中古品の出品:5¥ 3,600より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ヴァルトビューネ1992 フレンチ・ナイト [DVD]

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:5¥ 3,600より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2004/06/10
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001Z2ZL6
  • EAN: 4988102233358
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 170,897位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


1. ベルリオーズ:序曲「ローマの謝肉祭」
2. ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲
3. ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
4. ビゼー:『カルメン組曲』より「前奏曲」
5. 「衛兵の交代」
6. 「アルカラの竜騎兵」
7. 「間奏曲」
8. 「アラゴネーズ」
9. 「ジプシーの踊り」
10. ラヴェル:ボレロ
11. オッフェンバック:ホフマンの舟歌
12. ビゼー:組曲『アルルの女』から「ファランドール」
13. ヨハン・シュトラウス:ラデツキー行進曲
14. リンケ:ベルリンの風

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

ベルリン・フィルが世界の一流指揮者を迎えて贈る「ヴァルトビューネ・コンサート」を収録した映像シリーズ。今作では、表情豊かなジョルジュ・プレートルの指揮で名手たちが奏でる歯切れの良いフランス音楽を収録。

レビュー

ジョルジュ・プレートル指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 レオン・フライシャー(p)
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
1992年に、NHKで「ベルリン・フィルのピクニックコンサート」のタイトルでも放送された、野外音楽堂での楽しい夕べの模様を。美しい映像で記録した傑作DVDです。
まだ日の明るい頃からコンサートがはじまり、日が落ちて行くにつれて、幻想的な雰囲気が画面いっぱいに広がっていきます。視覚的にも大変美しい作品です。
また、客席の模様も時々写るのですが、寝っ転がっているひと、持ち込んだご飯を囲んで食べながら聴いている人、日が暮れてからは花火をする人と、いかにもこの野外コンサートを楽しんでいる様子がほほえましく、見ていて実に楽しい感じになります。
音楽に関しては、ただ賞賛するしかできません。指揮者、ジョルジュ・プレートルは1924年生まれでかなりな年齢にもかかわらず、全身から音楽を出し惜しみしないといった渾身の指揮です。あるときは恍惚の表情で、またある時は鬼気迫る表情での指揮は、一見どころか何度でも見る価値があるでしょう。
おすすめの一言ではすまないほどの、素晴らしい一枚です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 毎年6月、ベルリン市のオリンピックスタジアムを中心とした公園の一角にある野外音楽堂で開かれるベルリンフィルの春シーズン終了を告げるコンサート。毎年指揮者が変わる中でこの92年盤はジョルジュ・プレートルだった。最近ではウィーンのニューイヤー・コンサートで史上最高齢の指揮者として馴染みのあるこのマイスターが選んだのは宝石箱のような燦めきを持った作品ばかりだった。
 緑の森に包まれた中から聞こえてくるかのような『ボレロ』それを挟む形で演奏される『カルメン』そして毎年のニュー・イヤーではお馴染みの『ラデツキー』とアンコールの『ベルリンの風』。
 NHK教育テレビでの放送を見てCDショップに行き『ラトルのロシアン・ナイト』を探したが映像化されておらず、偶然に見つけたのがこのタイトルだった。誠実さと同時に音楽を心底から楽しみ、そして音楽の先人達に敬意を払う姿さらにプレートルと音楽の巨匠達がその対話を楽しんでいるかのような表情が画面を通して伝わってくる。
 日本でも“フォルジュルネ”が定着しつつあるがそれでもまだまだクラシック音楽が身近な存在であるとも言い切れない。かく言う私もクラシック音楽に関してはさほど詳しくもないが、聴いていて心地よいモノであるならばそこに“テクニックがどうのこうの”であるとか“録音状態が〜”と重箱の隅を突くような姿勢には疑問を感じてしまう。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
やはりプレートル。やってくれます。本当はプーランクなど、もっとマニアックな曲を見たいところですが、野外コンサートなので仕方ありません。。

ブレーズなどが良く演奏するフランス音楽とはまた違った雰囲気があります。繊細さよりも、ラテン的な楽しさが前面に出ています。その中で、プレートル特有の味のある表現が光ります。

ベルリオーズ「ローマの謝肉祭」、ドビュッシー「牧神」、ラヴェル「ボレロ」などはプレートルの個性的な指揮とベルリンフィルの超人的技術によって、気分爽快な演奏になっています。ベルリンフィルはドイツのオケですが、ベルリオーズは元々得意ですし、ドビュッシーでも、なかなか色彩的な演奏をしています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック