通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ロートレック荘事件 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ロートレック荘事件 (新潮文庫) 文庫 – 1995/1/30

5つ星のうち 3.4 74件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 188

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ロートレック荘事件 (新潮文庫)
  • +
  • 仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)
  • +
  • 十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)
総額: ¥2,052
ポイントの合計: 65pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

郊外の瀟洒な洋館で次々に美女が殺される! 史上初のトリックで読者を迷宮へ誘う。二度読んで納得、前人未到のメタ・ミステリー。

内容(「BOOK」データベースより)

夏の終わり、郊外の瀟洒な洋館に将来を約束された青年たちと美貌の娘たちが集まった。ロートレックの作品に彩られ、優雅な数日間のバカンスが始まったかに見えたのだが…。二発の銃声が惨劇の始まりを告げた。一人また一人、美女が殺される。邸内の人間の犯行か?アリバイを持たぬ者は?動機は?推理小説史上初のトリックが読者を迷宮へと誘う。前人未到のメタ・ミステリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 222ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1995/1/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101171335
  • ISBN-13: 978-4101171333
  • 発売日: 1995/1/30
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 74件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 31,028位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
すれば、

お決まりの舞台で、本能剥き出しの劇中人物が踊り、お定まり通りの惨劇が幕を開け進行していく訳ですが。何がどう違ったか予測しえない
結末が待ち受けています。神秘的な構成力。最後まで著者の施した仕掛けに気づかなくても身震いするだろうし、途中でトリックに気づいても
同じように身震いするでしょう(ちなみに僕は後者、、別に自慢じゃないもん)。どちらの読者になっても幸せだろう。

そして、ただ欺瞞において前人未到の開拓を達成しただけではなくて、筒井らしい攻撃精神はジャンルが変われど存在していて、いや寧ろ
男と女の生々しい愛情劇を扱ったミステリーだからこそ、より痛烈に顕在しているのかも。愛や恋を無味乾燥なものにしてしまった社会に
対する批判・風刺じゃなかろうかこの絶望的なオチは。。ロートレックも真っ青です。
推理小説という手法を借りて出来た筒井康隆の一大芸術をご堪能あれ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私は、いわゆる叙述トリックが好きで、いろいろなものを読んでますが、このロートレック荘殺人事件はトップクラスになるほど〜って思いました。
ただ、全体的に盛り上がりに欠けていて、種明かしの解説の部分も読みにくかったですね。
でも、トリックとしては秀逸なので、読んでみる価値は十分にあると思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ミステリーとしての質の高さは、充分周知されていますが、この作品において何よりも素晴らしいのは、その物語の悲劇性でしょう。我々の持つ無意識的な差別を浮かび上がらせており、人と対等に接する、とはどういう事かを、考えさせてくれます。類い希なる傑作だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ある程度の推理小説を読んでいてかつ、叙述トリックという前情報を仕入れていれば、序盤で違和感を感じると思います。
推理小説ではありませんが似たような型の作品を知っていたので、1章から2章での構成で正解のトリックが候補として頭に浮かび、4章で確信しました。
トリックがわかれば後は物語や人物の魅力のみになってしまうのですが、やり取りなどをみて、最終的に犯人の心情も予想でき思ってた通りの方向でしたので個人的な視点での評価は低めです。

しかし、初版が1990年ということ、解説を読む限り当時はこの型が知れていなかったことを察するに、当時に読んでいたのであれば楽しめたでしょう。
読者を楽しめるために、新しい型を遂行した筒井さんに感服です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
いやはや、賛否両論あるのでしょうが、まずは脱帽させられました。

にしても、記述の内容から、何となく浜口重樹イコール「正常男性」の匂いがしていたので、禁じ手とまでは云わないものの、読者を混乱させて何が面白いのかという気がしないでもありません。

また、アラ探しをすれば、弾丸の射入角度から明らかに犯人が推定できるでしょうし、馬場金蔵のゴム手袋(161頁の記載振りからすると新品と思われる)の裏から鑑識で指紋を検出することは容易なのでは、という疑問も浮かびました。

なお、牧野寛子との初夜の描写(81頁)は、結構萌えでした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
非常に面白いトリックを使っているとは思うのですが、
文章の読みにくさからトリックが分かってしまいます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
日本のSFの大家、筒井康隆が書いたミステリ小説。
主人公達が訪れたロートレック荘で起こる殺人事件を主軸に物語が進行する。

本作の最大の魅力は、作品全体に張り巡らされた、大掛かりな「仕掛け」。
この仕掛けによって、作品の地位を不動のモノにしていると言ってよい。
コレは、思いついてなかなか出来るトリックでは無い。
著者に相当量の文章力が必要であり、短い作品であるが、かなりの労力をかけて創られている。

ただ難点を言えば、本作はこの「仕掛け」のみに焦点を於いて創られた小説であるという事。
その為正直本筋の話は、大変文章が読みづらく、如何でも良い描写が長く続く為、
ハッキリ言って読んでて苦痛な部分もあり、オチを除けば余り面白くない。

その為、好む人はある程度限定されると思われる。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー