この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ワタナベ家のちょっと過剰な人びと 単行本 – 2013/2/9

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2013/2/9
¥ 9,800 ¥ 1,060
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

著者の渡部玄一さんは、チェリストであり、日本の知の巨人・渡部昇一氏の長男である。
母は、ピアニスト、姉もピアニスト、弟はヴァイオリニストという音楽一家である。
父は、子どもたちに幼い頃より独特な教育を課していた。一日、一つの『論語』、百人一首の暗記、なわとびと、始めたら一日も欠かすことは許されなかった。そのおかげで、毎日、必ずやる! というパワーを叩き込まれ、どんな厳しいレッスンにもめげることなく果敢に挑戦することができた。
家族五人のエディンバラでの生活は、家族の絆を強くし、家族のそれぞれの愛の過剰さは、家族って、いいな、兄弟って、いいな、と思わせる共感に満ちている。今一度、家族の有り難さを考えるきっかけになるエッセイである。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

渡部/玄一
チェリスト。東京芸術大学附属高校を経て、桐朋学園大学卒業。同校研究科卒。93年米国ニューヨークのジュリアード音楽院卒。ニューヨーク在住中には国連総本部やリンカーン・センターなどで数度に渡りリサイタルを開催、好評を博す。インディアナ大学(米国)でさらに研さんを積んだ後、95年帰国。以来、NHK‐BS、NHK‐FM出演をはじめ、ソリストとして、また室内楽、オーケストラ奏者として幅広く活躍している。03年より文化庁海外派遣員として1年間ドイツのミュンヘンにて研修。現在、読売日本交響楽団団員、及びフェリス女学院講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 175ページ
  • 出版社: 海竜社 (2013/2/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 475931296X
  • ISBN-13: 978-4759312966
  • 発売日: 2013/2/9
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 548,843位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(6)

トップカスタマーレビュー

VINEメンバー
2013年11月2日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年2月12日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年6月10日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年3月13日
Amazonで購入
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年7月6日
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2017年5月6日
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告