この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ワークライフバランス 実証と政策提言 単行本 – 2009/12/2

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 24,208 ¥ 2,652
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

少子化問題はお金だけで解決しない! 働きすぎ、男女不平等など日本で依然際立つ「ワークライフアンバランス」の真因を、出産意欲や夫婦関係にまで分析対象を広げ鮮やかに解明。実効性ある改革案を提言する。

出版社からのコメント

本書には、大沢真知子氏(日本女子大学教授)、勝間和代氏(経
済評論家・公認会計士)、樋口美雄氏(慶応大学教授)に推薦文
を寄せていただきましたのでご紹介します。

ワークライフバランスは21世紀の日本社会を活性化させる鍵
だといわれてきた。そして、その理論的根拠を示す書物の出版
が待たれていた。本書は、その必要性を実証的に示した待望の
一冊である。この分野に関心をもつすべてのひとにとっての
必読の書であることは間違いない
          大沢真知子(日本女子大学教授)

日本経済再生の真の処方せんはここにあります。ワークライフ
バランス、少子化、男女共同参画、なぜすべてが袋小路なのか、
どこから解決していけばいいのか、さまざまな実証研究に基づ
いた、政治・経済関係者の必携の書です
        勝間和代(経済評論家、公認会計士)

わが国におけるワークライフバランスの欠如が、戦後高度成長
期に発展した雇用システムを機能不全に陥れていると指摘。
価値観を超えた著者独自の客観的実証分析の結果を根拠にした
具体的政策提言は、日本社会の再活性化をねがう誰をも、うな
らせる
           樋口美雄(慶應義塾大学教授)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 287ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2009/12/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532133785
  • ISBN-13: 978-4532133788
  • 発売日: 2009/12/2
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 521,865位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

VINEメンバー2010年3月23日
形式: 単行本
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年6月13日
形式: 単行本
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告