通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ロードバイクの科学―明解にして実用! そうだったの... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ロードバイクの科学―明解にして実用! そうだったのか! 理屈がわかれば、ロードバイクはさらに面白い (SJセレクトムック No. 66) ムック – 2008/3/25

5つ星のうち 4.3 94件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,255 ¥ 822

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ロードバイクの科学―明解にして実用! そうだったのか! 理屈がわかれば、ロードバイクはさらに面白い (SJセレクトムック No. 66)
  • +
  • アラフォーからのロードバイク (SB新書)
  • +
  • より速く、より遠くへ! ロードバイク完全レッスン (SB新書)
総額: ¥3,088
ポイントの合計: 185pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者について

ふじいのりあき
1959年、北海道生まれ。某自動車会社エンジニアであり、自然をこよなく愛する自転車マニア。高校から大学時代は自分で組んだ愛車にキャンプ道具を積み、日本をほぼ一周。50日間連日150キロを平均時速25キロで走ったという強者。いまも毎日片道20キロの通勤路を、寒風も酷暑も厭わずにこぎ続ける。ロードバイクはもちろん、スキー、スノーボード、サーフィン、スケートボード、ランニングなど、多彩でディープな趣味の持ち主。知識をいかに実生活に活かすかを語らせたら天下一品!


登録情報

  • ムック: 178ページ
  • 出版社: スキージャーナル (2008/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4789961656
  • ISBN-13: 978-4789961653
  • 発売日: 2008/3/25
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 94件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,134位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ムック
学校で習ったものの、本棚(やごく一部は頭の中にも?)に並べてあるだけの知識を、
普段の何気ない生活の中でどう生かし人生を面白くしていくかを教わった気がします。

一見とっつきにくい理屈の部分もコラムを初め補足・フォローをしている上
出典やソースも隠すことない姿勢は、自転車文化を広めていきたいというメッセージが
単なる言葉ではなくスタイルとして伝わってきます。

中身の情報も、空気抵抗、各パーツの効果対費用等定量的な指標で比較しており
これまでの感覚論ばかりの雑誌に物足りなさを感じていた私としては衝撃的でした。

なによりこれらのデータを一個人が本業の傍らデータを収集した情熱と、
検証方法を初めユニークなアイデアに敬意を払いたいと思います。
(本で見ればたった一言にすぎない数字の裏に隠された検証作業や裏づけ、計算等を推し量ると感動すら感じます。)
私もエンジニアの端くれですが、
「仕事」だけではなくライフスタイルとしてエンジニアリングして行きたいと感じました。
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
優秀な人というのは人に説明するのが非常に上手く、また理論を実証(検証)することが出来るという事が良く分かる。
裏づけのある数値を示しながら実用について説明しているため説得力がある。
他の雑誌、本が広告塔たる著者が書いているため経験則、コーチングの受け売り、裏付けの無い持論ばかりの情報の中でこの本は秀逸である。

また、各検証の実験の工夫の仕方や身を張って大真面目にやっているところが遊び心満点で読んでいて随所で笑ってしまった。とてもお茶目な人物であると思う。
コラムにあったスタンディングスティルは今まであまり興味が無かったが、時々練習して出来るようになってみたいと思った。
コンテンツが満載なので紹介はしきれないが、ロードバイク乗りならば誰もが面白いと思う一冊だろう。
コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
なぜロードバイクが今のような形状になっているのか。
また、なぜこのような高いサドルで漕いでいるのか。
ケイデンスが重視されるのはなぜなのか?
(どれだけカロリー消費したら体重がどれだけへるのか…など)

自転車に乗っていると感覚でわかってくることだけれども、
実験を伴った具体的な数値を含んだ知識を知るのはおもしろいことだと思います。

自転車に乗り始めた人には、下手な入門本を読むより役に立つ本だと思います。
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
自転車、特に高価なロードバイクがブームである。と同時に、本来こういったモノは、プロが使うのでなければ、趣味性が高い。趣味性が高いとどうなるか?

ハイエンドオーディオの世界と相似形の論説が幅を利かせるのだ。

聴き分けられるはずもない、差を、ことさら大きく取り上げて、記事にしてしまうオーディオ評論家と、その珍説を有り難く受け取る読者。聴いてもいないアンプの音色を事細かに表現する輩は、こんな風に生産される。

自転車雑誌を覆い尽くす意味不明のインプレッション記事。なぜそうなるのか、さっぱりわからない珍説のオンパレードである。そして、回転の軽さ、加速のよさ、振動吸収性などなど、根拠不明のまま仔細に比較し表現する輩が、ショップを屯する。

そんな低レベルな自転車雑誌と、それを有り難がる連中の不健康な関係を一刀両断するのは、こんな地道で面白い、実験精神にあふれる本書である。出版されたと同時に入手して一気に読んでから一年半ほど経ったが、当然、このレベルの本が現れる気配は無い。

とにかく面白いし、読者の好奇心を刺激する。しかし、完璧な本ではない。ところが、随所に散りばめられたこの不完全性が実は著者の意図であり、罠である。それにはまってしまったら、「さあ、そこからは自分で考えてみよう!!」という
...続きを読む ›
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
・ロードバイクは持っていませんが購入検討中の自転車初心者です。
 エンジニアがロードバイクに関する疑問にズバズバ応えてくれる理想的な理論書だと思います。
・Q1.ロードバイクとMTB、なぜロードバイクが速いのか?
 →素人の私は「タイヤの摩擦抵抗の大きさと重量が一番大きいのではないか」と思っていたのですが、さにあらず。本書には、例え、同じ重さにしてもロードバイクの方が速いと書かれています。
→タイヤの細さ(=転がり抵抗)& 自転車走行の大部分は空気抵抗である、ということで。ロードバイクの前傾ポジション(エアロポジション)が抵抗を少なくしていると。
・Q2.それから ロードバイクの重さって値段に反比例しますが、そんなに軽いバイクが普通に街で乗る場合どの程度、何に意味があるのか?についても
→重さは坂で効く、と明確に書かれています。(ということは別にそれほど高低の差がない街乗り用であれば滅茶苦茶高いフルカーボン買う必要は別に無いということですね。)
・Q3.ママチャリをロードバイク風にするには何をどう変えたら良いのか?
→にも明確にヒントがかかれています。
著者曰くは「まずサドルを細身のスポーツタイプのものにすると良い」と。ママチャリの大きなサドルでは太ももの後面がひっかかって漕ぎにくい為とのこと
...続きを読む ›
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー