通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
12点すべてのイメージを見る

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える 単行本 – 2015/7/31

5つ星のうち 4.3 50件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,138
¥ 2,138 ¥ 1,335

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
  • +
  • HARD THINGS
  • +
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT(ハイアウトプット マネジメント) 人を育て、成果を最大にするマネジメント
総額: ¥6,026
ポイントの合計: 183pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

全世界話題!Googleの人事トップが採用、育成、評価のすべてを初めて語った。創造性を生み出す、新しい「働き方」の原理を全公開!

Googleはいったいどんな仕組みで動いているのか?誰もが抱くこの疑問に、Googleの人事トップが答えます。21世紀の最強企業をかたちづくる、採用、育成、評価の仕組みをすべて惜しげもなく公開。本書で紹介される哲学と仕組みは、Googleだからできるというものではなく、あらゆる組織に応用できる普遍性を持っています。
古いやり方で結果を出せと言われて困っているリーダー、古いやり方で評価されてやる気をそがれている若手、もっとクリエイティブに仕事をしたいと思っている人に知ってほしい、未来の働き方とは。いま働いているすべての人、これから働くすべての人に贈る、新しい働き方のバイブルとなる一冊。

著者は2006年にGoogleに入社。あらゆる企業の人の扱い方に影響を与えたいという信念の下、Googleに入ることを選択。同社の従業員が6000人から6万人に増えていく過程で、Googleの人事システムを設計・進化させてきた責任者です。Googleは、世界各国で「最高の職場」として認められ、多くの賞を受賞。
いったい、Googleは、どんなやり方で人を選んでいるのか?そうして選んだ人材に、どんな機会を与えているのか?優秀な社員同士に最高のチームをつくってもらう秘訣とは?社員をどう評価して、モチベーションを最大に保っているのか?働き方をめぐるこれらの重大テーマに、次々と答えを出していきます。

《本書の主な内容》
●Google人事トップによる、ベストチームを作りたい人へのアドバイス
●なぜ一流大卒というだけではGoogleに入れないのか?
●ハーバード大に入るより25倍も難しいと言われるGoogleの採用基準とは?
●Googleは、社員の死後10年間、給与の50%をパートナーに支給している!?
●同じ仕事でも、100倍の報酬差がついていい。
●qDroid、Googleガイスト、プロジェクト・オキシジェン、UFSなど、Googleが採用している人事の具体的仕組みを全公開!
●実験とデータを活用して制度を進化させるGoogleの工夫とは?
●朝起きて、ワクワクしながら行ける会社って、どんな会社?
●機械に負けない、人間らしいクリエイティブな働き方ってどんなもの?
●人事に関する不満と不安を最大限減らすには、どうやればいい?

《世界の著名人がこぞって絶賛!》
「才能あふれるチームのつくり方がわかる」ダニエル・ピンク(『ハイ・コンセプト』著者)
「未来の働き方をつくるビジョンを示している」アダム・グラント(『GIVE&TAKE』著者)
「現代の傑出した人材を率いるためのバイブルだ」ティム・ブラウン(IDEO社CEO)
ほか、ラム・チャラン、ジェフリー・フェファーなど、各界から続々推薦!

内容(「BOOK」データベースより)

君は、最強企業が欲しがる人材なのか?未来の新しい働き方のすべて、ベストチームをつくるアドバイス―世界最高の職場を設計した男、グーグルの人事トップが、採用、育成、評価のすべてを書いた。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 560ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2015/7/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492533656
  • ISBN-13: 978-4492533659
  • 発売日: 2015/7/31
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 50件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,001位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Jasper VINE メンバー 投稿日 2017/4/5
形式: Kindle版 Amazonで購入
日本でも、働き方改革、ホワイトカラーの生産性向上が話題になるが、この本を読んだ後では色褪せる。
万人向けではないかも知れないが、googleは社員を大切にする本当に素晴らしい企業だと感じた。
コンサルタントのお仕着せでなく、自分たちの企業戦略、理想とする文化と人材戦略の適合、失敗を恐れず、常に進化し続けるアプローチが素晴らしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
なかなか主観が強く、同意できる点が少ない内容でした。
思考の広がりを持たせる意味では有効な内容が多く、それでも全く満足ができない訳ではないのですが、もっと簡潔で平易な文章であってほしいと感じたのは私だけでしょうか。特に信者でない私には少し退屈で苦痛な本でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
考え方や知識を増やす一つの読み物とては
購入価値のある書籍でした。
企業風土など、それぞれ環境によって色々あるとおもいますが、
一つの企業の一つの考え方としては
参考等になったり得る部分は見出せる書籍かなと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
内容はまあまあ。
「仕事が自由にできる」というのは、優秀な人材を惹きつけるために非常に重要なことだ。
無駄なルールでがんじがらめの日本企業にとっては、学ぶことが多いと思う。

ただ、翻訳が直訳っぽくて読みづらい(原文が悪いのかもしれないが)。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bluerain 投稿日 2016/1/10
形式: 単行本 Amazonで購入
人事採用や企業経営者は必読だと思う。
GOOGLEの事例なので、あくまですべてを真似することはできないが
考え方などはとても参考になる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
大変優れた書籍です。
このような優れた人物の思考や経験を学べるのはこの上ない幸せ。
迷わず買いましょう。
そして読後の変化を定量化しましょう笑。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 北斎 投稿日 2015/11/23
形式: 単行本 Amazonで購入
読後、思い浮かんだ言葉が、“プロ彼女”。

プロ彼女とは、彼女の中のプロ中のプロ。

そもそもプロ彼女と言うのは、元々芸能人とお付き合いする一般人女性の総称として使われた言葉です。 それが気付けば一人歩きし、現在は女性としての料理やもてなしスキルやビジュアルなど、どの点においても非の打ち所のない素晴らしき女性をプロ彼女と言っているようです。 自然発生的に恋愛をして付き合い、彼と彼女の関係になったという通常パターンとは違い、「完璧な彼女」になるべく徹底的なリサーチと入念な準備を行い、ターゲットに定めた男性の彼女に、ひいては妻になるべく努力する人のことを言います。

目立つには? エコヒイキされるには? エコヒイキされ続けるには? 良いフィードバックを頂くには? どうしたらいいの~? 傾向が解れば、対策も自ずと明確になり、やるべきことに資本投下(時間・労力・お金)できる。

仕事を通じて、人間関係を学び、成長できる。 性善説に則り、人を信用した方が、性悪説をとりあらゆる対策を練るよりも、リスクは少ない。

成功のために必要なのは、すばらしいアイデア、絶妙のタイミング、卓越した人材・・・そして、運である。  〈中略〉  賢明さや勤勉さは成功のための必要条件ではあっても、十分条件ではない(43P)。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
書きっぷりの巧さには感心しました。たしかに、グーグルで実際やっていることをきちんと書いている気がするし、働き方改善のヒントはそこここにちりばめられています。その点では星5つでもいいかなと思います。
一方、書きっぷりが巧いだけに、この本を読んだ人の多くが、グーグルが利益を出している理由を、従業員の処遇のうまさにだけ結び付けて考えてしまうかもしれない、という怖さはあります。その点を気にすると、星1。意識的に、人事の仕組みだけにフォーカスすることで、たとえば他社の優秀な社員を、グーグルに鞍替えさせようというような意図も、なんとなく感じるのです。
というわけで、平均して星3にしました(^^ゞ。
思うに、グーグルのような事業が成り立つのは、お金というインセンティブを渡さなくても、無意識にボランティアでせっせとデータ収集に協力してくれる、従業員よりずっと多くのユーザーがいるからじゃないでしょうか。したがって、この本の内容は、グーグルの事業が拡大するにつれて、従業員も、ユーザー同様多くなってきたので、ユーザーの扱い方を、従業員にも応用してみました、ということかなと。その意味では、この本の中に書いてある「グーグラー」という単語を、「グーグル検索のユーザー」と置き換えてみると面白いかもしれません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー