ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,000
通常配送無料 詳細
発売元: 金子礼拝堂
カートに入れる
¥ 2,000
通常配送無料 詳細
発売元: お宝クルーズ
カートに入れる
¥ 2,200
通常配送無料 詳細
発売元: AS商会
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]

5つ星のうち 3.1 1,222件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,264
価格: ¥ 1,950 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 4,314 (69%)
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、雑貨屋FREAKSが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【キングDVDマーケット】 ももいろクローバーZのライブDVDやアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ほか、新着タイトルや人気ランキング、キングレコードのミュージックやアニメなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]
  • +
  • ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【通常版】 [Blu-ray]
  • +
  • ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]
総額: ¥11,448
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 緒方恵美, 優希比呂, 林原めぐみ
  • 監督: 庵野秀明
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2013/04/24
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 1,222件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00BHO70L0
  • JAN: 4988003818128
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 668位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

新たな物語が、幕を開ける。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」は、全4部の長編アニメーション映画。
第1部『序』は2007年9月1日、第2部『破』は2009年6月27日に劇場公開された。本作『Q』は当初『急』と仮称されていた第3部に該当し、次回作の第4部でシリーズ完結が予定されている。

『序』と『破』は1995年よりTVシリーズと劇場映画で社会現象を起こした『新世紀エヴァンゲリオン』の映像と物語を応用して制作されていた。
し かし設定やデザイン、映像処理が更新されたのみならず、『破』からは新キャラクターのマリや新EVAシリーズが登場するなど独自の要素が頻出。特に後半か らラストにかけて、既存の作品世界から物語が軌道を大きく離れ、『新劇場版』がリメイクとは異なる意図をもったシリーズであることが示されていた。  

これをふまえた『Q』では、ついに完全新作としての「新たな物語」となっている。公開と同時に2012年度オープニング週末記録を興行更新。
また初回製造分のみ特典として、オリジナル・サウンドトラックを封入。テーマソングである宇多田ヒカルの楽曲も収録されることが決まっている。
劇場公開時の同時上映作品「巨神兵東京に現わる 劇場版」も本BD・DVDに収録される。
(c)カラー


【初回特典CD】
・オリジナル・サウンドトラック

【パッケージ仕様】
特殊BOX付でデジパック仕様 / 解説ブックレット

【映像音声特典】
・Rebuild of EVANGELION:3.33/劇場版特報・予告・TVSPOT/AR台本(3.33ver.)

※特典内容・仕様等は急遽変更となる場合がございます。予めご了承ください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

興収52億円を叩き出した、大ヒットアニメ4部作の3作目。『~破』では新キャラクターが登場するなど独自要素が頻出したが、本作は全く新たな物語となっている。難解さがファンを呆然とさせたことも話題に。併映の『巨神兵東京に現わる 劇場版』も収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 風雲児 トップ1000レビュアー 投稿日 2017/8/16
形式: Blu-ray Amazonで購入
リニューアル作品としては、先に公開された序や破と比較して酷評を受けた作品ですが、個人的には楽しめました。ましてやヱヴァンゲリオンのいちファンとしては、新品の商品が破格で出品されていたので、迷わず購入しました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
話としては面白かったかと聞かれるとう~んとしか言えない。
TVシリーズエヴァやトップをねらえ、ナディア等の謎あり、コメディあり、涙あり、
独特の科学的創作物をうまくまとめていた頃のほうが、やっぱり自分は好きですね。

見る人の感性により感想は違ってくると思いますが、
やはり自分は、楽しませてくれるエンターテイメントのような作品を好んでいて、
作品について深く考えさせられるような作品よりも、終わった時に面白かったと笑ったり、泣けたと涙したりと
単純な感情を求めてるからでしょうか。
日常ストレスに悩む事が多い日々アニメまで頭悩ませていたら自分はパンクしてしまいますw
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
「序」「破」と違って、エヴァらしい…というのでしょうか…。
初見の時は「え…??」ってなってしまいました。今では、いろいろな方々が考察してますし、前よりかはモヤモヤしていませんが。。
次回作で「そうだったのか!!」と納得できるような感じになるのか、それとも「それで終わり…??」となってしまうのか…
まぁ、せめて、EOEみたな後味悪い終わり方にはならないでほしいです…((個人的に
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
”破”の本編後の予告編と全く異なる作品となった”Q”。これは意図的だったのか?ちゃぶ台返しだったのか?

本作は、徹底してシンジの視点から物語が語られる。したがって、シンジがそうだったように、観客も訳が分からないまま、”破”の続きではなく、いきなり14年後の世界に放り込まれて物語は始まる。空白の期間についての説明は無く、その後のストーリーも意味不明のまま進行し、頭の中が?マークのまま終幕となる。敢えて説明は省略。何とも不親切極まりない。観客への挑戦なのかも知れないが、余りの塩対応に庵野監督の悪意さえ感じる。

恐らく、観客にシンジと同じ気持ちを味合わせようという意図があったのだろう。シンジの一人称の視点で本作を観させることが狙いだったのではと推測する。結果的に観客を大いに混乱させることには成功したと思うが、これだけ説明不足の中でストーリーが進むと、本作におけるシンジの気持ちは何となく分かっても、理解不能のストーリーに集中出来ないため、感情移入までするのは到底無理である。一人称ではなく三人称の視点でしか本作を観ることが出来ず、置いてけぼりにされた気分になった。

映画は、何も分かりやすく制作する必要はない。難解なストーリーの映画があっても全然構わない。ただ、難解な中でもストーリーを理解するための手掛かりはちゃんと示す必要が制
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
話題となった今作ですが前作までとはまったく違う別の作品みたいになり、理解困難な場面も多いです。まあ、おかげで考察サイトが増えた気がします。
個人的には、映像クオリティそのものは高い水準にある(作画ミスがあるようですが)と感じます。
値落ちしてますしファンなら買いだと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
体をこわばらせて、息をすることもままならなくて、ガクガクと震えが止まらない。これだ。エヴァンゲリオンというのは、こうでなければ。
二十年前のあの時が、今ようやく蘇った。序も破もあれはやはりエヴァじゃなかった。本当の意味でエヴァの体験が帰ってきたのだ。

しかしそのことに気が付いたのは、家で一人静かに見た時だった。映画館で見たままでは、星一つの酷評に賛同していた。

「感性」は磨かなければ身につかない。「娯楽」はこころを緩めて癒そうとするもの。二つはだから相反している。それをつなぎ合わせる努力と工夫をするのが素晴らしい芸術とエンタテインメントを生み出すクリエーターだ。しかし多くのクリエーターは感性をほとんど犠牲にして嘘くさい癒しを提供することしか知らない。

このエヴァは、感性を犠牲にはしない。何も見えない、聞こえても来ない空間に充満している生臭い緊張感に気付かなければ、何も蘇りはしない。ようやくここから、本当の新しいエヴァが始まる。巨神兵のモノローグは、その導入に必要な鼓動を得るためにとても効果的だったと思う。

そして二十年来、傑作として疑わなかったエヴァンゲリオンという作品の、致命的欠点にも、本作によってはっきりと気付かされた。

二十年前のエヴァとの出逢い。それはまる
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。dvd 邦画エヴァンゲリヲンエヴァ

関連商品を探す