Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

割引: ¥ 165 (11%)

Kindle 価格: ¥1,320

(税込)

獲得ポイント:
13ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

Kindle App Ad
[ブレイディみかこ]のワイルドサイドをほっつき歩け ――ハマータウンのおっさんたち

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ワイルドサイドをほっつき歩け ――ハマータウンのおっさんたち Kindle版

5つ星のうち4.2 156個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥1,320

【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

著者について

ブレイディみかこ
ライター・コラムニスト。一九六五年福岡市生まれ。県立修猷館高校卒。音楽好きが高じてアルバイトと渡英を繰り返し、一九九六年から英国ブライトン在住。ロンドンの日系企業で数年間勤務したのち英国で保育士資格を取得、「最底辺保育所」で働きながらライター活動を開始。二〇一七年、『子どもたちの階級闘争』(みすず書房)で第十六回新潮ドキュメント賞受賞。二〇一八年、同作で第二回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞候補。二〇一九年、『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社)で第 七十三回毎日出版文化賞特別賞受賞、第二回 Yahoo! ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞受賞、第七回ブクログ大賞(エッセイ・ノンフィクション部門)受賞。
著書は他に、『花の命はノー・フューチャー DELUXE EDITION』(ちくま文庫)、『アナキズム・イン・ザ・UK』(Pヴァイン)、『ヨーロッパ・コーリング――地べたから のポリティカル・レポート』(岩波書店)、『 THIS IS JAPAN ――英国保育士が見た日本』(新潮文庫)、『いまモリッシーを聴くということ』(Pヴァイン)、『労働者階級の反乱――地べたから見た英国EU離脱』(光文社新書)、『女たちのテロル』(岩波書店)などがある --このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ブレイディ/みかこ
ライター・コラムニスト。1965年福岡市生まれ。県立修猷館高校卒。音楽好きが高じてアルバイトと渡英を繰り返し、1996年から英国ブライトン在住。ロンドンの日系企業で数年間勤務したのち英国で保育士資格を取得、「最底辺保育所」で働きながらライター活動を開始。2017年、『子どもたちの階級闘争』(みすず書房)で第十六回新潮ドキュメント賞受賞。2018年、同作で第二回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞候補。2019年、『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社)で第七十三回毎日出版文化賞特別賞受賞、第二回Yahoo!ニュース|本屋大賞ノンフィクション本大賞受賞、第七回ブクログ大賞(エッセイ・ノンフィクション部門)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。

出版社より

恋と離婚、失業と抵抗。絶望してる暇はない。笑って泣ける、待望のエッセイ集!

ぼくイエ ぼくはイエローでホワイトで ちょっとブルー ぼくはイエロー ブルー ホワイト ブレイディ・ミカコ ライムスター宇多丸 高橋源一郎  ヤマザキマリ EU離脱  移民 差別 格差 貧困 NHS
ぼくイエ ぼくはイエローでホワイトで ちょっとブルー ぼくはイエロー ブルー ホワイト ブレイディ・ミカコ ライムスター宇多丸 高橋源一郎  ヤマザキマリ西加奈子 関美和 EU離脱 NHS
ぼくイエ ぼくはイエローでホワイトで ちょっとブルー ぼくはイエロー ブルー ホワイト ブレイディ・ミカコ ライムスター宇多丸 高橋源一郎  ヤマザキマリ西加奈子 関美和 EU離脱 NHS

◎ブレイディみかこは、おじさんを描かせてもすごい!!「子どもを描くノンフィクション作家」というイメージを彼女にお持ちの方もいらっしゃるかと思います。しかし本作に登場するのはおじさん、おじさん、時々おばさん。描写の対象が変わろうとも、地べたから世界を切り取る手腕は相変わらずピカイチです。(司書の友里さん・図書館関係者)

◎英国の労働者階級の人々をこんなにも身近に感じられることが、いまだかつてあっただろうか、と思うくらい、時に爽快で、時にほろりと泣けるストーリーだった。「Always look on the bright side of life(いつも人生のブライト・サイドを見ようよ)」!(由記さん・読者)

◎なかなか伺い知ることのできない、イギリス、ブライトンの労働者階級の中高年の日常。ジェネレーションギャップやEU離脱投票をめぐる対立など、面白くわかりやすく書かれていて秀逸。時に差別されても、辛抱強く相手の懐に飛び込むバイタリティが凄い!(のんぴさん・読者)

◎イギリスが昔から好きだ。子どもの時に読んでいた児童文学に出てくる寄宿学校やお菓子にとても憧れたし、私にとってすごく心惹かれるお話が多かった。ただそこには労働者階級の人たちが主人公の物語はなかった気がする。EU離脱に伴うイギリスでの内情やそこで生活している人たちのリアルが書かれていて、おじさん達のどうしようもない所に感心するやら共感するやらですごく面白かった。特に大酒飲みなのに歳を取るとつい健康志向になっちゃったり、こんまりに影響を受けるところが可愛らしい。イギリスの「今」を知るための資料としても役に立ちます。(恵美子さん・図書館関係者)

◎1977年にパンクロックやモッズに夢中だったハマータウンの野郎どもはいつしかおっさんになり、若い世代に煙たがられるようになった。そんな野郎のスラングな言葉使いや風刺の効いたブラックジョークは今も健在で、ユニークないいまわしに笑ってしまうのはぼくだけではないはず。いつの時代も不況や政権の移り変わりにほんろうされるのは労働者階級であるが、その労働者階級の日常が世界を作っているとおもうと愛しくもなる。(誠一さん・読者)


登録情報

  • ASIN : B0897HL8SD
  • 出版社 : 筑摩書房 (2020/6/3)
  • 発売日 : 2020/6/3
  • 言語: : 日本語
  • ファイルサイズ : 4712 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) : 有効
  • X-Ray : 有効にされていません
  • Word Wise : 有効にされていません
  • 本の長さ : 242ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 156個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
156 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年6月4日に日本でレビュー済み
47人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2020年6月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2020年6月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年7月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年1月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2020年10月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年6月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年7月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
click to open popover