通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ワインバーグのシステム思考法 ソフトウェア文化を... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [ ご検討ありがとうございます。良好状態の商品です。※通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。また中古品である為、年数経過により焼け・スレ傷・書き込み・付属品欠品など特有のダメージや使用感が残っている場合があります。汚れは商品が傷つかない程度に可能な限り除菌クリーニングをしております。]◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ワインバーグのシステム思考法 ソフトウェア文化を創る〈1〉 単行本 – 1994/7

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,780
¥ 3,780 ¥ 253

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ワインバーグのシステム思考法  ソフトウェア文化を創る〈1〉
  • +
  • ワインバーグのシステム洞察法  ソフトウェア文化を創る〈2〉
  • +
  • ワインバーグのシステム行動法 ソフトウェア文化を創る (3)
総額: ¥10,368
ポイントの合計: 374pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 単行本: 340ページ
  • 出版社: 共立出版 (1994/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 432002706X
  • ISBN-13: 978-4320027060
  • 発売日: 1994/07
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 329,352位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 kaizen #1殿堂 投稿日 2008/7/9
形式: 単行本
最初の話題であるワードプロセッサの不具合は、製品の制約条件を明記し、明記していなかった頃に売った相手で制約条件がつくならいらないという人に返金すれば済む話しではないだろうか。
本当に必要な解決策とは違う方向へ議論が進んでいないだろうか。

Qaulity is Freeの引用は興味深い。
その後に続く成熟の分析で、最初を無意識という位置づけにしている。
これこそが、適合したものと同一なのではないだろうか。
無意識と適合が同じであれば、これは輪廻であって、一次元的な右肩上がりのモデルではなく、有効なモデルと為る可能性がある。最適化の極限が無意識であることは、プロの仕事を見れば明らかではないだろうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本はコンピュータのシステム設計は如何にすれば上手くいくかということが書かれていますが、 よく読むとシステム設計だけでなく、あらゆる問題解決に応用が利く内容です。 いや、応用というよりか会社の経営を如何にするかと置き換えても、そこらへんのマネジメント本 よりはるかに役立ちます。前書きにも書いてあるように著者が「文化」というものに主眼を 置いているからだと思います。コンピュータに携わる方はもちろん、経営者の方にもおすすめです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 さて、僕もずいぶん歳をとった。かつて、μPD-751Dという4ビットチップでマイコンを組み立てた中学生は、もう40歳をとうに超している。ハードウェアからソフトウェアへ移り、機械語から高級言語、構造化プログラミングからオブジェクト指向と、マイクロプロセッサの渦中に身を投じてきた。そして、いつのまにかソフトウェア管理者めいたことをやらざるを得ない羽目に陥っている。
 人よりも熱心にこの役割を演じてきたつもりではあったけれど、このソフトウェア管理者というものは、なかなかどうして、気力を消耗させるものだった。頭はいいかもしれないが、人との関わりにその能力を全然注がない人。ソフト技術者としての職業意識の薄い、ソフト屋としての自己評価の低い人。(そのほかでは高いのだが)あるいは、物言わぬふつうの人たち。
 客先もいろいろな人がいる。やりやすい人、やりにくい人。トラブルが起こった時の費用。再スケジューリングと機能削減交渉。崩壊する家庭生活、健康で贖(あがな)われるスケジュール。
 それらの気骨の折れる仕事に、自己流の対応でなんとかやってきた。ビジネス書も読んだり、心理学をかじったりもした。しかし、それらの記述はは隔靴掻痒、いったんソフトウェア世界に変換しなければならない。この本には、そのものずばり、ソフトウェア工学組織における様々な応用問題、基本問題が記されている
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告