この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ワンダーJapan 14―日本の《異空間》探険マガジン 特集・新宗教の不思議な巨大建築 琵琶湖周辺のワンダースポット (三才ムック VOL. 281) ムック – 2009/12/1

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
ムック
¥ 3,500
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



本日昼12:00セール開始
年に一度のプライム会員限定ビッグセール。最大10%のポイントアップキャンペーンも同時開催。
プライムデーセールを今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

2005年の創刊号から丸4年。ついに最新刊14号の発売。
今回の目玉は、ホントに目玉が飛び出る「新宗教のビックリ建築」。
過去にも、PLタワー(2号)や霊友会釈迦殿(6号)、天理の巨大建造物群(8号)、
変わったところでは、「死後さばきにあう」などの看板ばかりたくさん集めた
記事(3号)なども紹介してきました。
今回は、世界救世教の流れをくむ4団体(真光系などとも呼ばれています)の
見ていると不思議な気分になる超個性的な建物をご紹介します。

もうひとつの特集は琵琶湖周辺のワンダースポット。
日本のへそである琵琶湖周辺には、巨大な観覧車廃墟もあれば
個人の道楽で作ってしまったあやしいお城、レトロで不思議な長浜タワー、
江戸時代に掘られた地下水道トンネル、雰囲気たっぷりの赤線跡、
さらに浅野祥雲コンクリ像で埋め尽くされた関ヶ原ウォーランドなど
謎にみちたおもしろいものがいっぱいあります!

特別企画・池島炭鉱の貴重なレポートも必見。
また、都築響一氏の珍済州島紀行では、韓国の秘宝館を2つ紹介してます。
こちらも見逃せません。

出版社からのコメント

巨大建造物や廃墟、地下空間、B級グルメ、珍寺、秘宝館、思わず笑っちゃう公園遊具まで、日本にはまだまだワクワクするような不思議で楽しいところがいっぱい!

「なんじゃ、コリャ~」な日本の《異空間》をオールカラーで紹介する
たぶん世界でも唯一の本の、第14弾です。

日本語がわからなくても楽しめるので、外国人へのプレゼントにもぜひ。
(実際、「解説は読めないけどおもしろい」らしいです)


登録情報

  • ムック: 128ページ
  • 出版社: 三才ブックス (2009/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861992389
  • ISBN-13: 978-4861992384
  • 発売日: 2009/12/1
  • 梱包サイズ: 28.2 x 21 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 672,029位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

VINEメンバー
2011年4月8日
形式: ムック|Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告