Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,210

¥ 302の割引 (20%)

ポイント : 609pt (50%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[高橋 克徳, 重光 直之]のワクワクする職場をつくる。
Kindle App Ad

ワクワクする職場をつくる。 Kindle版

5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,210
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 489

商品の説明

内容紹介

いま7割の職場が問題を抱えている! ●どうせ何も変わらない●職場や会社に期待なんかしない●我慢しよう、やり過ごそう ――そんな「あきらめ職場」になる前に、一歩を踏み出し、組織を変える。いま多くの職場で蔓延しているのが「あきらめ感」。目の前の仕事に追い立てられる日々。やるべきことはしっかりやっているのに、どこかむなしい。職場の仲間もそう思っているのかもしれないが、でも本当のところどう思っているのかはわからない、気づくとみんな個人商店でバラバラ。会社全体を見ても、どこか閉塞感が漂っている。結局は何も変わらない、会社に期待なんかしないというあきらめ感が広がっていく。そんなあきらめ感の根本にあるものを解き明かし、未来に希望が持てる「ワクワクする職場」に変わる方策を、多くの企業事例とともに、「人と組織の変革を支援する」プロが説く。

内容(「BOOK」データベースより)

感情と向き合い、関係が変わると、組織が動き出す。「良い感情の連鎖」を起こすことで、人と組織は動き出す。あきらめ感を脱して、未来に希望が持てる「ワクワクする職場」に必ず変われる。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3977 KB
  • 紙の本の長さ: 166 ページ
  • 出版社: 実業之日本社 (2015/3/7)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00Y07B74M
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 32,660位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
閉塞感のある組織、沈滞する職場、他人に関せずの社員。
いまや多くの企業で、当たり前のように見られるありきたりな風景となって
しまった。
本書によれば、そうした職場や組織は7割に上るという。一体、何故?
この疑問に答えつつ、「ワクワクする職場をつくる」ための考え方を記した
のが本書である。著者高橋氏が代表を務めるジェイフィール。そのジェイフ
ィールが支援した様々な事例を盛り込んで「ワクワクする職場」をいかに作
り上げるのかを紹介している。「良い感情を連鎖すること」。これこそが「
ワクワクする職場」のキーであると主張し、職場メンバーの関係性を革新す
る(というか取り戻す)、仕事の意義を見つめ直す、未来をメンバー全員で
描き切るといったことが、「良い感情の連鎖」につながるという。確かに、
これまで「企業は人」と言うとき、「人」の「スキル」や「能力」にばかり
目がいきがちで、人と人のつながりには着眼されづらかった。今こそ、人の
「スキル」を高める「人材開発」から「職場開発」「組織開発」に舵を切る
時代なのかもしれない。そう思わせる良書だ。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
1章から3章が現状の分析。
ソコソコでいいとあきらめてしまっている現状があぶり出される。

4章からが、組織が変わる3つのステップ。
関係革新、仕事革新、未来革新と展開される。
この3つの革新が本書の醍醐味だろう。
現場で変革に取り組むコンサルタントの本らしく、
実務で使えそうなアイデアがちりばめられている。

なお、事例が実名入りで3社載っており、
それぞれ参考になった。
自分がリアリティをもって響いてきたのは、
実は、幾つかの事例を統合したという、
実名入りでない、「ストーリーで読む組織変革」。
生々しい経験を共有することのパワーを感じた。
自分も「マネハプ(1週間で起こったことを共有するフリートーク)」から始めてみたいと思う。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私は今まで団塊世代やゆとり世代のように、「○○世代」と一括りにした文字を目にした時、
大抵はその後にその世代の特徴としてマイナスの面が続いていましたが、
この本には各世代の長所が書かれており、どの世代も組織力を高める為に尊い存在であることを
気づかせてくれました。
また正社員、契約社員、業務委託社員、派遣社員、時短勤務の方等、
雇用形態の異なる社員が同じ職場で働く場面に存在する心理的な壁についても率直に書かれており
私はこれまでこのような壁で悩む人からの愚痴や相談をお受けた際、
上手く言葉でなだめることが出来ませんでしたが、これからは自分の未来のためにも仲間を大切にする視点から
助言しようと、大変勉強になりました。

組織革新に取り組む企業に学ぶシリーズでは、実在する企業で取り組まれた内容が書かれており
当事者の会話や心情を格好良く飾ることもなくストレートに書かれており格好良かったです。
ストーリーで読む組織変革では、臨場感があり感情移入してしまい体が熱くなりました。

読んでいる間次の章へページをめくる時や、読み終えた後、
気づけば無意識に今私に出来ること、私がやりたいこと、私がすべきことを考えていました。
一冊読み終えた
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
前半は、職場における「人と人のつながりの無さ、孤立感、あきらめ感が広がっている」
という問題を、とてもリアルに表現しています。
実際リサーチしたのか、或いはどこかで研究したのか、
裏付けは書かれていませんが、自分の職場と符合しているので説得力がありました。

後半はどうやって組織変革するか、
その道筋を「関係革新、仕事革新、未来革新」というタイトルの各章で述べています。

コミュニティやつながり、支え合いなどを重視し、
H・ミンツバーグ教授の「リフレクション・ラウンドテーブル」が
職場改善の手法として紹介されています。
ある企業の組織変革物語では、素晴らしい効果が発揮されています。

本書のように組織変革が進むためには、
トップの理解、協力、危機感など、そういう何らかの前提があったはずですが、
その辺は述べられていません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover

関連商品を探す