通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ワーキングメモリと日常: 人生を切り拓く新しい知性... がカートに入りました
+ ¥345 配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古商品となりますため、通常使用による若干の使用感はありますが、 良好なコンディションです。丁寧な検品を心がけていますが、書籍の場合は書き込みがある場合もあります。帯や付属品等は基本ついておりません。在庫状況によりキャンセルとなる可能性があります。返品は30日間いないのみ対応。◆サイズによりレターパックプラスにて発送◆◆簡易クリーニング済。◆ゆうメール配送。◆ビニール防水梱包発送。◆ポスト投函。※万が一検品漏れがございましたらご一報ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ワーキングメモリと日常: 人生を切り拓く新しい知性 (認知心理学のフロンティア) (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/10/22

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥4,180
¥4,180 ¥3,263
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • ワーキングメモリと日常: 人生を切り拓く新しい知性 (認知心理学のフロンティア)
  • +
  • 動機づけと認知コントロール: 報酬・感情・生涯発達の視点から (認知心理学のフロンティア)
  • +
  • 神経経済学と意思決定: 心理学,神経科学,行動経済学からの総合的展望 (認知心理学のフロンティア)
総額: ¥13,640
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

生涯にわたる発達において,ワーキングメモリはどのような役割を果たすのか。
成功(専門知識の獲得)や失敗(嗜癖行動,不適切な意思決定)との関係を明らかにし,
日常生活に与える影響を示す。トレーニングの利点も言及。


「本書では,一流の心理学者たちがワーキングメモリに関する最新の研究をレビューし,ワーキングメモリが人の発達や生涯においてどのような役割をしているかについて考察している。豊かなワーキングメモリがどのように成功(学術的に,そして専門知識の獲得に)と関係し,乏しいワーキングメモリが失敗(嗜癖行動や不適切な意思決定)と関係しているのかが明らかにされているのである。寄稿論文はまた,ワーキングメモリが私たちの認知的な進化においてどのような役割を果たしているか,そして日常生活の諸事,例えば何を食べ,どのくらい眠るかといったことがワーキングメモリの機能にどのように影響するかといったことを示している。最後に,ワーキングメモリトレーニングの利点に関するエビデンスについて探求している」
(「認知心理学のフロンティア・シリーズ」紹介文より引用)


◆主な目次
第I部 ワーキングメモリ:新しい知性
第1章 ワーキングメモリ:序論
第2章 ワーキングメモリと知能:展望
第3章 ワーキングメモリの進化

第II部 生涯にわたるワーキングメモリ
第4章 発達におけるワーキングメモリ
第5章 ワーキングメモリの階層モデルと健康な高齢者のその変化

第III部 ワーキングメモリと専門知識
第6章 熟達者のワーキングメモリ:伝統的なワーキングメモリ概念との質的な相違
第7章 ワーキングメモリ容量と音楽の技能

第IV部 ワーキングメモリと身体
第8章 ワーキングメモリと食習慣
第9章 断眠とパフォーマンス:ワーキングメモリの役割
第10章 ワーキングメモリと嗜癖行動

第V部 ワーキングメモリと意思決定
第11章 ワーキングメモリと不安:個人差と発達の相互作用を探る
第12章 情動と認知的制御の統合
第13章 ワーキングメモリと瞑想

第VI部 ワーキングメモリの将来:トレーニング
第14章 ワーキングメモリをトレーニングする
第15章 ワーキングメモリトレーニング:神経イメージングからの洞察

出版社からのコメント

◆北大路書房の関連書籍
『ワーキングメモリと学習指導: 教師のための実践ガイド』
(S.E.ギャザコール,T.P.アロウェイ/著 湯澤正通・湯澤美紀/訳)
『ワーキングメモリと発達障害: 教師のための実践ガイド2』
(T.P.アロウェイ/著 湯澤美紀・湯澤正通/訳)
『ワーキングメモリと日常: 人生を切り拓く新しい知性』
(T.P.アロウェイ,R.G.アロウェイ/編著 湯澤正通・湯澤美紀/監訳)
『ワーキングメモリと特別な支援: 一人ひとりの学習のニーズに応える』
(湯澤美紀・河村 暁・湯澤正通/編著)
『ワーキングメモリと教育』
(湯澤正通・湯澤美紀/編著)
『ワーキングメモリと英語入門: 多感覚を用いたシンセティック・フォニックスの提案 』
(湯澤美紀・湯澤正通・ 山下桂世子/編著)

著者について

広島大学大学院教育学研究科教授
<主著・論文>
ワーキングメモリと教育(共編著) 北大路書房 2014年
教師教育講座第3巻 発達と教育(編著) 協同出版 2014年
領域固有の概念変化を目指した授業デザインから領域普遍的な認知スキルへ―教育に対するワーキングメモリ研究の意義― 教育心理学年報53集,166-179. 2014年
日本語母語幼児による英語音声の知覚・発声と学習:日本語母語話者は英語音声の知覚・発声がなぜ難しく,どう学習すべきか(共著) 風間書房 2013年
ワーキングメモリと特別な支援:一人ひとりの学習のニーズに応える(共編著) 北大路書房 2013年
Working memory: Developmental differences, component processes and improvement mechanisms. (共著) New York: NOVA publishers. 2013年
クラスでワーキングメモリの相対的に小さい児童の授業態度と学習支援(共著) 発遠心理学研究第24巻第…

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

アロウェイ,T.P.
教育、特に個人の学習障害におけるワーキングメモリの役割を研究対象としている。研究は多くのメディアの注目をあび、250以上の新しい記事で取り上げられている。また、ワーキングメモリの専門家としてテレビやラジオでコメンテーターとして活躍している

アロウェイ,R.G.
科学技術に満たされた環境が脳に及ぼす影響について最前線の研究に参加している。生涯におけるワーキングメモリの成長と衰退や、教育におけるワーキングメモリの重要性についての共著書を出版している。それらの本はBBCラジオとUKサンデータイムスで取り上げられている

湯澤/正通
1992年広島大学大学院教育学研究科博士課程後期修了(博士(心理学))。現在、広島大学大学院教育学研究科教授

湯澤/美紀
2001年広島大学大学院教育学研究科博士課程後期単位取得満了。2002年博士(心理学)(広島大学)。現在、ノートルダム清心女子大学人間生活学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


出版社より

認知心理学のフロンティア

Frontiers of Cognitive Psychology

Series Editors: Nelson Cowan (University of Missouri)& David A. Balota (Washington University)

発達心理学 神経科学 ワーキングメモリ 認知心理学 認知科学 脳科学 動機づけ モチベーション 脳のメモ帳 行動経済学 神経経済学 認知コントロール 意思決定 発達心理学 神経科学 ワーキングメモリ 認知心理学 認知科学 脳科学 動機づけ モチベーション 脳のメモ帳 行動経済学 神経経済学 認知コントロール 意思決定 神経経済学 行動経済学 ヒューリスティックス合理的選択理論 意思決定論
ワーキングメモリと日常: 人生を切り拓く新しい知性 動機づけと認知コントロール: 報酬・感情・生涯発達の視点から 神経経済学と意思決定: 心理学,神経科学,行動経済学からの総合的展望
著者 T.P.アロウェイ,R.G.アロウェイ 編著 湯澤正通,湯澤美紀 監訳 T.S.ブレイバー 編著 清水寛之,金城 光,松田崇志 訳 E. A. ウィルヘルムス,V. F. レイナ 編著 竹村和久,高橋英彦 監訳
内容紹介 基礎的なリテラシーの学習は言うに及ばず,創造性や批判的思考といった認知スキルや,情動のコントロールといった社会的スキルをも支えているワーキングメモリ。生涯にわたる発達において,ワーキングメモリはどのような役割を果たすのか。成功(専門知識の獲得)や失敗(嗜癖行動,不適切な意思決定)との関係を明らかにし,日常生活に与える影響を示す。トレーニングの利点も言及。 動機づけが認知を,また,認知が動機づけを支えるメカニズムは,どのようになっているのだろうか? また,その際の相互作用は? 注意,学習,記憶という認知プロセスと感情を含む動機づけのプロセスとの関係について最新の研究状況を俯瞰し,認知心理学と神経科学との融合分野として,今後の研究のあり方も含め解説する。 判断や意思決定過程とその理論探求は,経済的な影響のみならず,人の幸福と関連する重要課題として学際的な広がりを見せている。本書ではその歴史的基礎,認知的一貫性と非一貫性,ヒューリスティクスとバイアス,神経経済学と神経生物学,発達段階における差異と個人差,意思決定の改善の6つの分野に焦点を当て詳説する。

認知心理学に関する北大路書房の好評書

『現代の認知心理学』シリーズ[全7巻]をはじめ,

認知心理学の基礎・理論から展開・実践まで,幅広い書籍をご紹介!


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 356ページ
  • 出版社: 北大路書房 (2015/10/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4762829080
  • ISBN-13: 978-4762829086
  • 発売日: 2015/10/22
  • 商品の寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 124,128位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

2018年6月8日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告