「犬飼君はリトルちゃんが好きなんだと思った」と少しラブっぽかったりも…その他、書ききれないくらい沢山あります。
矛盾も…ですが、全体的にシナリオの統合性が取れていないので、書いている事を振り返らずどんどんシナリオを書いたって印象で、引っかかる部分が多すぎます。

一番、酷いなぁと思うのはPC版からの移植なのにこれらの修正を全くしてない事です。ユーザーから矛盾の指摘はされてる筈です。スチルやシナリオ(プリンスとチェシャは他キャラの派生なんでボリューム少)を増やすよりもあからさまにおかしい部分の修正くらいはした方が良かったのでは…と言うか、自分はPC版に矛盾があるのは知っていたのですが、まさか修正が入っていないとは思いませんでした(勝手な思い込みだけど普通は修正すると思うので…)。
<
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
フルコンプしました。
PC版は購入したもののすぐにPS2版がでるとわかりクリアしていなかったので、
ほぼ初めてですがよかったです。

設定が特殊なせいか、初めの共通ルートは長く感じますが2回目以降はスキップでサクサク
進むので2日でフルコンプ可能でした。
(はじめにヘル男をクリアしてアンプルを入手してしまったため、
あやうくはじめからフランのハッピーEDにいくかもとドキドキしましたが)

ストーリにいくつか矛盾がありましたが、トータルでみて甘さも程よく
シリアスとギャグが混在していたので私的には大満足です。

追加されたプリンスとチェシャ、フランEDもよかったと思います。

しいて不満点を挙げるならば
・セーブのボタンがどっちかわかりづらい
・音量にばらつきがある(歌とか声が急にちっちゃくなる)
・シーン回想が誰のルートかわかりづらい(文字が見づらいし)
・ムラサメ、ハーレム(大団円)EDも作ってほしかった
・EDとOPの歌のシーン再生も入れてほしい(EDがよかったので)

おもにシステム面ですね
攻略はそんなに難しくなかったと思うので気楽に楽しめる良いゲームだと思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 9610 投稿日 2008/5/28
声が聞き取りずらいです。囁きや呟き系の声が全く聞こえませんでした。PC版では、そのような事が無かったので残念でした。
新規追加イベントは、とても良かったです。ただストーリーに矛盾が多く、結構気になります。
それでもキャラクターが魅力的なので個人的には好きな作品です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ゴスロリヴァンパイアの主人公・リトルを筆頭にキャラ設定がとにかく濃い作品です。
まずヴァンパイアのヒロインが学校に通いたい!とスクールライフが始まる展開からしてスゴイ(笑)
攻略キャラもヴァンパイアの義兄に義父、狼男、訳アリ生徒会長、ハンター、幽霊、対魔物兵器、使い魔に魔界の王子まで…!
物凄いメンツです。
メインキャラの立ち絵パターンも豊富だし、チョイ役のモブキャラや妖魔にもかなりのイラストが用意されています。
スチルによってキャラの顔が違ったりとバラツキはありますが、彩色はとても綺麗です。
声は主人公含めてフルボイス仕様。
主人公の名前は変更不可ですが、キャラボイスは個別にON・OFFが出来ます。
システムはクイックロード&セーブとバックログやオート/既読スキップがありますが微妙に使いづらく、スチル閲覧とシーン回想もキャラや√別にまとまってないのが残念でした。
シーン回想はEDやタイトルにキャラの名前が入ってないものはどの部分か分かりにくかったですし、スチルも差分は一つにまとめてボタン押しで変化が見たかったです。
プリンセス・ナイトメアは主人公リトルの個性も作品の面白さの一つになっているので、主人公=自分でプレイしたい方やリトルのキャラが苦手な方はご注意を。立ち絵もスチルも主人公
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー