中古品:
¥ 1,799
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【国内正規品】レンタル中古品でしたが、 新品のケースに交換して発送します。 内容は、新品ケース1枚、DVD1枚です。 【ディスクについて】 再生に問題はありません。 ※レンタル中古品の為、多少の傷みや、写真には写っていない場合でも ディスクとジャケットに管理シールを貼っている場合がございます。 【発送について】 AMAZON配送センター管理の為 品切れがなく、防水包装などをしてすぐに発送します! (注文完了後、通常24時間以内) コンビニ受け取りも対応しています。 【支払いについて】 代金引換、お急ぎ便、コンビニ、ATM、ネットバンキング、電子マネー払いも可能です。 【プレゼント対応】 ギフト包装、ギフトメッセージにも対応しています。 【お問合せ】 万が一、違う商品が届いたり、商品の不具合や、 シーン途中でフリーズ等ございましたら、 取引完了の評価をされる前に、注文履歴→出品者に連絡する、から、 当店に状態などをご連絡ください。 迅速にメールにて折り返しのご連絡をさせていただきます。 内容を確認次第、商品の交換、返品、返金などの対応をさせていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ローマ法王の休日 [DVD]

5つ星のうち 3.2 46件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:5¥ 4,980より 中古品の出品:7¥ 999より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオローマ法王の休日 (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ミシェル・ピッコリ, イエルジー・スチュエル, レナート・スカルパ, ナンニ・モレッティ, マルゲリータ・ブイ
  • 監督: ナンニ・モレッティ
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: イタリア語, ドイツ語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2013/02/02
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 46件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B009VCJRBG
  • JAN: 4907953042902
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 65,106位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

法王逃亡という衝撃の題材でカンヌ映画祭を沸かせ、日本でもロングランヒットを記録。
ユーモラスかつシニカルな作品で各国映画賞を受賞してきたナンニ・モレッティ監督が新境地に挑んだ待望の話題作。

☆第64回カンヌ国際映画祭正式出品作品。ナンニ・モレッティ監督が聖域に挑む意欲作!
イタリアのウディ・アレンとも呼ばれ、カンヌ国際映画祭パルムドール他、各国の映画賞を受賞。2012年カンヌ国際映画祭では審査委員長を務めたナンニ・モレッティ監督が、全世界11億人以上にのぼるカトリック教徒の最高指導者たる「法王」を主人公に据え、しかも就任演説を前に逃走するという大胆な題材をコメディタッチで描く!!

主演に『昼顔』『美しき諍い女』をはじめ100本以上の作品に出演しているフランス映画界の重鎮ミシェル・ピッコリを迎えて描くコミカルにして深遠なドラマ、美しい映像、そしてイタリアの華麗にして繊細な文化。法王を悩める一人の人間として描き、カンヌ映画祭を沸かせた最大の話題作。

【ストーリー】
ローマ法王死去―。この一大事を受けヴァチカンで開催される法王選挙(コンクラーヴェ)。聖ペドロ広場には、新法王誕生を祝福しようと民衆が集まり、世紀の瞬間を心待ちにしている。そんな中、投票会場のシスティーナ礼拝堂に集められた各国の枢機卿たちは、全員が必死に祈っていた。
「神様、一生のお願いです。どうか私が選ばれませんように―。」
祈りも空しく新法王に選ばれてしまったのは、ダークホースのメルヴィル。彼は早速バルコニーにて大観衆を前に演説をしなければならないが、あまりのプレッシャーからローマの街に逃げ出してしまい…。あわてた事務局広報は、なんとかコトが外界にバレないよう画策。街中に捜索の網を張る。一方メルヴィルは街の人々との触れ合いを通し、人生とは、人の信仰心や真心とは、そして“法王"の存在意義とは何かを見つめ直していくが、演台に戻らねばならない時間は迫っていた。果たして、ローマの街で彼が見つけた大切な答えとは―?

【キャスト】
ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、ナンニ・モレッティ、マルゲリータ・ブイ

【スタッフ】
監督・脚本・製作 : ナンニ・モレッティ、脚本 : フランチェスコ・ピッコロ/フェデリカ・ポントレモーリ、音楽 : フランコ・ピエルサンティ、製作 : ドメニコ・プロカッチ

【初回限定封入特典】
用語解説書(4P)

【特典映像】
メイキング、未公開シーン集、カンヌ国際映画、カチンコ集、キャスト紹介、予告編集
監督インタビュー「メルヴィルの気持ちは、誰にもあてはまるもの」(コラム/静止画)、キャスト&スタッフ プロフィール(静止画)、プロダクションノート(静止画)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『息子の部屋』の名匠、ナンニ・モレッティ監督が、新ローマ法王に選ばれた枢機卿の苦悩をユーモアかつシニカルに描いたハートフルコメディ。新法王に選ばれたメルヴィルは、演説を前にしてプレッシャーに耐え切れずヴァチカンを逃げ出してしまう。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
(ネタバレあり)

選ばれた法王がひとりの人間として重圧に苦悩し、最終的に任を固辞するエンディングが意外だ
という捉え方を前提として、多くのレビューがあがっている。監督の意図も実際そうだったのかもしれない。
法王も普通の人間だもの、NOを言うことだってあるはずじゃない、って。

私が最初にこの映画を観た時、最後のスピーチのセリフで、選任固辞という捉え方ではなく、
信仰のあるべき姿を法王自らが示したという捉え方をしていた。ずっとユーモラスな展開だったのに
急にシリアスなエンディングだという印象を受けた。ところが、他の方のレビューを見ると、
どうも私の見方は少数派だったようだ。

最後のスピーチのセリフはこうだ。
『・・・残念ながら気づきました、与えられた役目を果たせないと。私は導くのではなく、
導かれるべき人間の一人だと感じます。今 言えるのはこれだけです。私のために祈ってください。
皆さんの指導者は私ではない。私であってはならないのです。』

このセリフを「別の方に法王になってほしい、私には無理だ」と解釈することも当然できる。
だが、この同じセリフは「導くのは神であって私ではない。私は法王の職責に選ばれたとしても<
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
原題はHabemus Papam、パパ(法王)が決まったといった感じか。邦題は多分ローマの休日に掛けて付けた命名だろうが、全く迷惑な題名だ。もともとこの映画、カトリックとイタリア人の文化に精通していないと、完全に混乱してしまう内容だ。最近大きな悩みを抱えているカトリックが背景だが、枢機卿が選んだ法王は、神が選んだものであり、初代の使徒ペトロ以来の神の代弁者なのだから、その神が選んだ人間にこんなことが起こるはずがないのだが、でもいつ実際に起こってもおかしくないような感じにさせられた。バレーボールのシーンはあり得ないだけに息抜きになったし、各所にシリアスだから笑ってしまう場面も多いが、後いつまでも考えさせられる真面目ででシニカルな映画だった。
宗教が人生の一部であり、現実的でまじめで、一方何か無責任で支離滅裂で、マザコンのイタリア人そのものの様な映画。場面場面で多くのイタリア人の知人の顔が浮かんだ。全部筋が通って辻褄が合わないと気持ちの悪い人は、イタリアには住めないかもしれない。
この映画、何か言いたそうで、それにしては私にとってはもやがかかっているので、星一つ減らした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
観て良かったと思える点は、映像がきれいで「ダビンチ・コード」の舞台にもなったところがじっくりみれるとこ
観なくても良かったかな、と思う点は、往年の名作「ローマの休日」の展開を期待しちゃったとこ

精神科医(セラピスト?)の取扱いで、気分を悪くする人がいるかもしれないと心配になるわ
セラピーが日常生活の一部になっている国だとあんな感じに描いても、「くすっ」と笑えるのかしら

国別にチーム分けしたのが何かの暗喩?
バレーボールの試合で盛り上がるところは、まあよかった

イタリア映画でコメディって、これもありなのかな
原題の直訳でタイトルをつけたらよかったのに
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
勉強にはなりますが
終始つまらなかったです。
ラストが特にがっかりです。
試しに観てください。
あなたもきっとつまらないと思うでしょう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この映画は今後放っておくとどんどん評価が下がり、星の数も延びないと思う。
しかし、その責任の一端はこの映画の宣伝の仕方にあると思う。
この映画の予告編を見た人は大部分、これをコメディ映画だと思うはずだ。
タイトルも「ローマの休日」のもじりであるのは確実で、そんなほんわかした作品を
想像しているかもしれない。
しかし、そういう予想は完全に裏切られる。この映画は意外とシリアスだ。
「ローマ法王」というおそろしいほどの重圧に苦しみ、悩むひとりの人間の姿を
描いている。が、しかし、さほど重苦しい作品ではない。解説に「ユーモラスで
シニカルな作品で受賞歴のある監督」と紹介されているように、映画にはユーモアもあり、
コミカルなシーンもあり、なかなか楽しい。噛むほどに味わいがあるというか、
ハリウッド的エンターテイメント性はないが、しみじみとしたいい作品だと思う。
予告編では、新しい法王に選ばれた主人公が叫んで逃げ出すシーンがおもしろおかしく
描かれているが、ここは決して笑うシーンではないと思う。個人的には、この映画の
予告編は非常に罪作りだと思う。あまり感情的なレビューはよくないと思うが、
個人的にはほとんど憤りを感じる。映画の真の姿を伝えてないばかりか、
...続きを読む ›
コメント 112人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す