中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ローマのおさんぽ 単行本 – 2005/8

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書はVaticanoの北側にあるVia Ciproからスタートしました。そして活気があってキモチのいいロマーニ(ローマっ子達)がいるVia Andrea Doriaの市場へ。それからはあちこちへ気の向くままにローマ中を歩き回りました。「ローマのおさんぽ」をご覧になってローマへいらっしゃる方は、歩き出したら気になる方へどんどんそれていきましょう。きっと思いがけない通りや広場に遭遇するはずです。そこにはウキウキするほどカワイイものやおいしいものがいっぱいあって、おしゃべりで魅力的なロマーニにも出会うでしょう。迷路のようなローマでガイドブックにはのっていない“私だけのローマの休日”を体験してください。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

青木/加代子
3年半のOL勤務。その間、写真に興味を持ち、退職後カメラを携えインドやヨーロッパへ旅に出る。写真家・勝山基弘氏に師事。フリーランスフォトグラファーとして活動中


登録情報

  • 単行本: 123ページ
  • 出版社: 竹書房 (2005/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4812421861
  • ISBN-13: 978-4812421864
  • 発売日: 2005/08
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 221,309位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/17
形式: 単行本
~ローマといえば、遺跡・美術・ブランド・サッカーなどが多かった。
この本は、ローマの街ってこんな楽しいんだ~と思わせる。
デザインも凝っていてページごとに雰囲気がどんどん変わってく。
歩いてる感覚になるのは、同じシリーズの「パリ」の方かな。
どっちもパノラマあるけど、ローマは散歩しながら見た「ちょっと気になるもの」が満載。
地図とか~~も載っていて、ガイドブックの類なのかも知れないけど
ヴィジュアルを楽しむ要素が大。
大きくして見たい…と思わせる写真も沢山あって、それが何度見ても楽しい理由かも。
行った気分にもなれるけど、やっぱりホントに行きたくなっちゃう…。~
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ローマは実際に行くと、一軒一軒の間口が小さい。

ショッピングが目的だと、なかなか前方に進めない造りだ。

そのローマの様子がこの本から感じることが出来ます。

石造りの町並みに、デザインの凝った乗り物、傍若無人な車の運転に路上駐車

スタイル抜群のローマ女性、とにもかくにも美味しい食べ物(こんなに美味しいくてカロリー高そうなのに、ローマの女性がスタイルが良いのは何故?)

そんなローマの日常がこぼれてくる1冊。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告