ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,175
通常配送無料 詳細
発売元: Y.m. SHOP
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.0 100件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 815 (20%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 2,041より 中古品の出品:20¥ 353より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]
  • +
  • ヒトラー 最期の12日間 [DVD]
  • +
  • ロンメル~第3帝国最後の英雄~ [DVD]
総額: ¥5,802
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: トム・クルーズ, ケネス・ブラナー, ビル・ナイ, トム・ウィルキンソン, カリス・ファン・ハウテン
  • 監督: ブライアン・シンガー
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2009/07/24
  • 時間: 120 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 100件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001P3POYS
  • JAN: 4988013845244
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 51,313位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ワルキューレ それは、北欧神話に登場し「戦死者を選ぶ者」の意味を持つ女神たち。
ドイツの作曲家、リヒャルト・ワーグナーの代表曲『ワルキューレ』は、この神話をモチーフに作られた楽劇だ。ワーグナーをこよなく愛したナチス・ドイツの総統アドルフ・ヒトラーは、国内のクーデターに備えた危機管理オペレーションを<ワルキューレ作戦>と名付けていた。

連合軍との死闘によって、ドイツの敗色が濃くなった第二次世界大戦末期。ドイツ人将校クラウス・フォン・シュタウフェンベルクは、絶対の忠誠を誓うべきヒトラーの思想や政策に強い疑念を抱き、ドイツの未来を憂うが故に反逆者となることを決意する。シュタウフェンベルクの計画は、ヒトラーを抹殺するだけでなく、その混乱に乗じて一気にナチス政権の転覆までも成し遂げること。ヒトラーの危機管理オペレーション<ワルキューレ作戦>を巧みに利用し、冷酷非情な独裁者をこの世から葬り去るという大胆極まりないものだった・・・

自ら暗殺の実行者となったシュタウフェンベルクは、運命の1944年7月20日を迎える。総統大本営<狼の巣>爆破計画。爆弾の作動から脱出まで、与えられた時間はわずか10分。一線を越えたミッション、女神<ワルキューレ>は果たして誰に微笑むのか・・・?

[特殊内容/特典]
【特典ディスク収録内容】※約63分予定
*The Valkyrie Legacy Documentary(42分34秒)
*Journey to VALKYRIE(15分55秒)
*劇場予告編集:日本版/US版劇場予告編(4分32秒)※本編DISC収録

【音声特典】
トム・クルーズ、ブライアン・シンガー(監督)、クリストファー・マッカリー(脚本)による音声解説

【商品仕様】
*初回生産分のみアウターケース仕様
*ピチャーディスク2枚組

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

トム・クルーズ主演、『ユージュアル・サスペクツ』のブライアン・シンガー監督によるサスペンスアクション。非人道的なナチス政権の反乱分子となったあるドイツ人将校によるヒトラー暗殺計画の顛末をスリリングに描く。共演はケネス・ブラナーほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
ナチスが一枚岩でなかったことは昔から言われていたし、ヒトラー暗殺計画のことも知ってはいた。でもこれだけ歴史に忠実な作品を見せられると、自分の知識の浅さに呆然としてしまう。映画ならば「まあフィクションだし」と思えばいいが、本ディスクには115分の傑作ドキュメンタリー「ワルキューレの遺産」も収録されている。2本とも当然HD収録であり、ブルーレイの容量の大きさを上手く利用していて、映画を観るというよりも「歴史の勉強」をしている感覚になる。HDで蘇るカラー映像のヒトラーは、もはや昨日のニュースを観ているような「生々しさ」であり、B・シンガー監督がこだわった「なるだけホンモノの場所での撮影」と相まって、2本の作品が頭の中で錯綜するのだ。もちろん本編は「なぜか」英語であり(笑)、ハナから作り物であるのは明白だが、それでもベントラーブロックでの処刑シーンなどはホンモノの緊張感だった。だって、あれは東京裁判の映画で、処刑シーンを現サンシャイン60隅の処刑場跡で撮るのと同じことだからね。許可したドイツ政府も偉いが、申請した製作者サイドも凄い。T・クルーズは今回、役者として「声を掛けられた」側であるが、それにしても何と挑戦的作品の多い俳優だろう。本作もアカデミー協会からは無視されてしまったが、そろそろオスカーのひとつでも受賞して欲しいなあ・・・。この他、特典映像もテンコ盛りであり、これは本当にお勧めの...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
現存する当時の現場で撮影する事へのこだわりや、軍服や車両・軍用機(本物の3発ユンカースはワクワクです…)etc.の考証の素晴らしさなどスタッフの熱意には敬意を表しますが、観終わって何となく残る違和感は何だろうって考えると、やはり出演者が英語でしゃべっているからなんでしょうか… 本家ドイツ語作品の傑作2篇、J・バイアーの2004年TV作品『オペレーション・ワルキューレ』や、G・パブストの1955年モノクロ作品『ヒトラー暗殺』に漂う緊迫感と比較するとどうしても見劣りがしてしまいます。

冒頭のアフリカ軍団のシークェンス、襲撃してくるP40戦闘機や迎え撃つ35mm機関砲、爆撃される3号戦車など短いながらも一級品の戦争アクションに仕上がっていたし、ボルフスシャンツェの一連のくだりもまずまずの出来だったが、ベルリンでの"ワルキューレ作戦"のくだりが何故かもたもたして映画全体のトーンがいきなりへたっちゃったので、事件が唐突に収束してしまう感じで、クーデター挫折の無念さが首謀者各々から全然感じられないままに銃殺シーンに移行してしまい、あっさり終わってしまう残念な結果に…

惜しいですねぇ、こんなに豪華で"上手な"役者をこれでもかってくらいに揃えているのに! 主役トム・クルーズのシュタウヘンベルク大佐は、少々ロマンチックになっ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 望都 VINE メンバー 投稿日 2017/1/3
形式: DVD Amazonで購入
この事件についてはかつて何冊か本を読んだことがありますが、史実に基づく緊迫感のある演出、武器や衣装、建築物などをはじめとする当時の雰囲気の忠実な再現(多分)、そして俳優陣の好演等が相俟って、評者としてはリアリティーの高い大変見ごたえのある一作でした。作品を堪能するとともに、やはりこういうレジスタンス活動の無かった当時の日本との相違について様々に考えさせられました。

「フォン・シュタウフェンベルクは作戦会議の行われる建物へ向かう直前、カイテルの副官エルンスト・ヨーン・フォン・フライエント中佐にシャツを着替えられる部屋を要求した。フォン・ヘフテン中尉とともに案内された小部屋に入り、二人で爆弾の準備を開始した。爆弾は二個用意してあったがフォン・シュタウフェンベルクが書類鞄に入れた爆弾は一個だけだった。これは抵抗グループのメンバーの総統大本営通信司令官エーリッヒ・フェルギーベル大将がカイテル元帥の事務所に電話してきて、フォン・シュタウフェンベルクと代わってほしいと求め、伝令のフォーゲル曹長が、フォン・シュタウフェンベルクのいる部屋に入ってきたため、焦ったフォン・シュタウフェンベルクがとっさに信管を起動させた方の爆弾だけを書類鞄に滑り込ませ、起動させてないもう一個はフォン・ヘフテン中尉に渡してしまったためだった。しかし一個だけが爆発すればもう一個も誘爆する。もう一個の爆
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/8/28
形式: DVD
映画は2008年12月25日リリース。日本では2009年3月20日リリース。1944年に起きたドイツ国防軍将校によるヒトラー暗殺計画 ワルキューレ作戦と、その指揮を執った実在の将校シュタウフェンベルク大佐を題材にしている。ちなみにヒトラー暗殺計画は、ヒトラーの政権奪取後、単独犯及び組織的なものを含めて少なくとも43回あったらしい。そのなかでも『ワルキューレ』は最も有名だろう。

シンガー監督のこだわりが随所に出た装置の中、歴史的史実にできるだけ忠実に表現しようという強い意図を感じる作品だ。つまり、作品として映画を盛り上げようというよりも、史実を可能な限りそのままに映像化することに注力している。『チエ・ゲバラ』を描いた2つの映画を観たときも同じ気持ちになったが、史実をそのまま映像として観る、というのは決して楽しい、というものではない。ただそこにどうしようもなく堅固なリアリティを感じる。

随所にVFXも使われていて、ヒトラーの住居兼大本営であったベルクホーフ・ハウスやトム・クルーズ演じる主人公の指の失われた左手の再現などは実に見事だ。なお現在、ベルリンの国防省跡に、ベック、シュタウフェンベルク、ヘフテン、オルブリヒト、クイルンハイムら五人の名を刻んだ記念碑が建っていて、彼らが処刑された中庭の跡には、象徴としてブロンズ像が置かれている。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー