Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 77の割引 (12%)

(税込)
ポイント : 100pt (18%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[幸村誠]のヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンコミックス)
Kindle App Ad

ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.7 45件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] ヴィンランド・サガ(アフタヌーンコミックス)の19の第1巻

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 617 ¥ 1

紙の本の長さ: 220ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

千年期の終わり頃、あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした最強の民族、ヴァイキング。そのなかにあってなお、最強と謳われた伝説の戦士が息子をひとり授かった。トルフィンと名づけられた彼は、幼くして戦場を生き場所とし、血煙の彼方に幻の大陸“ヴィンランド”を目指す!! 『プラネテス』の幸村誠が描く最強民族(ヴァイキング)叙事詩、堂々登場!

????????? / ???????????????????????????

『プラネテス』の幸村誠が描く最強民族(ヴァイキング)叙事詩
本当の戦士の物語。
千年期の終わり頃、あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした最強の民族、ヴァイキング。
その中にあってなお、最強と謳われた伝説の戦士が息子をひとり授かった。
トルフィンと名づけられた彼は、幼くして戦場を生き場所とし、血煙の彼方に幻の大陸“ヴィンランド”を目指す!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 63035 KB
  • 紙の本の長さ: 220 ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/8/23)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009KYCEVA
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 45件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
彼らはしがみつくことをやめ 船で 広い世界へ広がっていった ではどんな風に それを教えてくれるのはこの作品だ 雪の寒さ 冷たさ 海の男達の 世界 まるで 今起きていることのように再現されている 主人公は父を殺され奴隷となった少年 何も持たない彼が今後どうやって 新天地を切り開いていくのか 珍しい時代場所設定であるがゆえ 興味津々である
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
主人公の少年トルフィンは、父親の仇のバイキングの頭の部下となって、戦地を巡る、いつか親の仇を取るために。
強者こそ勝者である世界で、何が正しいのか、本当の戦士とは何なのかを物語の中で紐解いていく。

生きていくことは必ずしも幸せとは限らない、敗者を決めるのはいつも力だ。
いつかそれを人の全てが気づけたのなら、海の彼方の草原の国で、争うことなく暮らせるのだろうか。
愛は決して人を苦しませるための感情では無かったと、気が付ける時が来るのだろうか。

読んでいるうちにそう感じさせる作品。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
北欧を中心に活躍した海賊たち・ヴァイキングの物語です。時代は西暦1000年頃。腕利きの青年を主人公に、物語は進行します。著者は『プラネテス』で有名な幸村誠で、面白さは折り紙付きです。戦闘シーンはデフォルメされておらず、やや残酷です。

良い漫画や小説には、エンターテイメントとともに哲学や教訓が入っている気がします。本作においても、主人公が戦い、勝利する以外の要素が、物語に深みを与えています。私が第1巻で好きなのは、下記のセリフです。

ーー「違うよ、お前を笑ってやしない。だってお前、見てみろよ。ひっでェザマだぜ、ありゃア。カネの奴隷がムチ持って、カネで買った奴隷に主人ヅラしてやがんの。自覚がないだけなのさ、人間はみんな、何かの奴隷だ。」

星を一つ減らしたのは、キャラクターの表情についてです。著者の描くキャラクターの表情は、理性的で、余裕があります。そこが、独特の乾いた作風を演出していますが、必死になったときの表情が弱く、心を揺さぶられるほどの感情移入はできませんでした。並の作家にはそこまで求めないにしても、著者の才能は抜群なので、今後に期待します。
【第1~4巻までを読んでのレビューです。】
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 HAL 投稿日 2006/8/24
形式: コミック
最初に注意してもらいたいのがこの巻はマガジンコミックスで出た1巻の内容と同じです。

もうマガジンコミックスを持っている人は買わなくてもいいかもしれません。

アフタヌーンに掲載されたものは3巻からです。

巻末に書き下ろしの4コマがあったりします。

ファンは買うしかない?

この漫画はすごい好きなので遅くてもいいので頑張って続けてもらいたいです。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
まんまと17巻まで読んで、本日の0時に配信された18巻を正座で待って買いました
次の巻は何時なのか...
そのくらい面白いです
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
11巻まとめて二日間で読み上げました。作者はかなりヨーロッパ史を勉強されていることが伺えます。私はこの時代に関する所謂骨董品の単なる一コレクター(歴史家ではない)に過ぎないのだが、この書を見て世界史はもちろんのこと、己の存在価値を再考するまでに至りました。素晴らしいの一言。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この漫画は主人公の成長に寄り添い、彼一人の人生にフォーカスして描いています。
一見海賊モノな雰囲気ですが、混乱の世で主人公トルフィンがどう生きたのかを描いている作品と捉えた方がいいです。

主人公トルフィンは実在の人物である「ソルフィン・ソルザルソン」をモデルにしているため、
ヨーロッパの歴史に詳しい人なら、彼がこの先どうなるのかを知っているかもしれません。
それでも気にしなくていいです。
この漫画の凄いところは、先の展開を知っていても楽しめる所です。
結末は既に分かっている。
それでもやはり、先が気になる。
そんな大河ドラマな雰囲気の漫画です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
11世紀のヨーロッパを舞台に、
戦士の息子トルフィンを軸として進んでいくヴァイキングたちの話。

登場人物の描き方が非常にうまく、
敵味方ともに感情移入しやすく、魅力的なキャラクターばかり。
また話の組み立ても見事で、回想シーンや時間経過をうまく利用して
前後のつながりを説明しており、読むほどに深みが増す。

主人公はトルフィンだが、エピソードごとに中心人物となる者が変化し、
常にそのキャラクターを応援したくなる持っていき方がうまい。
テンポもよく、短い間にキャラクターの成長や状況の変化を感じられ、
退屈せずにどんどん読み進められる良作。強くオススメ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover