この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ロータスの伝説

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 8,980より 中古品の出品:2¥ 7,254より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の サンタナ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (1991/3/29)
  • ディスク枚数: 2
  • レーベル: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 収録時間: 118 分
  • ASIN: B00005G3II
  • JAN: 4988009543420
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 184,285位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 家路
  2. A-1・ファンク
  3. 果てしなき道
  4. ブラック・マジック・ウーマン
  5. ジプシー・クイーン
  6. 僕のリズムを聞いとくれ
  7. 輝ける光
  8. バトゥーカ
  9. シババ
  10. ストーン・フラワー(イントロダクション)
  11. ウェイティング
  12. アレナの城(砂の城)パート1
  13. フリー・アンジェラ
  14. ソウサリートのサンバ

ディスク:2

  1. マントーラ
  2. 京都(ドラム・ソロ)
  3. アレナの城(砂の城)パート2
  4. ネシャブールの出来事
  5. すべては終わりぬ
  6. 君に捧げるサンバ
  7. ミスター・ウドー
  8. 祭典

商品の説明

メディア掲載レビューほか

このライブが3枚組LPとして発表された73年には,一大センセーションを巻き起こした。横尾忠則デザインのバカでかいジャケットも話題になった。サンタナはすでに宗教の世界に入り込んでおり,ギタリストのアルバムというより導師の布教という色が濃い。
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
Live In Japanのレコードをもつ持っていていたのですがCDをやっと入手できました。
やっぱりLlve In Japanの雰囲気は最高です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 岸 孝一 投稿日 2013/3/2
形式: CD Amazonで購入
先日のTVでサンタナの初来日ツアーの様子を放送していて、この「ロータスの伝説」を思いだし、レコードを探したがなかった。
すぐに注文し早速聞いたが、やっぱりよかった。
当時のジャケットがどうなっているか楽しみだったが、期待はずれ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
様々なジャンルの音楽を吸収して進化し続けてきたサンタナですが、’73
年の時点でこのような既製ジャンルに収まりきれない新感覚のサウンドを
持っていたとは驚きです。「ブラックマジックウーマン」などの大ヒット曲
は説明不要にしても、DISC2の3~5にかけてのスペーシーで官能的な
プレイはこのバンドの奥行きの広さを感じます。特に4の「ネシャブールの
出来事」は、かのジャズの帝王マイルス・デイヴィスがサンタナの曲の中で
一番のお気に入りだったそうです(カルロス・サンタナ談)。マイルスも
ジャズの枠に収まりきれないサウンド作りをしていたので、自分のサウンド
の中にもある共通のものをこの曲の中に感じていたのかもしれません。
個人的には「僕のリズムを聞いてくれ」と「祭典」が好きです。この2曲は
ライブでこそ真価を発揮する曲で、このアルバムでも熱気がほとばしる入魂
のプレイを聴くことができます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
それがこのライヴアルバムだ。
ジャズ系のトム・コスター、マイケル・シュリーヴ、ダグ・ロウチ(あのスタクラのエレベの先生なのだ!)、共に世界一の演奏力を誇るボンゴ&コンガのアルマンド・ペラーザとティンバレスのチェピート・アレアスのラテン陣、そして超絶ヨーデル男のレオン・トーマスらがしのぎを削って暴れまくる暑苦しく混沌とした音世界。
十八番「ブラック・マジック・ウーマン」からの3曲メドレー、15分に及ぶ狂乱のギターインスト「ネシャブールの出来事」、ブラジルのアイルトの「シババ」、ジョビンの「ストーン・フラワー」など名曲も満載。
そして究極の名曲はメンバーのリチャード・カーモード(ジャニスのバックバンド出身)作曲「ユアーズ・イズ・ザ・ライト」。
とにかく!このアルバムのジャンルごちゃ混ぜのてんこ盛りぶりは凄まじく、同じ頃来日していたマイルスの『アガルタ』『パンゲア』に匹敵する超絶カオス状態。
前年のシカゴやパープルの『ライヴ・イン・ジャパン』といい、この頃の日本に混沌暗黒魔神が降臨していたとしか思えない。
音楽史に屹立する金字塔とも言える偉大なアルバムだ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1973年6月28日(木)6:30PM 私は広島郵便貯金ホールにいました6月27日福岡公演を最初に、2回目の日本公演(広島)でした。マイケルシュリーブとチェピートアリアスの圧倒的なリズムと初めて聞くツィンキーボード(トム.コスター、リチャード.カーモード)、レオン.トーマスの摩訶不思議なヨーデル風の歌声におどろいたのを、昨日のことのように覚えています
この大阪7月3日.4日のライブが「ロータスの伝説」です。アナログ音源独特のまるく、ぷりぷりした音がここちよいです、CD版は黙祷がカットされ曲順が少し変更されています
そして、数ヶ月?後、○HK?でこの演奏が放映されました。CDのライナーノーツにも16ミリフィルムがあると書いてあります。ウッドストックからずっと現役のサンタナの貴重な映像をぜひ.....
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告