通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったス... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に薄い汚れがあります。カバーに傷みがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか? 単行本(ソフトカバー) – 2012/4/6

5つ星のうち 4.5 105件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 961 ¥ 1
単行本(ソフトカバー), 2012/4/6
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ローマ法王に米を食べさせた男  過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?
  • +
  • そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの再生
  • +
  • 田舎力 ヒト・夢・カネが集まる5つの法則 (生活人新書)
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 118pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

過疎高齢化により18年間で人口が半分に落ちこんだ“限界集落”の石川県羽咋市の神子原地区を、年間予算60万円で、わずか4年間で立ち直らせた“スーパー公務員”・羽咋市役所職員の高野誠鮮氏。神子原地区の米をローマ法王に献上することでブランド化に成功させる。農家が株主となる直売所を作って、農民に月30万円を超える現金収入をもたらす。空き農家を若者に貸すことでIターンを増やす。アメリカの人工衛星を利用して米の品質を見抜く。『奇跡のりんご』のりんご農家・木村秋則氏と手をむすんで、JAを巻きこんでの自然栽培の農産物つくりを実践し、全国のモデルケースとなるなど、その活躍ぶりは際立っている。本書では同氏が手がけたさまざまな「村おこし」プロジェクトを紹介。これを読むと、仕事のアイディア力が増す、商売繁盛のヒントになる、そしてTPPにも勝つ方法を学ぶこともできる!

内容(「BOOK」データベースより)

CIAの戦略に基づいてメディアを駆使し、ローマ法王にアラン・デュカス、木村秋則にエルメスの書道家、そしてNASAの宇宙飛行士や総理大臣も味方につけて限界集落から脱却させた市役所職員。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 258ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/4/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062175916
  • ISBN-13: 978-4062175913
  • 発売日: 2012/4/6
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 105件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 207,016位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
国からの補助金を受け、疲弊していく日本の地方。著者は地方再生の主人公は地方自身であり、地方が知恵を出し生き残るヒントを教えてくれます。本のタイトルは少しオーバーな評価も散見されますが、これも注目を集めるひとつの策なんだなと理解しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
口語体に近いのでしょうか、心のうちを直球で表現する記法が読み手に鋭く刺さって思わず引きこまれてしまいました。内容自体はテレビなどでも多数取り上げられていますので新鮮味がやや薄いかもしれません。
同じ事をするのは難しいかもしれませんが、同じ志の人がこれからどんどん増えると素晴らしい、そう思える作品です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この方、以前にテレビで見ました。
ガイアの夜明けだったと思います。

その時の印象は壁や逆境をトライアスロン競技
のように乗り越えて行く人だなぁというものでした。
きっと高野さんの思考回路は問題にぶち当たったとき、
メンドクサイ、他の誰かがやればいいなどは考えない
はずです。出会った瞬間に「オラオラァ」と破壊し
尽くさないと気がすまないのかもしれません。

私自身の話になりますが、サラリーマンになって
12年になります。丁度中堅として、脂が乗ってくる
くる時期かもしれませんが、私の場合、環境の変化
と部署移動が多く、かなり疲れが出始めております。

仕事を覚えて、その部署で仕組みを作り、そして
結果を出せそうになると、部署移動。というサイクルを
繰り返し、失敗による叱責、相手へ教えてもらうこと
をお願いする繰り返しという環境で、無知への恐れが
身に染み込み、万年自信の無い自分がおります。

また、昔だったら波風立つことを恐れず、ガンガン物申
していたことも、いろいろな失敗を経て、相手への気遣い
が先行して当たり障りのない人間に変化しているのを
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
企画書を何枚も書いたり、会議を何回も開いたり、できない理由ばかりあげつらって、何も行動しないよりも、今できることを、とにかく全力でやってみる。すると、何かが見えてくる。

失敗したら、また、起き上がって何度でも挑戦すればいい。だって、大多数のことは、人の努力で何とかなるものだし、成功と失敗は紙一重なのだから(なんでも自分たちでやってみることで、ノウハウも蓄積されるし、自信にも繋がる。失敗から得ることも、たくさんある)。

実行に当たり、お金がなければ、頭をひねり、知恵をだし、汗をかき、戦略を練れ(常識を疑い、物事を多面的に捉え、マイナスをプラスへ発想の転換をしてみる)。

ただ、一人でできることには限界がある、やはり、いろんな人の協力・理解があってこそのものだ。

人を動かすには、熱意・情熱・行動力・発想力・人脈も大事だが、何よりその人に、人間力・魅力・徳というか人を引き付ける力が備わっていなければ。

前面にはあまり出ていないが、女性の力ってスゴイね!(男性の行動の源泉であり、後押しでもある)。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
Kindle用書籍で購入しました。

役人である著者が役人の枠を超えて、過疎化している村を活性化していくお話です。とにかく前向きで何事もトライ。失敗を恐れず突き進んでいく。

特に頭に残っているのは、「可能性を無視するのが最大の無策」という言葉です。ダメそうでも、少しでも可能性があるならやってみる、という事です。会社勤めをしていると、可能性があったとしてもその前に儲かるのか?売れるのか?ということ「シュミレーション」してから、石橋を叩きまくってから結局渡らない、ということが多くあります。

この本ではほんの少しでも可能性があればやってみる、ということを実践されています。例えば、過疎化している村の名物を作るために、ローマ法皇やゴルバチョフ、日本の総理大臣、レーガン、等にコンタクトをとって、その名物を食べてもらうように働きかけるなど(笑)。想像ついてもやらなそうなことをやっているのでドキドキします。

私もなるべくアクティブに行こうと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー