ヴォラーレ ~ザ・ヴォイス2 がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,450
通常配送無料 詳細
発売元: AceBOOKS
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ヴォラーレ ~ザ・ヴォイス2

5つ星のうち 4.7 13件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,621
価格: ¥ 2,450 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 171 (7%)
ポイント: 74pt  (3%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、マルイ本店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 2,450より 中古品の出品:20¥ 255より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ラッセル・ワトソン ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • 演奏: ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団, ニューヨーク・トレック・オーケストラ, ロンドン・セッション・オーケストラ
  • 指揮: ヘイワード(ウィリアム), ラボック(ジョン), イングマン(ニック)
  • CD (2002/6/26)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 収録時間: 69 分
  • ASIN: B0000677HD
  • EAN: 4988005303219
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 322,713位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 行け、わが思いよ、黄金の翼にのって (歌劇≪ナブッコ≫より)
  2. ヴォラーレ
  3. プレイヤー duet with ルル
  4. オ・ソレ・ミオ
  5. アヴェ・マリア
  6. マティナータ
  7. ペラギアの歌 (映画『コレリ大尉のマンドリン』より)
  8. ユー・アー・ソー・ビューティフル
  9. サムホェア (ミュージカル≪ウェスト・サイド・ストーリー≫より)
  10. 冷たい手を (歌劇≪ラ・ボエーム≫より)
  11. 星は光りぬ (歌劇≪トスカ≫より)
  12. マジック・オブ・ラヴ duet with ライオネル・リッチー
  13. キャッチ・ザ・ティアーズ
  14. ロスト・イン・ザ・スノウ
  15. 清きアイーダ (歌劇≪アイーダ≫より)
  16. ホェア・マイ・ハート・ウィル・テイク・ミー (『スター・トレック』テーマ)
  17. サムワン・ライク・ユー duet with フェイ・トーザー (Bonus Track)
  18. (エンハンスド)サムワン・ライク・ユー (フェイ・トーザーとのプロモーション・ビデオ映像)

商品の説明

Amazonレビュー

   デビューアルバムから1年くらいかかっただろうか。オペラの名曲とポップス曲をミックス収録した『ヴォラーレ~ザ・ヴォイス2』でラッセル・ワトソンが帰ってきた。前作『ザ・ヴォイス』はミリオン・セラーを軽く突破し、いまだにセールスを伸ばしている。今やすっかりその名声を確立し、UKのみならずアメリカでも成功を収めたかっこうだ。
   本作では、永遠の名曲バッハ/グノーの<5>から、スター・トレックの最新シリーズ「エンタープライズ」のテーマ曲<16>まで幅広く選曲。ソング・リストにはプッチーニやヴェルディが、ルルやライオネル・リッチーと肩を並べている。今回は、オペラ、古典曲、テレビ・映画音楽そしてポップスと、前作より守備範囲がさらに広がった。
   <1>などのオーケストラ・アレンジの曲でオペラ・ファンの心をつかむことはできないかもしれないが、<8>や <14>などのポップ・バラードを聴いたら、もう彼の声が頭を離れないだろう。前作が気に入った人には、こちらも絶対におすすめだ。(Rebecca Agnew, Amazon.co.uk)

メディア掲載レビューほか

イギリスの男性ヴォーカリスト、ラッセル・ワトソンの『ザ・ヴォイス』に続く、セカンド・アルバム。「プレイヤー」「キャッチ・ザ・ティアーズ」他、全16曲を収録。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2002/11/26
形式: CD
私が初めて彼の声を聞いたのは、英国に留学中の'99年、あるTV番組に彼がゲストで出演し、ミゼレレを歌った時です。けして大きくはないあの体のどこにあれほどの声量を秘めているのでしょうか。その場から動けず鳥肌が立ちました。彼の才能はそれだけではなく、イタリア語で歌うときの彼のイタリア語は、生粋のイタリア人が彼をイタリア人だと、信じ込んだほど。アクセント、発音は完璧で、友達と彼の出身をめぐってもめたほどです。日本でもファンが増えつつあることを知り、とても嬉しく思います。彼の声によって、日本でもクラシックがもっと広く聞かれるようになればと思います。
"The Voice" タイトルどおり彼の「声」は、人を癒す力があると思います。
もちろん1st アルバム "The Voice"も推薦します。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
彼を通して始めて、世界にはこんないい歌があるのだと知らされる。日本のビールのCMで軽快に流れていた曲『ヴォラーレ』を、ラッセルはひと味違うのびやかな歌声で、より高く雄大な青空を表現している。そんな彼の歌声は限りなく陽気であたたかい。「サムワンライクユー」では恋人を包み込むようなデュエットを、「ロストインザスノウ」では友達
を優しく励ますように歌う。その声は時に限りなく愉快で、時には切ない。こんなにも歌に変幻自在に情感を表現しうる人を他には知らない。このセカンドでは、彼のデビューアルバムからさらに一気に飛躍的に余すところなく彼の魅力がのびやかに花開いていると思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
様々なジャンルの名歌を魅力的な声で聞かせるスタイルは第1作を引き継いでいる。少なくとも、特定の領域に拘らず、声で勝負という流れが続きそうである。歌唱法も、オペラ、歌曲、ボピュラー、スタンダード、ナポリタンと自然に使い分けている。時に1人の声なのかと驚くこともあるが、それも魅力の1つかもしれない。色々な領域の曲が一緒になっているため、選曲の必然性や統一感に欠けるという印象を受けるかもしれないが、タイトル通り、曲目にあまり拘らず、流れてくる声そのものを楽しめば良いのであろう。しかし、まだ若く声質も変化すると思われるので、適性を見失ったり、早くから老成して小器用なクロスオーバー歌手になったりはしないで欲しい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/7/8
形式: CD
 å¾...ちにå¾...ったラッセル ワトソンのï¼'作目が出まã-た。
デãƒ"ューアルバムと同じくまったく期å¾...ã‚'裏切らないすばらã-い出来です。 オペラのアリアからポッãƒ-ス、自作の曲まで自在に歌いã"なす、まさにã‚'ールデン ãƒ'ォイスの持ち主です。 また多彩なアーチストとデュエットã-ているのも大きなé­...力のひとつですね。
 彼の歌はどれもとても伸びやかに歌われていて何回&egra
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みふゆ 投稿日 2002/11/1
形式: CD
相変わらずの巧さと情感のある歌声は健在で、聴いているとほっとします。
私が一番好きな曲は冒頭の"行けわが思いよ、黄金の翼に乗って"です。この曲は本来ヴェルディのオペラ"ナブッコ"のアリアなのですが、イタリア語の歌詞をオペラ歌唱の声で、英語の歌詞をポップス歌唱の声で歌うという、前作"ザ・ヴォイス"の"ミゼレーレ"で使った一人デュエットの技を使い、クラシックともポップスともつかない美しい歌に仕上げています。
ライオネル・リッチーとのデュエット"マジック オブ ラブ"も聴き応えがあります。
惜しいなと感じたのは、3曲目の"プレイヤー"です。イギリスの歌手ルルとのデュエットなのですが、この人の声は骨太のちょっと潰れた感じでジャズっぽい曲向きなので"プレイヤー"を唄うには違和感がありました。個人的な願望を言えばサラ・ブライトマンあたりと演って欲しかったところです。
全体に前作に比べて、クラシックの比重が高くなっているようです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック