ワイルド・バレット DTS スペシャル・エディショ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 ときわ商会
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 国内正規品です。ジャケット、ディスクとも良好な状態です。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,725
通常配送無料 詳細
発売元: YOUメディア
カートに入れる
¥ 2,725
通常配送無料 詳細
発売元: メディアshopridato
カートに入れる
¥ 2,725
通常配送無料 詳細
発売元: カマヤ電機本店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ワイルド・バレット DTS スペシャル・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.2 22件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,725 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,379 (34%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、SAKURAYA online mallが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 2,052より 中古品の出品:14¥ 1より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ワイルド・バレット DTS スペシャル・エディション [DVD]
  • +
  • イントゥ・ザ・ブルー<特別編> [DVD]
総額: ¥3,796
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ポール・ウォーカー, ヴェラ・ファーミガ, キャメロン・ブライト, チャズ・パルミンテリ, カレル・ローデン
  • 監督: ウェイン・クラマー
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2009/03/27
  • 時間: 122 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 22件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001PP981Q
  • JAN: 4907953027237
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 77,102位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

アドレナリンが加速する!!
陰謀と裏切りが交錯する夜の街、一丁の拳銃をめぐる一夜の物語…

『ワイルド・スピード』シリーズ ポール・ウォーカー主演! アメリカの暗部《マフィア》の実態に迫った衝撃のバイオレンス・アクション!!

○新作『ワイルド・スピード4』も控えるポール・ウォーカーが、それまでの二枚目路線から180度方向転換し、ダークでワイルド、そしてアドレナリン全開の演技で新たな魅力に開眼したのが、本作『ワイルド・バレット』だ。ニュージャージー州の街を舞台に、少年が持ち出した1丁の拳銃をめぐって、イタリアン・マフィアとロシアン・マフィア、さらに汚職警官やサイコキラーまでが参戦するバトルロイヤルが展開。そんな複雑な人間関係を見事にまとめ上げたのは、本作で監督・脚本を務めるウェイン・クラマー。本作の成功によってハリソン・フォードとショーン・ペンが共演する新作“CROSSING OVER”の監督・脚本に抜擢されている。他にもヴェラ・ファーミガや天才子役のキャメロン・ブライト、オスカー俳優のチャズ・パルミンテリといった実力派が助演し、壮絶な銃撃戦などアクションシーンも満載。旬のキャストと旬のスタッフによる先の読めない極上のサスペンス・アクション映画となっている。

○各方面で絶賛されたアクションシーンの映像美は必見! タランティーノ監督も大絶賛!!
ウェイン・クラマー監督が描くビジュアルエフェクトを駆使した映像美は圧巻で、斬新なストーリー展開と現在のアメリカの暗部を描き出す演出は70年代アメリカン・ニューシネマの要素を持つ、アクション映画ファン必見の内容。

【ストーリー】
イタリアン・マフィアの組織に所属するジョーイの仕事は「殺し」に使用された銃の後始末。今回はボスの息子トミーが、麻薬取引の現場に乱入してきた警察官を射殺した拳銃の始末を任される。しかし始末したはずの拳銃が、ジョーイの隣家の発砲事件で使用されてしまう。発砲したのはジョーイの息子ニッキーの親友オレグ。虐待されていたオレグが養父に銃を向けたのだった。なぜ始末したはずの拳銃が? オレグと共に消えた拳銃を探して、ジョーイは夜の街へと走り出すが…。

【キャスト】
ポール・ウォーカー『ワイルド・スピード』『南極物語』、ヴェラ・ファーミガ『ディパーテッド』、キャメロン・ブライト『ウルトラヴァイオレット』、チャズ・パルミンテリ『アナライズ・ミー』、カレル・ローデン『ボーン・スプレマシー』

【スタッフ】
製作:マイケル・ピアース/ブレット・ラトナー/サミー・リー、監督・脚本:ウェイン・クラマー、撮影監督:ジェームズ・ウィテカー、音楽:マーク・アイシャム、編集:アーサー・コバーン

【[映像特典(予定)】
○キャスト&スタッフインタビュー、撮影風景、劇場予告編

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ポール・ウォーカー主演、1丁の拳銃を巡り、マフィア、汚職警官、サイコキラーが壮絶な戦いを繰り広げるアクション。マフィアのジョーイは、ある殺しに使われた銃の始末を頼まれる。しかし、その銃を隣に住む少年・オレグに盗まれ…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
「ワイルド・スピード」シリーズでは、もう見ることができなくなってしまったポール・ウォーカーの作品が見たくて、検索して最初に買ったのがこれだった。当たりだった。一丁の拳銃を紛失して走り回るジョーイの切羽詰った表情が良い。また出てくるのが悪人ばかりだが、それぞれが個性を持っていて、最後まで面白く見れた。この監督・脚本を担当しているウェイン・クラマーと言う人をこれから注目したいと思った。最初のラブシーンにはどきっとしたが、面白い映画だ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
それぞれの役者が適した役を演じており大変繊細な映像だと感じる。ポール・ウォーカー、ヴェラ・ファーミガさらにはキャメロン・ブライトの言葉数少ない演技は子役としても最高であろう。最期はお決まりのシーンとなるが、展開がすばらしい。お勧めできる映画の一つであろう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
最初はB級映画かとがっかりしたが、観ていく内にだんだん引き込まれていって観終わった時には、たいへん満足のいく作品でした。ノンストップで一気に観れる作品です。おすすめ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
主人公も含めて
マトモなヤツが一人も出てこねぇ
邪悪な野郎共全員集合ムービー
ここまで悪人が勢ぞろいすると
胸焼けするぜ
誰が一番悪党かランキングつくろうと思ったが
逆に混乱するだけだったぜ
特に注目してほしいのが
アイデンティティにも出てたおちょぼ口のガキ
パッケージでも凄まじい瘴気を放っています
こんなガキに
「ダディ、誕生日に鈍器買ってぇ」
とか言われたら
「い、一発でしとめろよ」
と後ずさりしながら言うしかないぜ
で、肝心のストーリーなのだが
面白くはねぇんだよな
アクションもそんなにねぇし
もっとドンパチと若い女のヌードが多かったら
☆増えてたぜ
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これは映画の醍醐味とするところの、多くのエッセンスを含んだ傑作品です。
アクションを基軸に、クライム、スピード、スリル、サスペンス、ファミリー、ヒーローとそろい踏み。
子役を巻き込んで、ポール・ウォーカーが立ち回りする。
彼のいいところは、碧い眼光の鋭さであり、ある目的に沿って正義感を持って奮起するところであり、持ち味が十分活かされている適役の作品となっています。
1丁の銃を巡って、次から次へと休みなく連鎖的に発生するハプニングが覆いかぶさり、トラブルに巻き込まれていくストーリー。
手に汗を握る攻防に、ギュッと詰まった盛りだくさんのネタには瞬きさえも忘れるくらいです。
よくあるパターンにありがちなところを何重にも数々のパターンを組み入れることで、凡庸な作品に留まってしまうところを大きく跳ね除けています。
それに、エンディングにかけては、意気消沈するように見せかけてのどんでん返しがあり、そのことにみなぎるような好感があり、すごくいいですね。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
4・5★くらいですね。
ハリウッド的なラストシーン以外は素晴らしくよくできた映画です。
先を読ませない展開で一気にたたみかけてきます。
ありがちな分野であるクライムアクションなのにありがちでないのです。
特に個人的に気に入ったのはジョン・ウェインのエピソード。
人間の深みを感じさせるキャラクター造形でした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ポールウォーカー主演のクライムアクション映画。結構な割合でマフィア出る。映像カメラワーク等がかなり凝ってる。ブルーライトが効果的に使われてる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これは面白い。
またアクションものか、と思ってみているとどんどん映画の世界に引き込まれていきました。
主演のPAUL WALKERに興味を持った作品です。

コメントお待ちしています。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
予告編で「タランティーノ大絶賛」と出るので、もっとセリフを活かした作品かと思ったら、派手な銃撃チェイスムーヴィーだった。
本国では2006年2月に、ニューライン配給で1,600スクリーンで拡大公開され、週末だけで388万ドルを挙げて
ボックスオフィス9位に滑り込んだ。
しかし、後が続かず、グロス興収は700万ドル弱に終わり、興行的には成功とは言えない結果だった。

確かに、練ったストーリーは面白いし、壮絶なガンアクションの中にもユーモアを散りばめていて、タランティーノばりの
場面もあるのだが、全体的に抑揚に欠ける嫌いがある。これが興行が萎んだ原因でもあるだろう。

隣の子供の養父がJ・ウェインの晩年作品「11人のカウボーイ」を観ながら「子供の頃ソ連で観た短縮版には、デュークが撃たれる
シーンはなかった。アメリカに来て一番驚いたのが、この撃たれるシーンだ」と子供に語る場面があるが、後半何かに繋がる伏線かと
思いきや、ラストでわざとらしくセリフで語るだけ、っていうのは、ちょっとどうかな、とは思った。

特典映像はインタビューとメイキング、予告編が収録されているが、こちらは「何か付けときゃいいでしょ」的なもので、出来は
良くなかった。インタビューなどブツ切り状
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー