中古品:
¥ 570
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 『 大切にお届けします。 』 ディスクは綺麗です。歌詞カード(歌詞カード(ブックレット))は付属します。付属品は、記載しているものだけです。帯付き。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ワーグナー:管弦楽曲集

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 9,980より 中古品の出品:2¥ 570より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の フルトヴェングラー(ウィルヘルム) ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • 演奏: ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団, フィルハーモニア管弦楽団
  • 指揮: フルトヴェングラー(ウィルヘルム)
  • 作曲: ワーグナー
  • CD (2004/12/1)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 77 分
  • ASIN: B00069BOF0
  • EAN: 4988006826571
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 139,842位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 歌劇 「タンホイザー」 序曲
  2. 歌劇 「さまよえるオランダ人」 序曲
  3. 歌劇 「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 より 第1幕への前奏曲
  4. 楽劇 「神々の黄昏」 より ジークフリートの葬送行進曲
  5. 歌劇 「ローエングリン」 第1幕への前奏曲
  6. 楽劇 「トリスタンとイゾルデ」 より 第1幕への前奏曲
  7. 楽劇 「トリスタンとイゾルデ」 より イゾルデの愛の死
  8. 楽劇 「ワルキューレ」 より ワルキューレの騎行

商品の説明

メディア掲載レビューほか

`フルトヴェングラー没後50周年記念企画`シリーズ。ウィルヘルム・フルトヴェングラー指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による1949~54年録音盤。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
フルトヴェングラー指揮でのワグナー名曲集です。

ワグナー初心者の筆者としては、おいしいところ満載の

お得盤であり、フルトヴェングラーの指揮、ワグナーの

名曲を、(言葉が悪くて失礼千万ながら)てっとり早く

体験できる、素晴らしい音源だと感じました。

のっけの名曲・名フレーズ「タンホイザー」から圧倒

され、また「ローエングリン」の美しさに惹きこまれ、

正にあっと言う間に堪能できる名盤ではないでしょうか。

学生時代に愛読していたショウペンハウエルの著述の

ところどころに記されていたワグナーの精神性。そして

フルトヴェングラーの指揮。それぞれに少しでも近づく

ことのできる逸品のような気が致します。

「音」ですが、40〜50年代の録音としては満点以上の

ステレオ音質。惜しむらくは、一部レコードノイズ的な

雑音が混入しているところ。仕方ありませんが。

いずれにしても、初心者の筆者でも圧倒される名作だと

思います。
1 コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 モノラル音源とは思えない音の響きだった。音源の古さを気にする評価があるが、心配はいらない。後世のステレオ録音と十分に匹敵できる。しかも、フルトベングラーだ。後世のヤワな指揮者の音楽を聴くくらいなら、最初からこっちがお勧めだ。外れはない。
 発売当時が1500円なのに、中古で3000円前後する。その意味を知る一枚だった。素晴らしい。

 フルトベングラーのライブ音源から、序曲や間奏曲を選び、ワグナー音楽の魅力を切り取った演奏だが、聴いていて、この高揚感、緊迫した音の運びは、フルトベングラーならではの響きだ。

 直前に魔がさして、ワーグナー名曲集 ‾ワルキューレの騎行(ユージン・オーマンディ=フィラディアフィル)を買ってしまったが、そんなものは買わずに最初から、これを買えばよかった。
1 コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
フルトヴェングラーのワーグナー・オケ物のベスト・セレクションである。漏れているのは、「ジークフリート牧歌」「パルジファル」くらいか。

この指揮者がこの手のポピュラー名曲録音に積極的だったはずはないが、録音の良さもあり出来は素晴しいものとなっている。
雄大に歌い上げていくタンホイザー、静謐で神秘的なローエングリン、溜まりにたまった感情をぶちまけるような情熱的で浪漫的なトリスタン。

どれも素晴しいが、出来れば1曲削ってでも、崇高で情感溢れるパルジファル前奏曲を入れて欲しかった(録音のレベルは落ちるが・・・)。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 「タンホイザー」「さまよえるオランダ人」「マイスタージンガー」の最初の三曲と、「ローエングリン」の第1幕への前奏曲の演奏は、音質が相当悪いです。特に、弦楽器群の音の硬さは聞き苦しかったなあ。そういう音の貧しさはあるので、音質にこだわる方はこのCDは避けたほうが無難でしょう。

 ですが、フルトヴェングラーの指揮は凄いです。どの曲も、とりわけ後半が素晴らしい。求心力がある演奏なんですね。このCDの演奏に耳を傾けながら、わたしは何度か、エドガー・アラン・ポオの短篇『メエルシュトレームに呑まれて』の、ぐるぐると渦を巻きながら次第に深淵へと引きずり込まれてゆく登場人物の姿が、脳裏をよぎりましたよ。指揮者から、たぶん、オーラみたいな光が出ているんだろうなあと、本気でそう感じました。

 で、ぐいっと心を掴まれて目頭が熱くなった演奏が、『トリスタンとイゾルデ』〜「イゾルデの愛の死」でありました。キルステン・フラグスタートというソプラノ歌手の声を初めて聴いたのですが、はるかな地底もしくは宇宙の彼方から、朗々と、深々と、声量のあるソプラノの声が響いてくる。その声の輝きに、「うわっ!」と思い、圧倒されましたねぇ。いや、本当に素晴らしかった!

 最後に収録されている「ワルキューレの騎行」も、「ホヨートーホー」「ハイヤハー」といったワルキューレたちのソプラノの声が入っていて、雰囲気がありましたよ。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック