ワイルド・フラワーズ [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,980
通常配送無料 詳細
発売元: 功ショップ
カートに入れる
¥ 4,980
通常配送無料 詳細
発売元: T-SELECT
カートに入れる
¥ 4,980
通常配送無料 詳細
発売元: RARE & OUTLET
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ワイルド・フラワーズ [DVD]

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,980 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Route 77 (365日毎日発送、代引、コンビニ受取、ATM払等も可)が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 4,980より 中古品の出品:6¥ 750より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: 岡田義徳, 石川美津穂, キューティー鈴木
  • 監督: 小松隆志
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: レントラックジャパン
  • 発売日 2004/09/24
  • 時間: 127 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0002T25C0
  • JAN: 4947864901325
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 137,515位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

 「プロレスとは、立ち向かっていく姿を見せるもの」…弱小女子プロレス団体・ガリンペイロの創設者・アイアン飯島(高畑淳子)が息子の伸一(岡田義徳)に遺書を遺して病死。伸一はいやいや母の意志を継いでガリンペイロの経営を始めるが、次第にプロレスの持つ奥深さに魅せられていく…。
   同じく女子プロレスを題材にした、ロバート・アルドリッチ監督の傑作『カリフォルニア・ドールス』を超えたと言っても過言ではない、小松隆志監督の大傑作。伸一がいやいや女子プロレス団体の後継者となるあたりをコメディータッチで見せた後は、桐島(鈴木美紀)、中島(石川美津穂)といった選手たちの奮闘ぶりを細かく描写。そしてクライマックスである宿敵との試合シーンでは、亡き母親の、冒頭の言葉をナレーションで聞かせて感動の涙を流させてしまう。笑わせ、唸らせ、感動させる映画。元気と勇気を与えてくれる。それはこの映画そのものが、「立ち向かっていく姿を見せる」ために作られた作品だからだろう。(斉藤守彦)

内容(「Oricon」データベースより)

弱小女子プロレス団体社長が病死し、後を託された息子が女子レスラーとともにチーム復興に励む姿を描いた青春映画。岡田義徳ほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

女子プロレスって「興行」でしょ?そう思っている人は少なくない。また映画の中でもそういうセリフがある。「か弱き」女性が何を好き好んで投げ飛ばされ、腹筋を1000回もこなすのか。でも、本作を観ているとその理由が心にズシンと響いてくる。女子プロは格闘技である。本物のレスラーが演じているから、さらに凄味が増すのだろう。亡き母を継いでイヤイヤガリンペイロの2代目社長になる岡田義徳は、その対極的弱々しさで笑いを誘うが、最後は自身が女子プロの虜になっていく。その筋立てもムリがなく、最後は凛々しくもあった。また本作がスクリーンデビューとなる鈴木美妃は、映画どころかプロレスも初めて、という状況で、最初は本当にか弱い。横浜のレトロなロケ地・JR鶴見線の国道駅で暴漢に襲われそうになるところを、たまたま通りかかったガリンペイロのメンバーに助けられ、この世界に入る。最初はヘナヘナだが、やはり最後はカッコいい。鈴木はこの3〜4年中国の舞台に立っている。グローバルな根性もこの時に芽生えたのではないか。ラストのペアマッチは鈴木以外はすべて本物である。そんな中「それらしく」見えるまでになったのは「フラガール」の蒼井優にも匹敵する凄さだった。あまり話題にならない作品だが、どうしてどうして、横綱相撲を張れる大傑作である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
遂にDVDが出ましたね。
劇場は閑古鳥が鳴いていましたが、わたしは熱い涙で泣いておりました。
最近のプロレス映画の中でも……というのではなく、多くのスポーツ映画の中でもこれだけクライマックスの格闘シーンで白熱できるものはそうありません。日本映画の中では本当に稀有な作品です。
私はプロレスファンでも格闘技ファンでもないのですが、“プロレス”というものがどんなに複雑なエンターテイメントなのかも知ることが出来、また人々を勇気付けるものなのかを知った気がします。
正直スポーツは生中継に叶うものはないと思うのですが、これはフィクションとしての映画のアクション(活劇)と、ある女の子たちの肉体的チャレンジのドキュメントが渾然一体となった迫力で、オリンピックドキュメント並に手に汗握るものがあります。
しかし、ラストのちょっとベタではあるが、あのナレーションは虚をつかれて本当に涙が出ます。
がんばろ~! と久しぶりに気持ちいいラストを迎えられる幸せな映画です。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
†女子プロレス映画†
(2003年作品)

主演:岡田義則・石川美津穂・鈴木美妃・桜花由美・JDスターの面々

☆コメディ・タッチで「リング・リング・リング」のような陰湿なシーンは皆無。気軽に楽しめます◎
☆志生野温夫さんが実況アナ役で登場◎
☆ジャガー横田の演技には吹き出してしまった◎
☆この時の桜花由美は、まだ可愛かった◇
☆女優・鈴木美妃のプロレス・シーンも良く腹筋も割れている◎
☆ファング鈴木はリング外でもペイントしたままだ△
☆最強レスラー役の東城えみ(キューティー鈴木とのタッグ)の顔が怖い★
☆プロレス・シーンも多く、これまでの映画と違いレベルも高いです○

☆女子プロレス・ファンにとっては突っ込み所も多々あり、何回観ても楽しめそうです♪
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
プロレスを扱った漫画や映画というものはけっこうあります。あまりマニアックに思い入れが強くても、イズムを理解せずにネタにしててもつまらないと思うんです。

団体対抗戦や選手のエピソード等、要の部分をコメディータッチに仕上げ上手く料理してるなぁと。
確かに業界きってのプロレス好きという愛やこだわりを感じました。

プロレスファンなら必ず論議したであろう馬場猪木時代の全日、親日、もし対抗戦で戦えばというテーマ、
倒産の危機から初めて他団体に殴り込みをかけた国際プロレス、そして反旗を翻し後に全日にも戦いを挑んだ長州力、
エンターテイメントとしてのショープロレスを“プロ”のアクロバットで魅了したタイガーマスク、伝説のガチ暴走、小川vs橋本

そして女子プロレスも団体を代表する選手達が対抗試合を組むという夢の競演があった。
正に女子を極める頂点の決戦だった神取vs北斗

この映画を見てたら走馬灯のように蘇ってきたんです。

特典にJ'dアストレスのダイジェストも見られます。
チャラけた素人がショープロレスを噛ったかと思いきや、AVに転向し自身も炎上してしまった東城さんの御姿も拝見できます。
打撃も間接もポイントがズレているガチ仕上げの小
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す