ヴァルハラ・ライジング [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 Seven Music
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■盤面は中古品として良好の状態です。■Amazon倉庫より迅速に発送いたします。代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。返品・交換の際はAmazonカスタマーサービスまでご連絡ください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,130
通常配送無料 詳細
発売元: サザンフィールド
カートに入れる
¥ 3,130
通常配送無料 詳細
発売元: インフィールド
カートに入れる
¥ 3,130
通常配送無料 詳細
発売元: マルちゃん堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ヴァルハラ・ライジング [DVD]

5つ星のうち 3.1 15件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,298
価格: ¥ 3,134 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,164 (27%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 2,980より 中古品の出品:9¥ 931より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ヴァルハラ・ライジング [DVD]
  • +
  • プッシャー2(〇〇までにこれは観ろ! ) [DVD]
  • +
  • プッシャー(〇〇までにこれは観ろ! ) [DVD]
総額: ¥6,242
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マッツ・ミケルセン, マールテン・スティーヴンソン, ゲイリー・ルイス, ジェイミー・サイブス
  • 監督: ニコラス・ウィンディング・レフン
  • 形式: Color, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日 2012/09/14
  • 時間: 93 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 15件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0088LBTI0
  • EAN: 4988113827058
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 46,126位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

鋭い片眼と超人的な生命力を持つ沈黙の闘士ワン・アイ。憎悪が彼を生かしている──
カンヌ国際映画祭監督賞を受賞した『ドライヴ』が世界中で高い評価を受けた、鬼才ニコラス・ウィンディング・レフン監督の衝撃作!
ヴァルハラ・ライジング 場面1ヴァルハラ・ライジング 場面2ヴァルハラ・ライジング 場面3

●『ドライヴ』(2011年カンヌ映画祭監督賞受賞)で世界を熱狂させたニコラス・ウィンディング・レフン監督が放つ超ハードなバイオレンスアクション!
●レフン監督のデビュー作にしてカルト的人気の『麻薬密売人プッシャー』に続き、『007 カジノ・ロワイヤル』の実力派俳優マッツ・ミケルセンが寡黙かつ屈強な肉弾バトルを披露!
ミケルセンは、『The Hunt(原題)』で2012年カンヌ国際映画祭男優賞を受賞
●ノワールの雰囲気ただよう革新の映像美学 × 情け容赦なきソリッドなハードコア・バイオレンス! !
リアルすぎる荒々しい死闘を通して人間の心の闇えぐり出す。色彩や質感にこだわった映像美が、「静」をとおして「激」を表現。
●特典映像『日本版劇場予告』収録

ストーリー
11世紀のスコットランド。超人的な殺戮本能を備えた独眼の奴隷戦士ワン・アイは、蛮行な部族に捕らえられ、賭け試合で闘犬のごとく死闘を強いられてきた。
憎悪が頂点に達した彼は、自分をさげすんだ部族に逆襲。オノを振るい、腹ワタをつかみ出し、情け容赦なく処刑する。そして自由を手に入れたワン・アイは、果てない旅へと出発する…

【ヴァルハラとは…】
北欧神話における、主神オーディンがアース神族の国アースガルドに建てた「戦死者の館」。
古ノルト語では「倒れた戦士の住居」の意味で、バイキングたちは勇敢な死を遂げてヴァルハラに迎えられることを名誉と考えていた。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督によるアクションアドベンチャー。超人的な力を持つ独眼の戦士、ワン・アイは、奴隷として捕らえられ、賭け試合のたびに死闘を強いられていた。だがそんな彼に、ついに復讐の時が訪れる。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 tomomori トップ500レビュアー 投稿日 2012/11/21
迫力ある映画なのは間違いないですが、エンタメ度は低く、万人向けではないでございます。舞台はスコットランド、時代は11世紀あたり。欧州大陸の北の果てまでキリスト教が入り込んでくる時期ですか。神話的、叙事詩的、同時にどこかSFっぽい妙な霊気が充満するフシギ世界。章分けがあり、それぞれのタイトルを紹介すると、第一章・憤怒、第二章・寡黙なる戦士、第三章・神の男たち、第四章・聖地、第五章・地獄、第六章・供物…うーん、とっても意味深。
生身の人間というより何かの象徴のような隻眼のヒーロー氏なんですが、この人が最初から最後まで言葉ひとつ発しない理由のひとつとして、このキャラがおそらく異国人ということがあるのかなと。スコットランドに流れ着いたかした北欧男…なのだろうな(演じる俳優はデンマーク人)。雰囲気は濃いのに背景説明が一切ないので、観客は行間の深読みを楽しめます。
女性キャラはゼロで、小汚い服を着た男性群が寒々とした北方の風景の中を放浪し(一応、十字軍の列に加わるつもりでいるらしい)、陰鬱な空気の中で形而上的な台詞をブツブツブツ…。テーマ的には、「父と息子」という通奏低音が聞こえます。それが「自然と人間」「神と人間」なんかに繋がっていくのかもしれない。
高評価の理由は、千年前の人類の姿が見えてくるような錯覚があるから。尤も、これは女性不在の心象世界ですから、歴史的
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ヴェルナー・ヘルツォークの「アギーレ・神の怒り」を彷彿させるドキュメンタリー・タッチのバイオレンス冒険ものです。

まだこんな作品を作る監督がいるものかと思いましたが「プッシャー 麻薬密売人」「ドライヴ」の監督と知って納得しました。

昔の作品から多くのアイデアを引用するタランティーノやロドリゲスのような監督です。

なので映画愛を非常に感じることができる作品だと思います。

また主演のマッツ・ミケルセンのドアップがひたすら堪能できますのでマッツファンにはたまらない作品です。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
う〜ん、一回見ただけではなかなか理解しづらいです。
自分に宗教的な背景も無いし。

ストーリーはほぼ無く、台詞も少ない、そして主人公は一切しゃべらない。
でも、この映画では主人公がしゃべらない方が表現として正解なんだろうなと思います。
どこから来た何者なのか、なぜ奴隷戦士となったのか、そして何をしようとしているのか。
少年の口を借りて、「故郷に帰る」という数少ない目的のようなものを語っていますが、それが彼の目的だったのか…。
預言(予言?)者的な能力も備えているようであり、この映画の最大の謎ですね。

イメージカットの羅列、美しい風景の描写の合間に数少ないストーリーが展開します。
戦闘シーンもありますが、決してアクション映画という訳ではなく、淡々と殺し合いを撮っているという感じですね。

上手く言えませんが、ストーリーを楽しむタイプの映画ではないので、一人旅が好き、電車の車窓から風景を眺めるのが好きって人なら好きになれるかな。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これは好きな映画。
ところどころに日本の影響を感じるのは親バカ的心境か?
霧の小舟にドーンドーンは間違いなく溝口の影響だと思う。
雲の動きやトーンも、黒澤の姿三四郎ではないか?
何よりもワンアイが七人の侍の宮口精二そっくりに感じるし。
ストーリーはアギーレとデッドマンを合わせた感じかな。
音楽はまるっきりデッドマン。
とにかくこの監督、光の使い方が素晴らしい。
久々におっ?と言う感じの映画に出会った。
ちと遅いとは思うが。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
囚われの身であり、日々血みどろの戦いを強いられる隻眼の男の
己の自由あるいは末路を求める旅を描いた映画とでも言いますでしょうか。

しょっぱなからエグい戦いで心をつかまされ、ググっとのめりこみました。
エグといっても、練りに練られたのであろうバイオレンスシーンは、役者・カメラの動きがクリーンで非常にかっこいい。

ただ、そのバイオレンスに興奮し、これからどんな戦い、旅路が展開されるのであろうと思いきや
霧につつまれた海上での船での男達の渇きの苦しみ、たどり着いた大地での飢えや絶望に打ちひしがれる苦しみ
そう。映し出されるは苦しみ、苦しみの連続。
またその絶望感を象徴するような、生活空間が映されることのない風荒ぶ大地など自然のイメージが息苦しさを助長します。
このイメージの連続で後半はちょっと色の濃すぎる映画になってました。
ちょっと人を選ぶ映画なのかな、と感じます。

ただ、主演のマッツ・ミケルセンの迫力はすさまじいです。一見の価値ありだと思います。
三船敏郎かと思われるようなたたずまい。作中この人のアップのショットがかなりあるんですが、画が持ちます(笑)

映画・ストーリーテリングのおもしろさは星二つ
唯一無二の世界感を生み出す主演、バイオレンスシーンは星四つってとこでしょうか。
みんなの感想を見てみたい!!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック