この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヴォイツェク ダントンの死 レンツ (岩波文庫) 文庫 – 2006/10/17

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,000
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ドイツの自然科学者・劇作家ビューヒナーは、23歳と4カ月の短い生涯を彗星のごとく全力で駆け抜けた。残された作品はわずかだが、いずれもずば抜けた先駆性を持っている。その一切の規定を拒む“規格外”の作品は、不死鳥のように永遠の若さを保ち、新たな輝きを放ち続けるだろう。戯曲2篇、短篇小説1篇。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ビューヒナー
1813年10月17日、カール・ゲオルク・ビューヒナー、医師エルンスト・カール・ビューヒナーの長男として、ヘッセン大公領の首都ダルムシュタット近郊のゴッデラウに生まれる。1825年(12歳)ルートヴィヒ・ゲオルク・ギムナジウムに入学。1831年(18歳)ギムナジウムを卒業、大学入学資格を得る。11月、フランス領のストラスブール大学医学部に入学。1834年(21歳)1月、ギーセン大学に戻る。3月から4月にかけて、ギーセンに人権協会を設立する。1835年(22歳)2月28日、ダルムシュタットの拘置所に出頭命令を受け、3月1日にダルムシュタットを脱出、1837年1月、チフスに罹患。2月19日に死亡(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 378ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2006/10/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003246918
  • ISBN-13: 978-4003246917
  • 発売日: 2006/10/17
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 441,333位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 アイアス トップ1000レビュアー 投稿日 2008/1/23
形式: 文庫
 『ダントンの死』、この作品の持つ途方もない魅力に圧倒された。
 人の力にはとうてい及ばない運命の存在を感じ、同時に革命への情熱を失い、抜け殻のようになってしまった英雄ダントンの姿をひたすらに追求したこの作品は、もはや単なる革命劇を超えて普遍性を獲得している。そこにあるのは一種、ギリシア劇の主人公にも近い男の姿である。
 かつての盟友ロベスピエールとの相克、デムーランやラクロワなどの魅力的な同志たちの怒りと嘆き、女たちの烈しい生き方。これらのすべてがひとつの劇の中に納まり、宇宙的な広がりを見せる。
 この作品をビューヒナーは21歳の時に、それも五週間で書き上げたという。これが天才というものか。彼が長く生きていたら、いくつもの素晴らしい作品を残したことだろうに。併収の『ヴォイツェク』『レンツ』も読みやすいとは言えないが、非常に強靭な作品であることは疑いない。

 解説の岩淵氏は高齡のはずであるが非常に綿密な解説を残しており、これほど読むのに有益な文もないかと思う。そして「ダントンの死はおそらく今後も日本では上演されないだろう」という指摘はおそらく真実を突いている。この劇の本質を評価する土壌が日本にはないように感じる。それを思うといくらか寂しくもある。
 ともあれ、これを文庫という求めやすい形で出してくれた岩波書店に感謝したい。ぜひ手にとって欲しい。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 レンツを読んだとき、主人公の青年が山越えをしているときに、まるで人体が解体して自然界と一体になるような描写は詩人ツェランの言語解体の先駆ともいえるもので、映像を喚起する言葉の数々はかならず胸に迫ります、このような本が広く読まれるような国になれば、もっと美しい国になるだろうと思いました。 
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告