ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマ... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,980
通常配送無料 詳細
発売元: ハピトクショップ【365日迅速・丁寧・安心発送】
カートに入れる
¥ 5,278
4pt
通常配送無料 詳細
発売元: FUNMUSIC
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 [DVD]

5つ星のうち 4.7 274件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,480 通常配送無料 詳細
ポイント: 1pt  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ベリッシマ東京が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 1,740より 中古品の出品:16¥ 66より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオローマの休日 (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 [DVD]
  • +
  • ティファニーで朝食を [DVD]
  • +
  • マイ・フェア・レディ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
総額: ¥5,334
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: グレゴリー・ペック, オードリー・ヘプバーン, エディ・アルバート
  • 監督: ウィリアム・ワイラー
  • 形式: Black & White, Color, Dolby, Dubbed, Subtitled
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日 2006/05/10
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 274件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000YGFPNW
  • JAN: 4988113756747
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 24,880位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

パラマウントが誇る、時代を超えた名作・傑作をお求めやすい価格で!!

ヨーロッパ最古の王室の王位継承者アン王女は、親善旅行で訪れたローマの宮殿から脱走を図る。そんな彼女に出会ったアメリカ人新聞記者ジョーは、大スクープのチャンスに興奮。ローマのガイド役を買って出た彼は、はしゃぐアンの姿をカメラマンにこっそりと撮影させる。束の間の自由とスリルを満喫するうちにアンとジョーの間に強い恋心が芽生えるが・・・。

【映像特典】 ※★印は日本版だけのオリジナル特典です
■Disc1
・ローマの名所めぐり(ナレーション:池田昌子)★
■Disc2
(1)「ローマの休日」の思い出
(2)「ローマの休日」の修復
(3)イーディス・ヘッドについて
(4)オリジナル劇場予告編3種
(5)フォト・ギャラリー
(6)池田昌子が語る吹替の思い出★
(7)50周年記念公開日本版劇場予告編(2003)★
(8)1997年日本公開時予告編★
(9)キャスト&スタッフ バイオグラフィ★

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ウィリアム・ワイラー監督、オードリー・ヘプバーン主演によるラブロマンス。美しいローマの観光名所を背景に、某小国の王女・アンは滞在先の宮殿を抜け出し、新聞記者・ジョーと束の間の恋に落ちる。身分違いの恋の行方は…。“グレイテストヒッツ”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
 最後の記者会見会場で見せる様子から分かるように、ヘップバーンは、相手のペックが新聞記者とまでは気づいていなかった。これは、間違いない。しかし、少なくとも、相手が自分を王女だと知っていて、知らないふりをしてつき合っていることには、途中で気づいた。そう判断できる根拠は、河岸のダンス・パーティの大騒動のあと、ペックのアパートで二人っきりになったときの、二人の微妙なセリフの言い回しにあると思う。
 ガウンに着替えたヘップバーンが、ペックに『Shall I cook something? (何か料理を作りましょうか?)』と言う。ペックは『No kitchen. Nothing to cook. I always eat out. (台所がないんだ。食材もないし、いつも外食なんだ)』と答える。ヘップバーンが『Do you like that? (外食が好きなの?)』と聞くと、ペックは、次のようなセリフを言う。
 『Well, life is not always what one likes, is it?(人生は思うようにならないからね)』
 台所がなくていつも外食だ、本当は家で食べたいけれど、『人生は思うようにならないからね』というふうにつながっていくセリフで、そこには、何の深い意味もうかがえない。ところが、ペックは、このセリフを独特の言い
...続きを読む ›
コメント 153人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
ノスタルジーで見る映画ではないと思います。
今でも、新鮮でユーモラスたっぷりな、そしてちょっぴりセンチメンタルなラブコメディーです。

この映画では、ヘップバーンの魅力だけが言われがちですが、グレゴリーペックの今風のお金のためならなんでもする悪質パパラッチと違い、紳士的で優しさを持ち会わせている魅力的な男性として描かれていることを忘れてはなりません。

精悍な顔つきで、背も高く、男性から見ても魅力的です。以前、NHKで氏とファンの集いが放映されていましたが、本当に包容力のある、そしてユーモラスを交えた語り口からは、ひととなりが垣間見え、引き込まれていきました。氏の奥底にある優しさが、役柄ににじみ出てきたのだと確証させる集いでした。ナバロンの要塞でも、人間味溢れる役を演じていたように、今回も正にハマリ役といえるのではないでしょうか。

2003年に氏が亡くなったことは、本当に残念でなりません。

残念な点を一つあげさせていただくとすれば、今回の特典は、やはりヘップバーン中心でした。
グレゴリーペックファンの為にも、ぜひ、次回があるときは、氏の活躍するシーンを封入してくださいませ。この映画がヘップバーンの代表作と思うように、グレゴリーペックの代表作でもあるのですから。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Te-Rumi トップ50レビュアー 投稿日 2015/12/5
形式: DVD Amazonで購入
ちょうど3年前のクリスマスイヴにお届けいただいたのを思い出しました。
娘のおもちゃの指輪などを入れる、子供用のジュエリーBOXを探していた時に、このセットを見つけてクリスマスに届くように日にちを調整して注文しました。

届いたBOXは立派な物で、私も欲しくなって追加注文をしたものです。
因みにお値段は、1,860円でしたので超お買い得だったと思います。
DVDの「ローマの休日」は映画やTVで何度も観ているものの、いつ観ても・何度観ても褪せることなく、いい映画です。

そしていつ観ても切なく思います。
オードリー・ヘプバーン の目がクリっとしてかわいい小顔が印象的です。
今さらのレビューになりましたが、いい映画はいつまで経っても、いい映画だと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ともぱぱ 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/5/23
形式: DVD Amazonで購入
このレビューを書いている時点で、72ものカスタマー・レビューが寄せられており、私が付け加えることなどほとんどないのであるが、私は王女が自分の公務に戻り、記者会見に臨む場面が大好きである。ローマの名所を背景にした王女の冒険談だけでも素晴しいが、このラストでその素晴しさが何倍にも増幅されていると思う。一時の夢物語を終わらせて、おそらくは退屈な儀式の連続である自分の本来の仕事に戻っていく王女の潔さ、そして記者会見に臨む王女の毅然とした態度とその神々しいまでの美しさ、しかし感きわまって"by all means, Roma”と発言する人間らしさの発露。そして記者会見が終わり、グレゴリー・ペック扮する記者が最後まで佇む場面でこみ上げてくる切なさ。何と感動的な名場面だろう。現実は決して甘いだけのものではないが、それに立ち向かっていくことの大切さを、この映画は最後で教えてくれる。何度観ても素晴しい。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー