ローズマリー HDリマスター版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご覧頂きありがとうございます。こちらの商品はレンタル落ち商品ではありません。中古品につき多少の傷や汚れはご容赦ください。店頭販売も行っておりますので、在庫切れの場合は返金にて対応させて頂きます。また、万が一商品不備がございましたら全額返金させて頂きます。よろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ローズマリー HDリマスター版 [DVD]

5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,980 通常配送無料 詳細
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ウッドガレージが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 2,500より 中古品の出品:3¥ 2,891より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ローズマリー HDリマスター版 [DVD]
  • +
  • 悪魔の墓場 -HDリマスター版- [DVD]
総額: ¥11,980
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ヴィッキー・ドーソン, クリストファー・ゴートマン
  • 監督: ジョセフ・ジトー
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Widescreen
  • 言語: 日本語, 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: エスピーオー
  • 発売日 2011/08/26
  • 時間: 89 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0056EP35C
  • JAN: 4988131909897
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 39,617位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

80年代のスラッシャー映画を代表する傑作ホラー。アヴァロン・ベイの女学園の卒業パーティーで学生のローズマリーとボーイフレンドが何者かに惨殺された。犯人不明のまま数十年が過ぎ、久しぶりに卒業パーティーが再開されることになるのだが…。

内容(「Oricon」データベースより)

アヴァロン・ベイの住人たちの記憶に残る忌まわしい殺人事件─。かつて、町の女学園での卒業パーティーで起こった惨殺事件。犯人は不明のまま数十年が過ぎ、久しぶりに再開されることになった卒業パーティだったが…。1980年代スラッシャー映画を代表する衝撃のホラー・ムービー!「HORROR MANIACS 第3期 第2弾」対象商品。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
公開当時は結構インパクトがあったように思えましたが改めて鑑賞しますとさほどでもないような感を受けました。
他の方がレビューされてる程のインパクトのある映画ではありません。

個人的主観ですがまずヒロインが顎のしゃくったさほど美形でない女優であること、(できれば13金のエイミー・スティール辺りのレベルの女優を起用して欲しかった)
あと犯人の殺戮への動機がわからないままエンディングを迎えてしまうのも全く意に介しません。
原題も≪THE PROWLER≫直訳では≪不審者≫!  邦題の≪ローズマリー≫とは程遠くその辺もちょっと興ざめしてしまいます。
特殊メイクを駆使したプールでのシーンは圧巻だと思います。

当時の特撮ものとしてはいい出来栄えだと思いますがCG効果etc.が主流な昨今、それに慣れ親しんでる方には不向きでしょうね。

ただ駄作の「ローズマリー2」よりは遥かにいいので★3個です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
映画のラストまで肌ひとつ見せない完全武装の疑惑の殺人鬼…軍服姿の出で立ちで次から次へと殺戮を繰り返して逝く。この殺人鬼…料理した惨殺死体に薔薇を一本置いてゆくという…意味深な儀式的呪い(マジナい)をするのである。まさに、極めて個性的な殺人鬼だ。短剣で脳天から喉元へと串刺し!…簡単そうに殺っている様に見えるが、この殺害テクニックには熟練の骨(コツ)と腰の力が要求される。薔薇・軍服姿・そして、私用で居なくなった保安官…この3つのキーワードから、殺人鬼の正体と真の殺害動機が映画の後半に差し掛かった時に僕には分かりました。さてッ!…殺害時の残酷描写の生々しい迫力と惨さ!…脈々と流れる鮮血の嫌らしさと美しさ…SHOTGUNで木っ端みじんに吹き飛ばされる頭…流石は特殊メイクの達人・TOM SAVINIならではの職人芸だとッ!…改めて感心しました。SHOTGUNで至近距離から撃たれたなら、間違いなく映画通りになります。映画界に好きで飛び込み切磋琢磨して身につけたTOM SAVINIの特殊メイクアップの腕前は、間違いなく超一級品の伝説的な神業なり!。本作品『ローズマリー(THE PROWLER)』…PROWLERの意味は「獲物を捜してうろつく奴」…という意味で良いと思います。TOM SAVINIの技が輝る秀作のスラッシャームービーでした。以上です…お粗末でした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「ハロウィン」や「13日の金曜日」のヒットによって、1980年代に一大ブームを巻き起こしたスプラッター映画。その映画群の中でも、特に有名なのが本作である。原題は「THE PROWLER」。VHS版では「ローズマリー・キラー」という邦題を付けられている本作は、単なる亜流作品とは言えない、独特の趣向とインパクトが詰まった作品であり、その界隈では非常に高い評価を得ている。

アバロン・ベイの住人たちの記憶に残る、忌まわしい殺人事件。かつて町の女学院で行われたプロムで、学院生のローズマリーとそのボーイフレンドが何者かに惨殺されたのだ。犯人は逮捕されないまま35年が過ぎ、久しぶりに再開されたプロムに、軍服に身を固めた殺人鬼が忍び寄る…。

本作を語る上で欠かせないのは、本編に登場する殺人鬼プロウラーの独特の風貌だろう。軍服に襤褸で顔を隠した衣装に、殺人鬼のシルエットを強調するライティングで彩られた姿は不気味で、外見から面白味を感じさせる記号的なキャラクターとしての魅力と、観客に恐怖を与えるホラー映画の主役としての魅力を併せ持っている。

もちろん、スプラッター映画の肝とも言える殺人シーンも、本作は非常に力を入れて撮影されている。観ている側にも痛みが伝わって来るかのような惨劇を、時間を掛けて入念に映し出していく中に、強烈なカットを挟み
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「ハロウィン」(78)に触発されて手掛けられた異常連続殺人鬼映画の1本で、
ジョセフ・ジトー監督による残酷シーンが話題となったスプラッター映画の快作(1981年度作品)。

この手の物の同系統の作品として「ハロウィン2」、「13日の金曜日PART2」を始め、
「バーニング」、「ナイトメア」、「ヘルナイト」、「ザ・リッパー」、「ブラッド・ピーセス」等があり、
スラッシャー&スプラッター映画が、お好きな人には大いにお勧めである。
<この手の物のスラッシャー映画が量産された時期であった。>

安易な物語設定よりも、覆面で顔を隠した上に戦闘ヘルメットを被り、手にはピッチフォークを持ち、
軍刀やら散弾銃で完全武装した軍服姿の殺人鬼が、個性溢れる異様な雰囲気を醸し出す。
緊張感の張り詰めた展開と危機感を煽るような音楽効果、夜の暗闇を活かしたシーン、
そして凄惨な凶行を重ねる殺人鬼の一挙手一投足が見所である。

当時活動絶頂期で、且つ彼方此方のスラッシャー(及びホラー)映画に引っ張りだこだった、
トム・サヴィーニの特殊メイク効果を駆使して描く惨殺光景の数々が衝撃・圧巻。
男女の恋人カップルを二人まとめてピッチフォークで串刺しする冒頭シーンから、
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す