ヴェルディ:歌劇≪リゴレット≫ [Blu-ray] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ヴェルディ:歌劇≪リゴレット≫ [Blu-ray]

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,400
価格: ¥ 4,945 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 455 (8%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 4,802より 中古品の出品:1¥ 4,650より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【キングDVDマーケット】 ももいろクローバーZのライブDVDやアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ほか、新着タイトルや人気ランキング、キングレコードのミュージックやアニメなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: ヌッチ(レオ), マチャイーゼ(ニーノ), デムーロ(フランチェスコ), パルマ王立劇場合唱団
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2013/06/26
  • 時間: 130 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00CFPFCVU
  • JAN: 4988003819019
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 156,050位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

2008年にパルマ王立歌劇場で行われたヴェルディの歌劇「リゴレット」をBD化。イタリアの人間国宝的存在、レオ・ヌッチとニーノ・マチャイーゼによる第2幕の二重唱は、アンコールでも歌われるほどの人気。特典映像を収録するほか、日本語解説書を封入。

内容(「Oricon」データベースより)

ヴェルディ生誕200年企画。高画質&高音質で楽しめるブルーレイ!!

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 鯖鰺大根 トップ500レビュアー 投稿日 2016/2/21
ヴェルディの「リゴレット」というと、長く食指の動かないオペラだった。どうにも筋立てがアホらしく、ついていけない。たしかに音楽はいいのだが、あれは子供だましだろうと考えていたのだが、このパルマげ劇場版を見て、小生の考えがあまりにも狭量であったことを知ったしだい。リゴレット役のレオ・ヌッチはもちろんよいが、娘ジルダを演じるマチャイゼがいい。マチャイゼは、細身の美人さんのうえ、声もいいし、感情表現に切なさがある。その彼女が、父の禁止にも関わらず、デムウロの演じるマントヴァ公を愛してしまう。デムウロのマントヴァ公は、いかにも女たらしのイケメンで、野卑と知がともに備わった魅力があり、その正体を知りつつも、愛を捨てられない。そこから悲劇に至る過程は、横から見ればなんともアホらしく、おまけに恐ろしい偶然を伴うものだが、彼らのうねるような重唱に引き込まれると、もう身を乗り出さずにはいられない。重唱の場面は緊迫し、感情の交錯は息苦しくも、美しい。
また、パルマ劇場版の演出は、正統派だが、エグいリアルを大事にしている。マントヴァ公の周囲に集まる貴族は、半ならず者のどうしようもない連中だ。その退嬰的な雰囲気が、のちに起きる悲劇の悲劇度を結果的に引き上げている。途中、モンテローネの娘が、リゴレットによって一瞬すっぽんぽんにされる瞬間は眼福であるとともに、権力側にある者の横暴、むごたらしさをうまく
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
昨年の10月にNHKホールで聴きました。この撮影より5年も経過しているのに、少しも衰えを感じさせない声と演技でした。彼の声をまだまだライブで聴けることを楽しみに生きていきます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告