通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯なし】比較的、状態の良い品です。【コンディション詳細⇒】カキコミ・ライン引きは見受けられず良好。カバーに微ヨレはありますが、ほか製本に目立った損傷はございません。問題なくお読み頂けます。 ◆ゆうメール(即日~3日内)にて発送。配送中、投函による衝撃対策の安心梱包◆ ※検品には各々の商品について万全を期しておりますが、稀に力及ばず上記記載コンディションと異なる場合がございます。お気付きの点がございましたら、御一報にて早急に対応致しますので安心してお買い求めください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉 ハードカバー – 2012/7/28

5つ星のうち 4.0 143件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,223

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉
  • +
  • LIFE SHIFT(ライフ・シフト)
  • +
  • やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける
総額: ¥5,832
ポイントの合計: 176pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

*下流民か、自由民か。地球規模で人生は二極分化する*

2025年、私たちはどんなふうに働いているだろうか?
ロンドン・ビジネススクールを中心とした、「働き方コンソーシアム」による、
世界規模の研究が生々しく描き出す2025年のに働く人の日常。
「漫然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、
「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。
どちらの人生になるかは、〈ワーク・シフト〉できるか否かにかかっている。

働き方が変わる! 〈5つのトレンド〉
●テクノロジーの発展
●グローバル化
●人口構成の変化と長寿化
●個人、家族、社会の変化
●エネルギーと環境問題

働き方を変える! 〈3つのシフト〉
●ゼネラリスト→連続スペシャリスト
●孤独な競争→みんなでイノベーション
●金儲けと消費→価値ある経験

「食えるだけの仕事」から意味を感じる仕事へ、
忙しいだけの仕事から価値ある経験としての仕事へ、
勝つための仕事からともに生きるための仕事へ。
覚悟を持って選べば、未来は変えられる。

著者について

◆著者紹介
リンダ・グラットン(Lynda Gratton)
ロンドン・ビジネススクール教授。
経営組織論の世界的権威で、英タイムズ紙の選ぶ「世界のトップビジネス思想家15人」のひとり。
ファイナンシャルタイムズでは「今後10年で未来に最もインパクトを与えるビジネス理論家」と賞され、
英エコノミスト誌の「仕事の未来を予測する識者トップ200人」に名を連ねる。
組織におけるイノベーションを促進するスポッツムーブメントの創始者。
『HotSpots』『Glow』『Living Strategy』など7冊の著作は、計20ヶ国語以上に翻訳されている。
人事、組織活性化のエキスパートとして欧米、アジアのグローバル企業に対してアドバイスを行う。
現在、シンガポール政府のヒューマンキャピタルアドバイザリーボードメンバー。

◆翻訳者紹介
池村千秋(Chiaki Ikemura)
『フリーエージェント社会の到来』(ダニエル・ピンク著、ダイヤモンド社)、
『グーグル ネット覇者の真実』(共著、スティーブン・レヴィ著、阪急コミュニケーションズ)、
『マネジャーの実像』(ヘンリー・ミンツバーグ著、日経BP社)、
『ホワイトスペース戦略』(マーク・ジョンソン著、阪急コミュニケーションズ)など訳書多数。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 402ページ
  • 出版社: プレジデント社 (2012/7/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4833420163
  • ISBN-13: 978-4833420167
  • 発売日: 2012/7/28
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 143件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 594位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
働き方について「今のままじゃダメだ」という思いは強いけれど、どう動けばいいかわからない。
とくに若い人は、そんなフラストレーションを日々感じながら働いているのではないかと思います。
私もその一人です。だから「孤独と貧困から自由になる働き方」というサブタイトルに、がっちり心をつかまれました。

読み終わってどうだったかというと、正直、あまり自由になれる気はしませんでした…。
言っていることはもっともだし、いわゆる意識高い系の人たちの方向性と一致しているように思います。
ただ、あまり意識が高くない自分には「なんだか、すごく疲れそうな未来」のように見えました。

スキルを高めて複数分野のスペシャリストになるとか、優秀な仲間のネットワークをつくるとか、
ビジョンとしてすばらしいけれど、実際にそういうことをやるのはかなり大変です。かなり仕事中心に生きなくてはいけない。
また、お金のためではなく充実した経験のために働くというビジョンも素敵ですが、
最低限の生活費を稼ぐのに苦労している自分には、ちょっと手が届かないレベルの話に感じます。

本の内容自体は、とても興味深く、よくできていると思います。
個人的には、こういうしんどい働き方とは違う未来図も見てみたいです。
コメント 426人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
現状分析の部分(高齢化社会の到来、グローバル化による賃金低下、化石燃料の枯渇etc)は、
この本でなくとも社会問題として取り上げられているところである。
ではそれに対してどうアクションを起こすのか、
それを提言しているのが「3つのシフト」。

しかし、私はまったく共感できなかった。
例えば・・・、

1.連続スペシャリストになれ!
一つの分野を「私の専門分野だ」と言えるところまで持っていくだけでも、
大変な努力が必要になる。
それを連続していくつも持つなど常人にはとても不可能だと思う。

2.中国のドレスデザイナー
2025年の成功例として、中国でドレスのデザイナーを営む個人事業主の例が出てくる。
確かにこのデザイナーはハッピーなのかもしれないが、
このデザイナーを支えるアリババやドレスの縫製を行う工場労働者はどうなんだろう。
一部の特殊な才能を持った人のことにしかフォーカスしていないと思う。
社会を支えているブルーカラーやメタルカラーに対する言及が少ないし、
あっても否定的な触れ方ばかり。

3.これから成長する分野の例
業種としてクリエイティブな領域が挙げられて
...続きを読む ›
4 コメント 503人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
著者の調査により、将来の人材像、専門職種における将来の予想をシミュレーションしている。
人によっては妄想だろう、と言う人もいるだろうし、なるほどこういう視点もあるのか、という
発見をして、共鳴する人もいると思う。

PEST的な視点でいうと、科学技術、テクノロジーの発展と人口動態、社会環境の変化によって、
働き方が変わっていき、その時の働き方はこうだ、という視点・視座の提示を受けられる内容
だと理解している。

はっきり言って、好みとこの著書に対する期待によって、ツカエル本かどうかが大きく振れる
と思う。その為、自分の意見がはっきりしている、自分なりの労働ビジョンをもっている、
それに伴う勉強をしているといった下地があった方が、この本は面白く感じられる。
その為、相当に本が「著者」を選ぶのではないか。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
本書は、今後の世界に起こる変化を丁寧に整理した上で、そうした近未来の社会における人々の労働のありかたについて、各種予測に基づいたアドバイスを行うものです。未来を見据えたキャリア開発の方向性にまで言及を行っているので、ビジネスパーソンはもちろん、教育関係者にも是非とも読んでいただきたい本です。

・2010年に、中国が45カ所の空港の建設を進めていたことをご存知だろうか。携帯電話を使用した送金システムのイノベーションを牽引しているのがアフリカのケニアだと、ご存知だろうか。2025年までに、世界の50億人以上が携帯電話で結びつくようになると、ご存知だろうか。本書では、このようなデータや情報をふんだんに紹介する。(p30)

本書が行っている多数の未来予測の中で、個人的に特に気になったものを以下にピックアップしてみます。

・寿命は長くなるが、高齢者の多くに働き口がなく、グローバルに貧困層が形成されるおそれがある。
・家族のありかた、仕事で接する人の多様性が高まり、自分を見つめ直す人が増える。
・エネルギー価格が上昇し、モノの輸送や人の移動を減らす必要性が高まる。これを受けて、さらなるバーチャル化が進む。
・職種や時差を超えて世界中の人との恊働が求められるようになり、時間の「細切れ化」が進む結果とし
...続きを読む ›
1 コメント 242人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック